« 思い出遍路印6 | トップページ | 思い出遍路印8 »

2011年8月 3日 (水)

思い出遍路印7

今回の遍路の思い出印を彫り始めて3週間くらい経ちましたね

節電・節電のなか窓を開けっぱなしてやっているうちに月も変わり8月になりました

そろそろ少しづつ彩色でもと思っていましたが、

彫るほうが今頃になって止まらなくなり、まだ彫り続けています

   

  

A007   

 藤・シャガ・紫陽花   

 向日葵・夾竹桃

 凌霄花・・・  

   

 御蔵洞からの太平洋  

 大窪寺の屋根  

 色々思い出されて  

   

   

   

お遍路さんと花(藤・シャガ・紫陽花・・・・)を一緒にはんこにしてみました

そうだお寺も彫って見ようかと思いましたが、

問題なのはお寺さんの記憶がほとんど残っていませんので

(お遍路さんとしては問題なのかもしれませんが)

難しそうです、はじめと終わりはわりと思い出すのですが途中が

出て来ないのです。

遍路の間に一番お世話になったのは

「民宿」「ビジネスホテル」「宿坊」・・・寝るところです

歩いて歩いて疲れて、予約した宿を探し、玄関に着いた時に

迎えてくれる民宿のおかみさんの笑顔は疲れを一瞬だけ忘れさせ

ほっとさせてくれる魔法です

杖を洗い部屋に入り風呂に入り洗濯をすませ

夕食を待つ間も良いものです

今回はシーズンオフなので、ほとんどが一人だけの宿泊だったのですが

何人かのお遍路さんと今日のことや明日のコースのこと等を話しながら

食べるのは楽しいものです

民宿には民宿の宿坊には宿坊の良いところがあり、いろんな経験が出来て

面白いと思います

はんこばかりではさぞかし退屈だろうとこんなものを用意しました

  (益々退屈さを増すかもしれませんが)

歩き遍路のバイブルとも言える「四国遍路ひとり歩き同行二人」(地図編)

・遍路道を教えてくれる地図(高度・札所間の距離が判る)

・宿泊施設一覧表(電話番号あり、料金なし)

005  北が一定方向になっていないのが

 個人的には読みずらい気も

 しますが、いつでも取り出せるように

 して持ち歩いていました

 コピーしてケースに入れたり

 当日予定分を切り取って

 いる人も見かけました

 ←製本テープで補強しています 

   

↑ 東京駅前の八重洲ブックセンターで買いました(2500円)

  

・お土産に持ち帰った(0円)遍路案内×4冊(A5)

004  

  札所の説明がされている

  ことや、遍路の作法などが

  書かれている

  道の駅や宿に置かれて

  いました。

わたしにとってはそれ程、役に立つものではありませんが

札所の写真も撮ってないので記念にはなると思いました

 

|

« 思い出遍路印6 | トップページ | 思い出遍路印8 »

遊び印」カテゴリの記事

コメント

きょうのはんこは花が多いので
彩色されたのを見るのが楽しみです。

本当に記憶だけで彫っているのですね。
お寺さんの記憶がほとんど残っていません、
って、お寺なら毎日見ていたのでしょう?
写真撮ったりスケッチしたりはしないのですか。
きっと房州やさんの頭の中はデジカメです。
   coldsweats01

投稿: 山豚火 | 2011年8月 3日 (水) 09時51分

pencil山豚火さん

そうなんです
カメラもメモ用紙もスケッチブックも
重いので家に置いて遍路に出ました
なので、道中の
印象の強いところは少し強く
そうれなりの所はぼんやりと
そうでないところはうっすらと
記憶していても
お寺は覚えていないものです
私の場合はですが

三度も行く馬鹿行かぬ馬鹿

投稿: 房州や | 2011年8月 3日 (水) 11時59分

写真も撮らなきゃ、メモもとらない!
旅慣れた、というか、遍路慣れした人は
そういうものですか。
わたしは旅行に行くときはにカメラを持たない
なんて考えれれません。
去年、沖縄に行った時、カメラが故障して
パニックになりました。

普段でもカバンの中には小さなデジカメが入っています。

頭の中がデジカメの房州やさんには、その必要は
ありませんけどね。happy01

投稿: 山豚火 | 2011年8月 3日 (水) 21時13分

pencil山豚火さん

カメラは1回目の時には
持って行ったのですが
最初のうちは写していたのですが
だんだん面倒になり半分も行かないうちに
邪魔な荷物になりましたので
2回目も持っていきませんでした
それでも、メモ用紙兼スケッチブックの
クロッキー帳は持って行ったのです
でも今回はそれもいらないかなと思い
記録はしないことにしました
代わりにコンビニのレシートは
持って帰りました。
日付と場所と何を買ったのかが判り
その時の状況をなんとなく思い出せますから

投稿: 房州や | 2011年8月 3日 (水) 21時30分

ハンコや色々を見ていると・・・
自分も四国を遍路してる気になって満足です。
一度も行かぬ馬鹿です!

投稿: わか | 2011年8月 4日 (木) 06時15分

やっとゆっくり近所blog巡りをしています。

遍路ハンコもずいぶんと増えてますねぇ

久しぶりに一個一個じっくり見させて頂きました。
表紙の紙を買ってたそうですので、このあと製本ですか?

四国の故郷をゆっくり訪ねてみたいと思うこの頃です。

歩く馬鹿歩かない馬鹿住んでいた馬鹿
と言ったところかなぁ

投稿: 章魚庵 | 2011年8月 4日 (木) 09時28分

pencilわかさん

遍路の面白さは
物見遊山・観光でない
からでしょうか
私のように宗教に
関心の無い者でも
帰るときには
楽しい気分になっています

遍路話聞く馬鹿いつか行く馬鹿に

投稿: 房州や | 2011年8月 4日 (木) 11時11分

pencil章魚庵さん

お疲れさんです
すっかり長居で
お世話になりました

住む馬鹿は歩かず車で回る馬鹿

投稿: 房州や | 2011年8月 4日 (木) 11時14分

こんばんは。

ほんとに気ままなお遍路旅だったのですね。
ハンコの花々を見ていると
季節の移り変わりが感じられます。
アサガオの隣はタチアオイですか。
信州の友人が方言で「トトケッコウ」と教えてくれて
その呼び名が気に入っています。

主婦には悠々自適がないので
長い旅は望めません。
房州やさんの彩色も楽しみに~。

投稿: ひろみママ | 2011年8月 5日 (金) 22時48分

pencilひろみママさん

一段目:藤→シャガ→柳→紫陽花→ゴーヤ
二段目:朝顔→立葵→凌霄花→夾竹桃→向日葵

立葵と認識されて良かったです

>信州の友人が方言で「トトケッコウ」
 何からきたのか気になります

>長い旅は望めません。

 一週間だけ
 連休の間だけとか
 区切って歩いていた主婦もいましたよ
 まあ連続して40日は誰でも
 なかなか難しいと思います

投稿: 房州や | 2011年8月 6日 (土) 06時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思い出遍路印6 | トップページ | 思い出遍路印8 »