« 彩色・遍路印③ | トップページ | 彩色・遍路印⑤ »

2011年8月27日 (土)

彩色・遍路印④

15×15mmは小さく見えますか?

それとも意外と大きいなと思いましたか

すっかりこのサイズに慣れて、大きいとも小さいとも感じませんが

たまに18×18mmの印面をみると、とても大きく感じます

当然ですね 面積が1.44倍になるのですから

2011007    

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

2011008    

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

    

   

    

 ご本尊さん

 お遍路さん  

 札所や名所

   

説明なしで勝手に見てください

  

遍路の行動記録は   バックナンバー 2011.5 2011.6をご覧ください

|

« 彩色・遍路印③ | トップページ | 彩色・遍路印⑤ »

遍路」カテゴリの記事

コメント

房州やさん、
彩色するときのことを考えながら
彫っているのでしょう?
高野山は水墨画のようですね。
野良時計な12時かな。
御蔵洞は好きな構図。これは18×18mm?
サイズは絵柄によって使い分けですか。
   good


投稿: さんとんか | 2011年8月27日 (土) 07時53分

searchさんとんかさん

>彩色するときのことを考えながら
>彫っているのでしょう?

 色のイメージはしてますが
 彫りの白黒の効果はそんなに考えて
 いません、ちゃんと考えればいいのですが
 高野山は霧のイメージで彫ってみました
 水墨画のようですか

>御蔵洞は好きな構図。これは18×18mm?
  少し大きいでしょう
  持っている石が15か18なので
  その時手元にあったやつで彫ってます
  これも考えた方がいいのでしょうね

投稿: 房州や | 2011年8月27日 (土) 14時03分

私も高野山の構図が素敵だと思いました。
もちろん全部素敵!

こうしてみると弘法大師さんは
ほんとにすごいお方ですね。
たかだか50年もたてば私たち
みんな死んでしまうけれど
お大師さまはいつまでも日本の
お宝ですね。

投稿: ひろみママ | 2011年8月27日 (土) 14時08分

searchひろみママさん

高野山では気持ちの良い雨に2度
出会いました。
大きな杉の木立に囲まれた寺、苔むしたお墓
雨や霧の似合うお寺です
  
それぞれのはんこに
お遍路さんの姿を彫りこんだのですが
高野山にはお遍路は彫らなくてもいいかと
思いました

投稿: 房州や | 2011年8月27日 (土) 14時44分

親の教えに感謝でしょうか
道端のお地蔵さん、野仏・道祖紳などの前を
素通り出来ません。
必ず手を合わせています。

硬い石材を彫り上げた仏や像は、それだけで神々しい
小さいハンコにも大きさ以上に想いを強く感じます

秋になったら、個展の予定はありますか?

投稿: わか | 2011年8月28日 (日) 02時31分

searchわかさん

長い年月の間に
すっかり目鼻もわからなくなった
お地蔵さんに涎掛け・帽子が
着せられている姿は良いものですね
  
秋が来ても冬になっても
春が巡ってきても暑い夏が再びやってきても
面倒くさい個展の話はありません

投稿: 房州や | 2011年8月28日 (日) 05時56分

こんばんは。
小さな四角の中にある
とても大きな世界ですね
四季を感じ
空気を感じ
風を感じ
時の流れを感じて
後姿に、一歩一歩の
苦労を感じます

高野山 本当に傍で見てるみたいだわ 
(*^。^*) 素敵☆

投稿: 月うさぎ | 2011年8月30日 (火) 23時06分

search月うさぎさん

遍路の記憶がかなり偏っていまして
どうしても思い出せない場面も出てきますが
そんなのは気にしないで
思い出したものを細かく考えないで
とにかく彫ってみました
もう行くことはないだろうと
思いながら

投稿: 房州や | 2011年8月31日 (水) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 彩色・遍路印③ | トップページ | 彩色・遍路印⑤ »