« もう少し | トップページ | 澄生02 »

2011年3月 5日 (土)

路地へ

狭い道

行き止まりの道

先の見えない道

入ってみたいとは思いませんか

旅の途中でこんな路地を見つけてしまったらもう大変です

3枚の写真でそんな気分を味わってください

房州やには心地よい道でした

Dscn054001  

Dscn054502

Dscn062003

路地の先に何か見つかりましたか?

 

狭い道を見つけたらなんとなく入って見たくなりませんか

植木鉢があったり自転車が立てかけてあったり

椅子が置かれていたり訳の判らない看板があったり

特に先が見えない路地は最高です

初めて行った街の路地に入ってみましょう

そして迷子になりましょう

   

   

今日は  2011 Jリーグの開幕日です

今日から12月第一週まで私の土日に楽しみが増えました

|

« もう少し | トップページ | 澄生02 »

周りの写真(花・風景・・・)」カテゴリの記事

コメント

ちょいとむかし「下町100軒」を
描いていた頃は、よくこんな路地に
迷い込みました。
この路地はどこでしょう?
「放浪記」の看板、なにかで見た
ことあったような・・・happy01

投稿: 山豚火 | 2011年3月 5日 (土) 07時55分

四国の田舎町には路地がいっぱいありました。
「あわえ」と言っていたなぁと思い念のため検索したら。日和佐が出ました。

あわえ?
辞書引くとあわい(ひ)があって、漢字が「間」意味が物と物の間と言うことだから。
「あわえ」でしょうか?

近道になるのでよく使ったり遊んだりしましたが夜は真っ暗で怖かった。

よく家の壁に船板が使われてたりしたなぁ。

東山警察署?京都ですか?二枚目?

投稿: 章魚庵 | 2011年3月 5日 (土) 11時18分

東京 神谷町 愛宕山近辺でも こんな感じのところが
あれから30年経っているから
もうこんな雰囲気は…

京都ですか? 
東山区松原通大和大路東入弓矢町?

投稿: 空海望 | 2011年3月 5日 (土) 19時20分

shoe山豚火さん

描いてた頃に戻りましょう
56/100軒で止まってますよ
路地から猫が出てきて
山豚火さんが後ずさりしていたと
眠そうな犬が話してました

投稿: 房州や | 2011年3月 5日 (土) 20時03分

shoe章魚庵さん

「あわえ」ですか
今度日和佐に行ったときに使ってみよう

酒も飲めないくせに
居酒屋が沢山並んでいる
狭い道は好きです
2枚目は正解です
京都をうろうろした時の写真です

投稿: 房州や | 2011年3月 5日 (土) 20時07分

shoe空海望さん

京都で河井寛次郎・六波羅蜜寺・建仁寺を
巡ったときの一枚です

1月に浅草七福神巡りをした時も
狭い路地が沢山残ってましたよ

投稿: 房州や | 2011年3月 5日 (土) 20時11分

房州やさん。。。

何だかとても情緒のある路地裏だと
思いましたら、やっぱり京都でしたか・・。

お酒の飲めない私は「歌声喫茶」の看板が
何だかとても懐かしく目に留まりました。

投稿: mokoママ | 2011年3月 5日 (土) 21時21分

shoe mokoママ さん

「歌声喫茶」ですか
昔は新宿あたりにいくつかありました
「灯」「カチューシャ」等々
それにしても
ヨーデルと看板に出てますが
なかなか出来る人は少ないでしょうね

mokoママ さんなら OKですか?

投稿: 房州や | 2011年3月 6日 (日) 22時11分

放浪記の 看板小さく京の秋

路地裏や ひょいと出てきた房州や(季語なし)

放浪記 飲み屋の名にして 秋の暮れ

spa旅に出たくなる写真です。

投稿: 山豚火 | 2011年3月 7日 (月) 01時10分

shoe山豚火さん

路地に入り込めば未知の空間を
旅をしているのと一緒です
ウォーキングの途中で江戸の坂を
旅しているのではありませんか
いい女や昔のいい女ばかりを探さずに
富士を背にスカイツリーが見るそんな場所を探してください

・坂道を駆け下りてくる江戸の風

今日は江戸には雪の予報が出ています
・啓蟄の虫もぐりこむ雪予報

投稿: 房州や | 2011年3月 7日 (月) 08時27分

房州やさん。。。

今日はこちらも春の雪がしんしんと
降り積もっています。

ところでその昔の歌声喫茶「灯」や「カチューシャ」をご存じとは・・・
やっぱり房州やさんも私と同世代?

若かりし頃、東京で勤務していた私は
あそこへは随分と通いました。
ロシア民謡が流行っていた時代で、今思えば私のコーラスの原点は
あそこにあった様な気がしています。
ヨーデルを歌えるのはやはり声帯が特殊な
人の様で、あの声を出せるのはどちらかと言えば男性に多いみたいですよ。

投稿: mokoママ | 2011年3月 7日 (月) 11時40分

芝居狂いは「戯迷」、釣り道楽は「釣魚迷」といいますから、
房州やさんは「路迷」でもあるようです。小路に迷い、
お遍路に迷い。迷ってこその人生である。

一昨日は墨田七福神巡りをしてきましたが、ブログ嫌いの
カミサン同道であったため、ブログにはアップできないのが
残念です。とりあえず路傍観察の樹だけアップしました。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年3月 7日 (月) 12時52分

三枚目、見つけました。
北九州市門司区栄町銀天街「放浪記」。
喫茶店とありますが、お酒も飲めたの
でしょうか?

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年3月 7日 (月) 12時58分

最初の路地が気に入りました。

滝田ゆうの
<通り抜け禁止>の路地はお持ちじゃないですか?

是非、迷いこんでみたいのですが。
なんとなく、宙ぶらりんの三月です。

他意はないのですが、
マッチ箱で携帯用の雛壇を作るつもりです。三箱を重ね、朱色の紙を張った内箱を逆さにして壇にします。
うぉっほん! 
ちょうどいい大きさでしょう?

投稿: 七海 | 2011年3月 7日 (月) 16時46分

shoe mokoママ さん

確かにロシア民謡が多かったような
寝床が中央線だったり
井の頭線だったので
当時は新宿はおなじみの街でした
今はさっぱりわかりません
浦島太郎の気分です

投稿: 房州や | 2011年3月 8日 (火) 12時09分

shoe埼玉の酔仙さん①

まったく動けなくなった木ですね
生垣だとなんでもないのに
強固なもので固めてしまうのは
人間にも木にも良くないのでしょう

投稿: 房州や | 2011年3月 8日 (火) 12時12分

shoe埼玉の酔仙さん②

三枚目は北九州でしたか
この時は門司港と若松をつれまわされ
小倉で飲んで翌日は博多だったので
よく覚えていないのです

投稿: 房州や | 2011年3月 8日 (火) 12時14分

shoe七海さん

雛壇を作るのですか
その上にお雛様を座らせて
「内裏様 まっおひとつ」
「いやぁ いい飲みっぷりですね」
「お強いんですね」
 ・・・
 楽しみですね

たきたゆうの通り抜け禁止・・・ですか
探してみます

投稿: 房州や | 2011年3月 8日 (火) 12時20分

呆けていますが、こっちに書きます。
でも、あれ以上、話ないんだけど…。

小学生のとき、どこで見たのかはっきりしないけど、路地のような風景の記憶があって、
友達のNちゃんも同じ記憶がありました。
Nちゃんはそこに黒ずくめの男が数人いたのを見たと言うので、「ブラックメンかもしれない!」と、その場所を探したのですが、見つかりませんでした。
(私は小学校6年生のときにUFO研究会を立ち上げていて、Nちゃんも会員に引きずり込んでいました。)

また、別の友達のRちゃんとは謎の男の顔の記憶があって、塀の穴かなんか覗いて、その顔を見たという記憶でした。
それもどこでいつ見たのかはわかりませんでした。

子どもの頃って、そういうちょっとした不思議がいろいろありませんでしたか?

投稿: 峰猫 | 2011年3月10日 (木) 22時28分

shoe峰猫さん

それは
UFOから降り立ち
奇妙な地球人に戸惑いながら
地球を奪うために日夜努力している
ホシーノ人に違いありません

小さな角があるため黒い帽子を被っている
紫外線での日焼けを避けるため黒い服を着ている
日陰を歩くそうではありませんでしたか


不思議なことはあまりありませんでしたが
同級生たちと田んぼや畑を走り回っているときに T君が突然目の前から消えたことが
あります

そのあと T君は小川で必死になって
体を洗っていました

投稿: 房州や | 2011年3月11日 (金) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もう少し | トップページ | 澄生02 »