« 細線文字 | トップページ | 彩色地蔵 »

2011年9月17日 (土)

彩色文字

下町100軒をほっといて

前回の細文字に色をつけました

   

001c003  大幸   

   貴方の幸せが大きなものでありますよう

   

  

002c003  洗心

   常の心でいましょう、いけない心をおこさないように

  

  

003c003   閑雅  

   静かで雅な暮らしも良いもの  

   

   

随分、感じ方が変わったでしょう

使っている色はどれもほぼ同じですが

   

   

「奇跡の一本松」

さきの津波で岩手県陸前高田市の高田松原にただ一本だけ残った「奇跡の一本松」

津波の後、出てきた新芽も枯れて、厳しい状況にあるそうです

写真を参考にして、そんな松を彫ってみました

  

C003

   仲秋の名月の光は

   津波が来た海も

   一本だけ生き残っている松も

   照らしている

   なんとか生かして欲しいと願っています。

 

   

   

多分遊びに来る中のたった一人の読者への情報

   

001

   Wさんなら

   ご存知だと思いますが

   図書館にこんなもの

   ありました

   

   

   以上です

   

   

   

   

   

   

   

   

|

« 細線文字 | トップページ | 彩色地蔵 »

遊び印(その他)」カテゴリの記事

コメント

「落款みたいなもの」鑑定士のさんとんかです。

昨夜も遅くまで房州やの作品だという「落款みたいなもの」
の鑑定をやっておりました。真贋はメールでご報告しよう
と思ったのですが、眠くて寝てしまいました。
結果はわたしのブログでの通りですのでご勘弁を。

落款ではなく「落款みたいなもの」の方がおもしろく
楽しめます。今後は「落款みたいなもの」の贋作が
どれだけ増えるか鑑定士としても楽しみです。

一本松のはんこ、いいですね。写真や絵手紙などでは
ずいぶん見てますが、はんこははじめてです。
    coldsweats01

投稿: さんとんか | 2011年9月17日 (土) 08時26分

fullmoon「落款みたいなもの」鑑定士のさんとんかさん

奇跡の一本松なんとか助かってほしいです
松かさいっぱい作って、あたりに種をまき散らして、元の高田松原になると良いですね

本物は作れないので
みたいなもの、ようなもの、かもしれない等のもどきものしか作れません

投稿: 房州や | 2011年9月17日 (土) 14時09分

あれれ・・・Wです(笑)
こちらの表紙は見たこと有ります、童話館出版から。
でも中身を読んだのが今日が初めてです。
ブックマークに入れて色々読みたいと思います。
ありがとうございます。

一本松は、土壌の塩害から守るために土を入れ替えすると聞きました
たった1本の松が、今や東北全体の希望の松!
中秋の名月は前後1週間ほど楽しみました。

さんとんかさん、のようなもの。
現れましたね~(笑)pig

投稿: わか | 2011年9月17日 (土) 14時18分

fullmoonWかもしれないわかさん

一本松は希望の松になりました
なんとか生きて長寿木になってほしいですね

テニスコートに行く途中で
彼岸花が数本咲いていました
また彼岸花を探してバイクに乗る
季節がやってきました

投稿: 房州や | 2011年9月17日 (土) 14時56分

房州やさん。

お遍路さんの彩色素敵・お地蔵さんとても
可愛い~ですね。

仲秋の名月と重なった希望の松の木
とても印象深くいいですね~。

今年は数年振りのぴったり満月だそうで
数日楽しめました。

投稿: nanae,yae | 2011年9月17日 (土) 19時50分

fullmoon nanae,yae さん

仲秋の名月の頃は天気がよくて
大きくて明るい月がよく見えました

希望の松、なんとか元気になってほしいですね

投稿: 房州や | 2011年9月17日 (土) 20時08分

う~ん、しゃれてますね~この文字
和菓子に似合いそうです。

彼岸花の季節になりました。我が家はまだですが……。

投稿: 章魚庵 | 2011年9月20日 (火) 08時53分

fullmoon章魚庵さん

ほんに今日は彼岸の入り
先週の土曜日にはわずかに咲いていましたが
律儀な彼岸花のことですから
そろそろ真っ赤に燃えているころでしょう
台風の過ぎた週末には調査に
行ってみましょう

投稿: 房州や | 2011年9月20日 (火) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 細線文字 | トップページ | 彩色地蔵 »