« 思い出遍路印8 | トップページ | 只本と割引 »

2011年8月 9日 (火)

只本と買本と貰本

暑くて、回転しない頭が、ボーッとして動かなくなりました

そこで手抜きというのか他人を利用することにしました

しかも只で

最近はめったに本は買いません

読みたいときは

原則、図書館から借りることにしています

それに、結構面白いフリーペーパーがあります

                         001                   

    ↑  この三冊の冊子も、只で手に入る本の一つです

1.Toriino  日本野鳥の会   (会長はあの柳生博さん)  

      枚数は少ないのですが、写真も文章も濃いものがあると

      思います

      vol.19   こんな人の写真や文で構成されています

           内容は手に取ってどうぞ

          ・西川孟・木村伊兵衛・川田喜久治・藤原新也

          ・星野道夫・瀬戸内寂聴・弘幻

2.落合の追憶                                    

     新宿区地域文化部文化観光国際課  編集・発行

      かつて江戸近郊ののうそんであった落合地区は、明治以後も

      郊外の風致をよくとどめ、のどかな田園風景と閑静な住宅地が

      ひろがる地域でした。・・・・・・・・・

3.漱石山房の思い出

     新宿区地域文化部文化観光国際課  編集・発行

     漱石の孫・松岡陽子マックレイン氏の講演の内容が載っています

     

     ※興味のある方は 上記の発行先へ連絡してはいかがでしょう

   

そう言いながら、先日出かけたとき、飛行機と宿での退屈しのぎにと買ったのが

この本です。

 

001_2

            ↑ 明るく楽しく笑いながら読める本ではありません

   尾崎放哉の死ぬまでの八ケ月の小豆島での日々が書かれています

   「三陸海岸大津波」「関東大震災」等の吉村昭氏の徹底した取材による

   迫力をこの本でも感じます

       これも興味のある方だけが勝手に読んでください

       お勧めはしません

3番目は貰いものです

  友人が書いた本です、店頭にあるかどうかはわかりません

    Vivaobrasil001 Vivaobrasil002   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

    

   

   

 VIVA O BRASIL! の 表紙と内容の一部です

 ブラジルのこと

 ブラジル人のこと

 交通事情・観光・土産・娯楽・料理・飲み物

 授業では教えてくれないポルトガル語 等々

 カラー写真が多くて、楽しい本です

  これからブラジルに行く人や

  ブラジル人の友がいる人や

  ブラジルにいったことのある人で   

  1575円をお持ちの方

      

|

« 思い出遍路印8 | トップページ | 只本と割引 »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

ブラジル生まれの武術、カポエイラを次男が習っています。
いつかブラジルに行きたいと言っているので、旅費+1575円ができて、行けそうになったらお友達の本を探します。

投稿: 峰猫 | 2011年8月10日 (水) 18時18分

吉村さんの本は好きです。
史料を駆使して報道のようで、無駄な表現がないです。

でも、今は暑くてぼお~っとしています。

投稿: ひろみママ | 2011年8月10日 (水) 22時34分

book峰猫さん

カポエイラ(CAPOEIRA)も書かれています

・・・・弓矢が楽器に変身した、ビリンバウ(BERIMBAU)の音色に合わせて戦うのが普通である。  ・・・・・

ブラジル行の夢がかなう日が来ることを
オリンピック開催、W杯開催もあり
楽しみですね

投稿: 房州や | 2011年8月11日 (木) 07時20分

bookひろみママさん

なんともやりきれない感じのする
本ですが、ついつい読んでしまいます
事実に基づいたからでしょうか

根付の本を借りて
真似して柘植の木で彫り始めましたが
一日目で指が腫れて痛くなりました
今朝は氷で冷やしました
こんなことも私にとっては
本を借りる楽しみの一つです

投稿: 房州や | 2011年8月11日 (木) 07時27分

ほう、最近は野鳥の会もフリーペーパーか~?
昔、野鳥の会の会報の扉イラストを切り絵でやってたことあります。

吉村昭に凝った時期がありました。
一番が「漂流」かな~「羆嵐」も
三陸海岸大津波も久しぶりに引っ張り出して読んだけど
圧倒的な現実を見てると、文字では超えられないのかなぁ……

「海も暮れきる」知りませなんだ。図書館で探してみよう。

ブラジルに行きたしと思えどブラジルはあまりに……

投稿: 章魚庵 | 2011年8月12日 (金) 22時21分

book章魚庵さん

>Toriino

 切り絵をやってましたか
 今は写真誌のようです
 鳥のことはほんのわずかしか
 載っていません

>吉村昭

 三陸海岸大津波をお持ちですか
 昔の大惨事の教訓を生かしていれば
 ひょっとしたら全電源ストップも
 なかったのかもしれませんし
 15000余人の犠牲者も
 出なかったのかもしれませんが
 もしもは後だから言えることなので
 

ブラジルまでは
そんなに時間はかかりませんよ
行き方はいろいろありますが
トランシットの時間も含め
長い場合でも30時間弱ですから
帰りにはヨーロッパ経由で
寄り道すればあっという間です

投稿: 房州や | 2011年8月13日 (土) 07時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思い出遍路印8 | トップページ | 只本と割引 »