« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月29日 (木)

残り2軒

残り2軒までの彩色が済みました

残りの2軒は印面に絵は描きましたが、彫ってはいません、

まず新登場の9軒は ↓

001

  

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

上段左と下段中&右は15mm他は18mmです

  

これまでの54軒はこんな風になっています

Photo_2

              新入りの9軒は各町内に並べています

           どの家が新入りなのか分かればよいのですが

           拡大までして無理に探すことはありませんよ

   

 

そして今年の秋も

                              

Dscn1354           

   

   

   

   

    

     

    

  

どんぐりを拾ってきました

台風の強い風で落ちたのもあると思いますが

ごしごし擦ってみるとツヤツヤになります

さて今年は何を作りましょう

まずは作り方を思い出すためにサンタクロース

それとも初めて作ったトトロ

昨年はひな人形・五月人形・アニメキャラクター・お地蔵さん・梟等々

作りましたが、作り方を思い出せるか不安です

| | コメント (16)

2011年9月26日 (月)

最後の頁

遍路のはんこの最後の3個を最後のページに付け加えました

こんなふうに

  001_2

      

言葉を添えるのはとても難しいものです

せっかく作ったものですから

最後の三個にも冊子に登場してもらうことにしました 

  

 これで、今回の私の遍路旅は終わりました。

お世話になったいくつかの民宿や遍路の友に無理やり押し付けようかな

夏も終わり秋が来て 

頂いた豆がこんなになりました  

Dscn1348

                    

Dscn1349

 一番大きな

珈琲豆の幼木は

20cm以上に

なりました

なかなか元気で   

大きな葉を   

つけています   

   

いくつかの、珈琲豆の幼木は   

台風で葉の周囲をやられましたが

いまのところ元気に育っています

一年ちょっと過ぎると成長の度合いも

違ってくるようで、大きさにバラツキが    

    出てきました

   

大きくなってきたので、今年の冬は寒さからの避難場所が広く

必要になったのでどうしようかと思っています  

  

   

   

   

   

   

   

   

      

   

   

| | コメント (12)

2011年9月23日 (金)

根付かな

鑿で指を切り彫刻刀で指を刺し、強く握っていたせいで指が腫れたり

親指の関節が痛くなったりしながらも

あれからいくつかの根付もどきを作りました

道具も揃わないまま短期間で沢山作りました

おかげで、いまでも、まだ指が変なんです

   Dscn1299

        初めての根付らしきものを作ってみて、小さな立体を作る

        楽しさを知りました。

(たけのこ・なす・なす・長ナス・どんぐり・お多福豆・柿・きのこ・栗・くり・浅利・ふくろう

落花生・かぼちゃ・えんどう豆)   

何も完成しないまま、数だけ増えて      

最後の仕上げは出来ていませんが、全部で15個あります

もう少し形を整えて→磨いて→色をつけ→磨いて→穴をあけ→根付紐を通す

最後までできるか途中で挫折するか、楽しみでもあります

まだ染料も小型ルーターも手に入れていません

(茶粉と黒粉は昨日通販で注文しました)

根付紐はどこに行けばあるのだろう

本に書いてあった木彫り染料の夜叉はどうして作れば良いのだろう

全て判らないことばかりです。

  

材料の木はあと小物を2個くらいは作れそうな大きさが残っていますが

節があるので使えるかどうかはわかりません。

| | コメント (10)

2011年9月20日 (火)

彩色地蔵

「地蔵でも3回目にはそっと出し」ということで

同じお地蔵さんに今回も登場してもらいました

それぞれの良さもある

それぞれの面白さもある  ことにして

   

002  

  上段:10×10mm

  下段:12×12mm

  

背景にも色を入れてみました

お顔の色も変えてみたり

大して変わらないですが

表情も変えてみました

  

  

  

  

合掌したり  

錫杖に宝珠だったり    

光背付や横向きや

  

少しだけ遊んでみました

  

    

時にはこんな「遊び印」を彫るのも良いものです

| | コメント (6)

2011年9月17日 (土)

彩色文字

下町100軒をほっといて

前回の細文字に色をつけました

   

001c003  大幸   

   貴方の幸せが大きなものでありますよう

   

  

002c003  洗心

   常の心でいましょう、いけない心をおこさないように

  

  

003c003   閑雅  

   静かで雅な暮らしも良いもの  

   

   

随分、感じ方が変わったでしょう

使っている色はどれもほぼ同じですが

   

   

「奇跡の一本松」

さきの津波で岩手県陸前高田市の高田松原にただ一本だけ残った「奇跡の一本松」

津波の後、出てきた新芽も枯れて、厳しい状況にあるそうです

写真を参考にして、そんな松を彫ってみました

  

C003

   仲秋の名月の光は

   津波が来た海も

   一本だけ生き残っている松も

   照らしている

   なんとか生かして欲しいと願っています。

 

   

   

多分遊びに来る中のたった一人の読者への情報

   

001

   Wさんなら

   ご存知だと思いますが

   図書館にこんなもの

   ありました

   

   

   以上です

   

   

   

   

   

   

   

   

| | コメント (8)

2011年9月14日 (水)

細線文字

篆刻とは言えませんが

時には細い線で字を彫るのも良いかなと思って

いくつか彫ってみました

補正前ですが、こんな感じです

   

A   

   

   

左から  閑雅   洗心  大幸

  

Photo   

   

   

朱文 と 白文 の練習です

 

真っ直ぐ彫ったつもりが曲がったり、同じ幅で彫ったつもりが広がったり狭まったり

難しいものです、わざと細くしたり太くしたりできればよいのですが

なかなか思うほど簡単にはいきません。

均質でない石を使えばなおのこと、この凸凹を「味」と呼んで

楽しむことにします。

   

こんな お地蔵さんはんこになりました

   (数日前の印を捺してみました)

001   

  上段:10×10mm

  

  

  

  

   下段:12×12mm

   

   

   

   

     

   

   

「秋刀魚焼けました」の連絡あり

Photo

   

    

   

   

   

   

   

   

   ただそれだけのことです

   秋刀魚焼く閑だけはある秋の宵

   

   

   

 

| | コメント (16)

2011年9月11日 (日)

下町54/56

忙しい時ほど何かしたがるもので

下町100軒を参考に彫っていたましたが

11軒を彫り残していましたが

気分転換に、そのうちの9軒を彫りました(彩色は未完)

(18mm×6個 15mm×3個)

これで 54/56 まで彫り終えました  (あと2軒です)

   

001a  18×18mm

   

   左から

浅草橋3中央飯店・根津2尾張屋・谷中7若菜・谷中5・鳥越1・神田神保町1 

001b   15×15mm

   

   左から

日本堤1伊勢屋・谷中5小料理みかさ・鳥越1タカオカ酒店

色がないので、どんな雰囲気なのかわかりにくいでしょうが

そこは皆さんの想像力でイメージを膨らませてください

残り2軒は幅広の絵なのでどんな石にすればよいのか思案中です

そのうちに色をつけて、冊子に追加します

| | コメント (4)

2011年9月 8日 (木)

こんなとき

なんだかんだ、ばたばた走り回っている最中に

根付みたいなものを作ったことは紹介しましたが

こんなものまで彫ってしまいました

しかもあれもこれも放り出してやってしまうとはあきれたものです   

Photo_3

              ↑  小さなお地蔵さんの団体です(10×10mm)

久しぶりのお地蔵さんでした、まだ捺していないので、どんな雰囲気なのかは

分かりませんが

あれをやったりこれをやったりで、なかなか何も完成しない

状況が続いています。      反省m(__)m

   

反省しつつ、こんなところに行ってきました

                     2011001

恐竜博も良かったけど、科学博物館がいいですね

入り口の蒸気機関車~恐竜博~新館~屋上~球体シアター~日本館?

今回は人の多さに圧倒され、東京国立博物館は行けませんでした                        

300円のガチャガチャもやってません

| | コメント (8)

2011年9月 5日 (月)

みたいな

人間忙しい時に何を思いつくかわかりません

「遊び印」を彫ったり色をつけたり冊子を作っているのに

こんなものを作っていました                                    

Photo

       ・きのこ→筍→茄子→栗→豌豆→落花生→浅利→柿→栗

   (これ以外にも お多福豆・南瓜・梟もおおまかな形だけは出来ました)

外国産の黄楊を彫刻刀で彫ってみました、木が思っていたより固く

指に何度も彫刻刀を刺し傷だらけになっています

(右の二つはこれから形を整えるところです)

大きさは 3cm~5cm これから、

鑿や彫刻刀で形を整え、

サンドペーパーで表面を磨き、 ←粗いのから細かいのまで#260~#1200

塗料を(茶粉・夜叉等)を塗り  ←塗料を探さなければ

ルーターで根付紐の穴をあけ ←手持ちの彫刻刀と錐ではなんとかならないようです

とまだまだ工程はあり工夫は必要なようです

そして、指を傷つけない工夫と技術の向上が必要なようです              

やってみると結構楽しいものです  

Photo_2

 

 ↑  きのこ・筍・茄子を拡大してみました  ↑

ようなものは  根付みたいな  ものでした

   

次の目標はオリジナルデザインの根付を     

| | コメント (16)

2011年9月 2日 (金)

整いました

ようやく「遍路のはんこの冊子」が出来上がりました

かなりの手抜きですが、こんな感じに仕上がりました

前回までにお見せした、順番そのままに並べて、言葉を加えただけで

全体のストーリーも前後の繋がりも全くありませんし考えてもいません

並べなおせば文章を書きなおせば「はんこ」を追加削除すれば

よくなるかもしれませんが、めんどうなのでこのままで

おりしも台風12号が直撃するとのことで大変心配しています

私も今回の遍路では大雨で何度もびしょ濡れになったこともあり

こんな天気の日に出来上がるのも縁かなと思います

   

<表紙>

2011001   

  表紙には

  合掌する遍路の

  印を置きました

  感謝の気持ちを

  こめて

   

  サイズはA6です

  52ページ 

   非売品

   

   

  

<内容1>

2011002_2   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

     

    

   

  

↑ 印象深い、雨とお接待のページ

  

<内容2>

2011003    

   

   

  

   

   

   

   

  

  

  

   

    

     

    

   

↑ 遍路中に一番お世話になった民宿での様子をはんこにしたページです

いつものように、拡大したはんこと原寸大の両方を載せています

   

遍路の冊子が全部で   <3冊になりました>

2011004_2   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

  

↑左から 2007年  初めての遍路  八十八か所通し歩き遍路

       2009年  2度目の遍路  百八か所通し歩き遍路

       2011年  3度目の遍路  八十八か所逆打ち通し歩き遍路

遍路を終え88日後に88個のはんこで完成させると面白いかなとも思ったのですが

少しだけ早く出来。はんこも倍の176個になってしまいました  

あらためて、はんこをみると一回目(2007年)が

一番素朴でいい感じが出ていると思います。  

これにて 「遍路はんこ」による遍路の思い出は終わりでございます

 

入れ忘れた「遍路のはんこ」

174c003   175c003 176c003

    

・大師と一緒・涅槃・歩即遍路   

 次に編集するときに入れましょう

 176個の「遊び印」による遍路旅でした

     

逆打ち通し歩き遍路の日々は  2011.5.16~6.18の記事をご覧ください

| | コメント (12)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »