« 整いました | トップページ | こんなとき »

2011年9月 5日 (月)

みたいな

人間忙しい時に何を思いつくかわかりません

「遊び印」を彫ったり色をつけたり冊子を作っているのに

こんなものを作っていました                                    

Photo

       ・きのこ→筍→茄子→栗→豌豆→落花生→浅利→柿→栗

   (これ以外にも お多福豆・南瓜・梟もおおまかな形だけは出来ました)

外国産の黄楊を彫刻刀で彫ってみました、木が思っていたより固く

指に何度も彫刻刀を刺し傷だらけになっています

(右の二つはこれから形を整えるところです)

大きさは 3cm~5cm これから、

鑿や彫刻刀で形を整え、

サンドペーパーで表面を磨き、 ←粗いのから細かいのまで#260~#1200

塗料を(茶粉・夜叉等)を塗り  ←塗料を探さなければ

ルーターで根付紐の穴をあけ ←手持ちの彫刻刀と錐ではなんとかならないようです

とまだまだ工程はあり工夫は必要なようです

そして、指を傷つけない工夫と技術の向上が必要なようです              

やってみると結構楽しいものです  

Photo_2

 

 ↑  きのこ・筍・茄子を拡大してみました  ↑

ようなものは  根付みたいな  ものでした

   

次の目標はオリジナルデザインの根付を     

|

« 整いました | トップページ | こんなとき »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

はんこを彫るのは無理ですが
根付けはやってみたいような。

弟子はとりませんか。

完成が楽しみです。
   coldsweats01

投稿: 山豚火 | 2011年9月 5日 (月) 13時57分

flair山豚火さん

根付みたいなものは
簡単に出来上がらないところがいいです
指に傷をつくることを恐れず
力仕事を嫌がらなければ
もう山豚火さんはりっぱな根付職人です

鋸・鑿・金槌・万力・鉋があると便利
彫刻刀は必需品
根付紐の穴をあける道具がいると思いますが
知り合いに「彫金」「バードカービング」を
やる人がいればいいのですが

もうひとつ
バンドエイドの準備も忘れずに

投稿: 房州や | 2011年9月 5日 (月) 16時25分

バンドエイドが薬指で輝いてますか?

梟まで進んでらっしゃるようなので、
かわいいお地蔵様がポコポコ生まれるかと。
楽しみです。
判子彫りの作者も挑んでくださいませ。

投稿: 七海 | 2011年9月 5日 (月) 17時26分

こんにちはhappy01

今日、午前中、サインをしてきました。
先生に房州やさんからいただいた篆刻をお見せしたところ・・・とても良いリアクション
lovely 「この日のために作られたものだわね!」って 私の作品がどこかの先生の超大作にへ~んしん!!って感じでした。
ありがとうございました。

この根付もかわいいし、凄い作品ですね。
私だったら、血だらけ、絆創膏だらけですわ
coldsweats01

投稿: そうたのはは | 2011年9月 5日 (月) 18時39分

根付け師匠に弟子入りしようと思った
のですが、ヤメました。
そんなに指が血だらけになるとは恐ろしい。
木をおさえる道具はないのですか。

お地蔵さんはこれからですか。
   happy01

投稿: 山豚火 | 2011年9月 5日 (月) 18時48分

flair七海さん

小指ならあなたが噛んだ
薬指なら色っぽく紅を挿し
親指ならOK
中指は止めときましょう
人差し指はかわいそう

最初は2~3回/1個
その後は1回/1個
最新作では0回でした

右手も左手も指が痛くて
筋肉痛でおまけに炎症を起こしているようで
はんこどころではありません

投稿: 房州や | 2011年9月 5日 (月) 20時56分

flairそうたのははさん

「はんこ」捺せましたか
役に立って良かったです

さあ次は作品を紹介する番です
待ってます

投稿: 房州や | 2011年9月 5日 (月) 20時59分

flair山豚火さん

7~8個め位から深く刺すことはなくなり
10個め位にはほとんど刺すことはなく
ひやっとするくらいです


>木をおさえる道具はないのですか

 荒削りの段階では
 私は万力に挟んで
 鑿で削っています
 専門家はなにか秘密の道具を
 持っているのかもしれませんが
 形を整えたり、仕上げをするときは
 素人も玄人も掌や指でしっかり押さえて
 彫っていると思います

結構な力仕事なので、その後すぐに
繊細な絵を描いたりは無理です(私の場合)
でも二次元よりも三次元は面白いが難しい

投稿: 房州や | 2011年9月 5日 (月) 21時06分

何でもやる人ですねぇ?
もうすぐ小林礫齋になれます……

私も三人展の時、もらった粘土でハンコ作ってます。
あとで窯の隙間に入れて焼いてもらう予定です。

黄楊と言えば友人に将棋の駒を彫ってるのがいます。
三宅島の黄楊が一番良いのだとかいってました。
なかなか無いのだとか……
昔、この将棋の駒良いな~と褒めたらくれました。
最近その人の駒の値段見てびっくりしました。眼が飛び出す値段でした。

投稿: 章魚庵 | 2011年9月 6日 (火) 09時22分

flair章魚庵さん

"なんでもやりたがるがなんにもできない"のです
最後までやらずに途中で、まっこれでいいか
が続いています。

三宅島の天然黄楊は貴重品だそうです
よい駒を持つと腕前も上達するとか
段位は聞かないことにしましょう

陶印(磁印?)出来上がるのが
待ち遠しいですね
次の絵の隅っこに捺されていることを
期待しています

投稿: 房州や | 2011年9月 6日 (火) 11時11分

きゃー、かわいい!

軽薄なもの言いですみません。
房州やさんはほんとに器用な方ですね。
万力で押さえるのですか。
そのあとがご苦労でしょうね。

投稿: ひろみママ | 2011年9月 7日 (水) 00時10分

flairひろみママさん

かわいいでしょう
手のひらでコロコロできる大きさです

指に刃物を突き刺すのは
きっと不器用だからではないかと思います
根付のようなものを作るのは
初めてのことなので
無駄に力がはいっているからかもしれません

万力は粗い形を作るところまでで
殆どの彫りは手の中です

夏休みの宿題が終わって
ホッとしてますか、きっと
作品をながめてにこにこ顔なんでしょうね

投稿: 房州や | 2011年9月 7日 (水) 06時05分

房州やさんが悪戦苦闘しているのだから、黄楊の根付って難しいんですね。
でも、よく出来てる。
さすがは房州やさん!

投稿: 峰猫 | 2011年9月 7日 (水) 22時37分

flair峰猫さん

刃物で指を刺す以外は
木を強く握りしめて指先がしびれる以外は
材料の黄楊が固い以外は
削りすぎるとバランスをとれなくなる以外は
削るたびに線を描き直す以外は
力と技と根気と丁寧さとがあれば
できそうな気がします
それまでにバンドエイドが何枚必要でしょう
ではドラッグストアーに行ってきます

投稿: 房州や | 2011年9月 8日 (木) 06時03分

手のひらで コロコロ~~♪

どれも 何とも言えない フォルムですね^^

バンドエイドは どれだけ用意されたのでしょう。。。。

細かい仕事の数々・・・
ため息をつきながら 見させてもらいました

投稿: びっけ | 2011年9月10日 (土) 14時28分

flairびっけさん

そうなんです
手に平でころころ出来る大きさなんです
心地よい大きさです

段々知恵がついてきて
滑り止め兼怪我防止のため
人差し指にテーピングするようにしました
チクッ位はたまにはありますが
血の出るような深い傷にはなりません

残った木端で何が出来るか
考えています

投稿: 房州や | 2011年9月10日 (土) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 整いました | トップページ | こんなとき »