« 彩色地蔵 | トップページ | 最後の頁 »

2011年9月23日 (金)

根付かな

鑿で指を切り彫刻刀で指を刺し、強く握っていたせいで指が腫れたり

親指の関節が痛くなったりしながらも

あれからいくつかの根付もどきを作りました

道具も揃わないまま短期間で沢山作りました

おかげで、いまでも、まだ指が変なんです

   Dscn1299

        初めての根付らしきものを作ってみて、小さな立体を作る

        楽しさを知りました。

(たけのこ・なす・なす・長ナス・どんぐり・お多福豆・柿・きのこ・栗・くり・浅利・ふくろう

落花生・かぼちゃ・えんどう豆)   

何も完成しないまま、数だけ増えて      

最後の仕上げは出来ていませんが、全部で15個あります

もう少し形を整えて→磨いて→色をつけ→磨いて→穴をあけ→根付紐を通す

最後までできるか途中で挫折するか、楽しみでもあります

まだ染料も小型ルーターも手に入れていません

(茶粉と黒粉は昨日通販で注文しました)

根付紐はどこに行けばあるのだろう

本に書いてあった木彫り染料の夜叉はどうして作れば良いのだろう

全て判らないことばかりです。

  

材料の木はあと小物を2個くらいは作れそうな大きさが残っていますが

節があるので使えるかどうかはわかりません。

|

« 彩色地蔵 | トップページ | 最後の頁 »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

おおっ、収穫の秋!

ごろんごろんと出番を待ってますね。
これからまた、楽屋でお支度ですか?
本番が楽しみです。

ひょっとして
「組紐のつくり方」なんて本を
借りに行かれたりしませんよね。

投稿: 七海 | 2011年9月23日 (金) 10時47分

japanesetea七海さん

暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったもので
今日は涼しくて過ごしやすい一日でした

後は夜叉を煮出してその煮汁を
黴るまで置いて・・・この後は
どうするのかはまだわからない

桃・葡萄・梨・柿・栗と秋は楽しい季節です
秋の七草に彼岸花そして紅葉

投稿: 房州や | 2011年9月23日 (金) 16時58分

おお〜!
根付けみたいなものが、仕上げを待ってます。
ニスを塗るのかと思ったら、茶粉と黒粉なんてのを
塗るのですか。どんな仕上がりになるのか楽しみ。

大きさがわからないのですが、甘栗くらいですか。
携帯のストラップにいいくらいですか。
   pig

投稿: さんとんか | 2011年9月23日 (金) 22時25分

里芋、じゃが芋、薩摩芋
見当たらない

紐や染料を求めて三千里?
深まる秋 楽しみは底なし?なようですね

投稿: 空海望 | 2011年9月24日 (土) 07時27分

japaneseteaさんとんかさん

大きさですか?
そうですねえ

栗や浅利や柿等は
親指と人差し指で〇を作った位の大きさで
掌でコロコロするには
ちょっと小さめです

ナスやカボチャはそれより少し大きめで
ちょうど手のひらサイズです

耐水ペーパーで磨いたり
染色したり穴を空けたり
楽しみはまだまだ残っています

今日はどんぐりを拾ってきました

投稿: 房州や | 2011年9月24日 (土) 16時46分

japanesetea空海望さん

そうなんです
根付紐は特殊なものなのでしょうか
ストラップでは情緒がなさそうだし
今度都会に出たときに探してみます

この間の台風で葉の周りがやられて
いたのもあったので観察がてら
夏の間、日影に置いていた
珈琲豆の幼木を思いっきり日の当たる
場所に出しました
結構大きさに差が出ています

投稿: 房州や | 2011年9月24日 (土) 16時52分

こんばんは。

房州やさんの丸めた手の中から
マジックのように根付が現れてくるのを
見るようです。

私はひとつも持っていないなあ・・・
と思っていたら
高尾山で買った干支のお守りに
親指の先くらいの木彫りの猪がついていました。

手頃な組紐はもう見つかりましたか。

投稿: ひろみママ | 2011年9月25日 (日) 19時42分

japaneseteaひろみママさん

木の固まりを掌に
包み込んだだけで
思っているものが
出来ると良いですね
そしたら
指も怪我しないで済むし
無駄な力を入れ過ぎて
親指が痛くならなくて済むのに

そろそろ
団栗の季節です
彼岸花を探しに出かけたのですが
彼岸花はいまいちで
代わりにこの前の台風で落ちたのか
それとも落ちる時期だったのか
団栗をポケット一杯分拾ってきました
今年は何を作りましょうか
何か良いアイディアありますか?

投稿: 房州や | 2011年9月25日 (日) 22時49分

指、痛かったでしょうね。
もう大丈夫ですか?

でも、この可愛い子達
とても嬉しそうに笑ってますね。
命を少しずつ吹き込んでくれる
優しい房州やさんのぬくもりを感じます。
いつも


    素敵shine


投稿: 月うさぎ | 2011年10月 1日 (土) 13時15分

japanesetea月うさぎさん

サンドペーパーで磨いたので
今はピカピカになっています
木の実を煮出したり
染料を溶かしたりして
これらに塗るのですが
どうしていいものやら
全くの手探り状態が続きますが
これはこれで楽しいものです

ご心配ありがとうございます
指はもう大丈夫です

投稿: 房州や | 2011年10月 1日 (土) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 彩色地蔵 | トップページ | 最後の頁 »