« 彫るだけ | トップページ | 復刻骨牌 »

2011年11月13日 (日)

根付の穴

これが「根付のようなもの」に穴をあけるために買った道具です

この小型のルーターは近所のホームセンターで買ってきたのです

何に使うのかわからない形をしているドリルビットのはいったセットも買ってきました

201110_3

コンセントにさし電源をONにすると心地よい音と振動がして

なんにでも穴をあけたくなってしまいそうです

この購入が痛い出費になるのか楽しい出費になるのか使い方次第ですが

今のところ他の用途が見当たりません、良いアイディアを教えてください

これを使って    

根付のようなものに穴をあけてみました

ビットを押し込むときは決めた位置がずれそうになり

引き抜くときは余分に削りそうになり緊張しました

息を止めながらの作業です、持っていた保護メガネは使いません

201111005

201111001

         

         

         

 

  

  

      

      ↑ 上図が根付紐の穴あけの基本だそうです

     左は 普通の根付の穴、この形状になっているかの確認はしてません

     右は 小根付の穴、深く刃先をいれると突き抜けそうでそっと削りました

     最初からこんな綺麗な穴があくはずはありません

     失敗して元々と、開き直ってやりました

   

  

まずは練習で黄楊の木片に穴を空け、ストラップの紐が通るか試してみました

201111  

  固くて彫刻刀でも削りにくかった黄楊に

  あっけないほど簡単に穴が空きました

  細い針金をガイドにして

  紐を通してみました、なんとすんなり通りました

  この際一気にやった方がいいと全部に穴を空けました

  

  恐るべしルーターの魔力 

   

   

                                   

201111_2    

 あれっ!

 カボチャが写っていない

 カボチャはお尻に

 穴をあけ、蔕部分が

 見えるようにしました

 後で単独登場です  

  

   

   

   

   

厚みのない小根付の浅利は向こうまで突き抜けないかとヒヤヒヤしながらの

穴あけでしたがなんとかうまくいきました

表からは目立たないくらいの失敗はありましたが、

初めてにしては大成功というところでしょうとまたもや自画自賛です

   

201111_3

     

   

   

   

    

   

   

   

   

   

 

ストラップの紐を取り付けてみて、紐がついた時のイメージを

つかんでみます

どうです、なんとか根付の雰囲気が出ているようには見えませんか

紐が良ければもっと立派に見えるはずです(と、またまた自画自賛)

   

201111_4   

  

  これらは

  最初から

  穴を開けて

  いますので

  そこに

  紐を

  通せば

  いいので

  ルーターの

  活躍する

  ことは

  ありません

   

   

   

   

   

20111111

20111111_2

20111111_3

  

   

   

   

   

   

 

帯から出た状態で見栄えの良い方向を探すのが難しいことを知りました

ふくろうは頭にカボチャは底に穴を開けることにしました 

なんとなく出来上がりました

(長茄子は色をつけないほうが良かった気がします)

後は根付紐を手に入れるだけです

  

根付のようなもの入学試験に合格したでしょうか?

 

次は根付中級コースに挑戦しなきゃなりません

|

« 彫るだけ | トップページ | 復刻骨牌 »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

ルーターを買いましたか。
用途は穴を開けるだけですか?

デパートではんこの実演販売をやっていて
もう少し細いルーターではんこを彫っていました。

ヒモを通す前の根付けは、目玉のようで可愛い。
ヒモを通したものは、もう立派な根付けです。
販売はいつ頃になりますか?
   (*^-^)

投稿: 山豚火 | 2011年11月13日 (日) 10時47分

karaoke山豚火さん

>用途は穴を開けるだけですか

・アタッチメントを替えると
 小さなものを削ったり磨いたりすることは
 できます
・ダイヤモンドビットをつければ
 石も削れるかもしれません
 ガラスのコップに絵を描くことも出来そうです

山豚火さんもやってみませんか?
 

投稿: 房州や | 2011年11月13日 (日) 11時25分

>なんにでも穴をあけたくなってしまいそうです

じゃんじゃんあけちゃいましょう。
雨戸はありませんか?
節穴だらけにして、月明かりを降らせましょうよ。
穴のあいたお猪口もいいですよぉ~。
指が離せませんもの。

それから・・・と。
あっ、そろそろ出かけないと、穴をあけそうです。
思いついたら、また参上致します。

投稿: 七海 | 2011年11月13日 (日) 11時56分

karaoke七海さん

まずは指に穴を開けなくて良かったです
指の穴から月を覗くなんて
なかなか素敵なことだと思うのですが
指にピアスも面白いと思うのですが
穴の開いた指で穴の開いたお猪口の
底をおさえるのも
今回は実現しませんでした

仕事に穴はいけません
大丈夫でしたか

投稿: 房州や | 2011年11月13日 (日) 12時45分

仕上げ段階になりましたね。

白魚の様に細くて繊細な指の持ち主でなくとも、このような細かな、しかも指に穴をあけてしまうかもという危険を伴う作業を的確に行うことができるなんて

ますます、そっ~と覗いてみたくeyeなりました

投稿: hirorin | 2011年11月13日 (日) 13時25分

karaokehirorinさん

ところで白魚のように
白くて細くて繊細な手のやけどは
良くなりましたか
若いのできっと治りが早いのだとは
思いますが

今日はどんぐり雛人形を作るため
どんぐりの背比べをしています
五人囃子は小型で太目
三人官女は中型で細めのように

投稿: 房州や | 2011年11月13日 (日) 14時24分

この先 何が始まるやら?

獅子の口を彫って 口の中に何かが
転がってる…みたいなもの?

木魚のようなもの?

何をやらかしてくれるのでしょうか

楽しみだなあ などと勝手な想像を

投稿: 空海望 | 2011年11月13日 (日) 20時30分

karaoke空海望さん

高等技術を必要とするものは
到底できません
わが町の図書館にある根付コレクション本は
あまりにも細工が素晴らしすぎて
素人にはとても手出しできるものでは
ありません

今度都会に出たときに
趣味の本はとても高いので
本屋で立ち読みしてきます
それまでに材料を用意しなきゃ


投稿: 房州や | 2011年11月13日 (日) 21時24分

房州やさん!!自画自賛おおいにけっこうだと思います。
すんばらしい出来ばえに ほ・ほ・掘れて・惚れてしまいますよlovely
センスもいいし・・・羨ましいその才能&努力&好奇心&探究心・・・・・・褒めちぎりぃ~~~~~~~~happy02

投稿: そうたのはは | 2011年11月13日 (日) 22時58分

karaokeそうたのははさん

褒められて
穴があったら入りたい

その穴は自分で彫っちゃいましょうか

投稿: 房州や | 2011年11月14日 (月) 06時36分

本と道具は見ていると欲しくなるので……

根付けは200年300年後が勝負だそうですよ……。
触って使い込んで色が落ち着き角が取れて……。
これを「なれ」というそうです。

2~3百年後の房州やさんの根付が見てみたい。
無理です……
せいぜいがんばって20年後でしょう。いや10年後?

ちなみに筍が好みです。

投稿: 章魚庵 | 2011年11月14日 (月) 10時06分

karaoke章魚庵さん

たいして読みもしない本
ほとんど使わない道具
随分片づけたはずなのに
また一つ買ってしまった
一冊買えば一冊捨てればいいのに
ついつい捨てられず・・が続きます

筍 考えていたより曲がり
  思っていたより色が濃くなりました
  思い通りにはいかないものです
  もう一個作ってみるか

投稿: 房州や | 2011年11月14日 (月) 12時30分

お久です!
ルーターは10年以上前に買いましたが、安物を買ったので、力が無く(所有者同様に)使い物にならず、廃棄しました。先だけは残っているので、電ドリに付けてたまに使っています。

うちの奥さんのオヤジが三味線屋で現代の名工の表彰を受けたりもしましたが、「満足のいった三味線はまだ出来ない」と言っていましたが、そのまま死んでしまいました。

物を作って「これで満足だ!」と思ったら、製作をやめる時だと思います。
もう少し良いものが出来るだろう!と思い込むから、製作意欲が涌くんでしょうね~
でも、思い込みだけで終わる事が多いです。

投稿: 閑おじ | 2011年11月15日 (火) 09時58分

karaoke閑おじさん

おおっルーターの廃棄処分者がいましたか
今回の復習のため「筍」をもう一度と思い
残ってた木っ端を円柱形にしたところです
これから危険な鑿と彫刻刀の出番で
ルーターは最後の一瞬のいいとこどりです

「年賀状」は「どんぐり」は「はんこ」はと
言われそうですが、やりたいときにやりたいものをやりたいんです

投稿: 房州や | 2011年11月15日 (火) 12時02分

見事な根付達!すばらしい!!!
生で見たい!
私は印床を使って印を彫るので根付の曲線など想像もつきません・・・。こっそり手元を覗きたいです?!
ルーターは私も最近使い始めました。金継ぎの余分なパテを削るのに最高で今までの紙やすりでの苦労が嘘のようです。道具って大切ですねー。
いつか側款の絵や根付の実物に会えますように・・・。

投稿: スージー | 2011年11月15日 (火) 18時45分

karaokeスージーさん

きっと大きな印床を使って
正統派の文字を彫っているのでしょうね
いわゆる「篆刻」をやってるんでしょう
房州やは殆ど文字を彫りません
篆刻は難しい出来っこないと早々に
入門のしていないのに引退届を出してしまいました
絵ならやってる人もいないし
流儀もないし自由だと思って彫っています
おまけに色までつけて

金属細工もやってるんですか
何を作ってるんだろう
見てみたい気がします
どこかで見られますか

投稿: 房州や | 2011年11月15日 (火) 19時28分

キャッチボールメールですね・・・
返球です。
篆刻は10年続けて4年前に引退。今は生駒に住むもぐら庵先生に年1度のレッスンを受けて遊印ばかりです。絵手紙や中国画に押す為に作っています。
ルーターは骨董の割れや欠けの修復に金を使って継ぐ「金継ぎ」に使っています。
私の印も絵も金継ぎもみな主婦のお楽しみ!多趣味で身上潰す(主人にしてみれば身上潰される)タイプです。
来年5月2回目の作品虫干し展の予定でごそごそ準備中です。
我が人生 趣味に追いかけられてる感じです。ふ~・・・

投稿: スージー | 2011年11月15日 (火) 23時06分

karaokeスージーさん

もぐら庵(池田さん)さんが先生ですか
なかなか真似のできない軽妙な印を彫る
あの有名な方に教わっているわけですね

展覧会は個展ですか
かなりの作品を用意しなければなりませんね

房州やは全くの独学ですから
あれを見てもこれを見ても
感心するばかりです

投稿: 房州や | 2011年11月15日 (火) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 彫るだけ | トップページ | 復刻骨牌 »