« 山頭火・秋に | トップページ | 秋花草 »

2010年11月25日 (木)

山頭火・秋は

秋は深く、11月も終りに近づき

なんとなく気ぜわしい師走はそこまで来ています。

 

Z217c001 Z223c001    

 「月からひらり柿の葉」  

 「雲がいそいでよい月にする」   

   

  

Z230c001

 

  「家を持たない秋がふかうなるばかり」

    秋風吹く芒の野原を寒そうに歩いている

              乞食の僧がいます

  Z231c001

  「石ころそのまま墓にしてある松のよろしさ」

   静かに音もなく松の針が降ってきます 

      

Z234c001

  「よいおみのりのさやさやお月さま」

   まもなく刈り入れの稲穂を

   秋の月の光がやわらかく照らしています

   

  

  

皆さんにとって、よい実りのある年だったでしょうか

   

 

最近の珈琲の芽

20101123   

 寒くなってきたので

 部屋に入れました

 これからは

 水やりの回数も減らし

 春までじっと寒さに耐えて

 くれればと思っています。

春になるまで、枯れさせないように見守るのが仕事です。

 

追加しました

 20101125002

   上の2枚の葉は

 某M猫さんがカナダから

 持ち帰った葉っぱ

 メープルリーフでしょうか

   下の葉は

 吉野の柿の葉です

 柿を注文したら箱に

 入っていました。

 こんな柿の葉が

 ひらひら落ちてきたら

綺麗でしょうね、最後の一個になった柿と同じくらい赤くなっています。 

|

« 山頭火・秋に | トップページ | 秋花草 »

あの人は(托鉢僧)」カテゴリの記事

コメント

柿の葉の紅葉って
何かこう味わいが深いですよね!
何処かに斑点の様な色が変化していたりして
今年も もう終わりました 

珈琲 見事なお子さんたちですね!
競い合って優良児そのものですね
熱帯の植物?ではないようなので
キリマンジャロなどもアフリカとはいえ
かなりの高地での栽培のようですし
霜に合わない程度で冬も越せそうです
越冬後の成長 楽しみですね

投稿: 空海望 | 2010年11月25日 (木) 08時10分

japanesetea空海望さん


柿の葉が落ちても
柿の実はしっかり枝にあります
最後の一個は?木守柿?(逆?)でしたっけ
最後の一個は鳥のために残しておくと
聞きました
その柿の葉をアップしました
綺麗ではありませんか


珈琲の葉の先っぽが茶色になったのが
3~4枚程あります
そのまま見てるだけですが

投稿: 房州や | 2010年11月25日 (木) 17時19分

ご無沙汰しちょります。
自分のブログを閑おじさんに任せ、PCの前にいてもワード開いてたりしてまして。

カナダは紅葉にはまだ早い時期だったので、ちょっぴり残念。

週末は飯山の紅葉を楽しむ予定です。happy01maple

投稿: 峰猫 | 2010年11月25日 (木) 21時42分

japanesetea峰猫さん

あの葉っぱは一旦水につけてしわを戻し
改めて、電話帳にはさんでぺったんこにしました。
ぱりっとしてるでしょう

そうですか
週末はお出かけですか
神社にお参りして
温泉に入って
やはり、混浴にしますか
その後は、美味しい夕食を食べて
あっ体重計には乗らないほうが
紅葉を楽しんで、野山に生えている
きのこはむやみに食べないように


良い週末になりますように

投稿: 房州や | 2010年11月25日 (木) 22時47分

cafe いつごろ、飲めます?コーヒー

酒はなくても大丈夫かな?と思うけど
コーヒーは無いとちょっと辛い……

投稿: 章魚庵 | 2010年11月26日 (金) 11時50分

bottleいつごろ、飲めます?

  随分先のことになりそうです
  2~3年は生長が遅く10数cm
  それから急激に生長し
  5~6年で1~1.2mになり
  やっと、初夏(?)に白い花が咲き
  赤い実がなるそうです

  飲めるまでに数年かかります
  それまで育てられるか心配です

  「空海望さん」銘柄を教えて 

投稿: 房州や | 2010年11月26日 (金) 12時48分

銘柄なんて ありません
今年閉店した 取手とうきゅう が開店したころ
盃の様な小さな鉢に3本 5cm位の背丈で
小さいけれど 緑が とってもグラマーで
売っていました
3本の内1本だけが生き残り
今は枯らさぬように如何に枝を詰めるか …

もう何年前か? はじめて 自己流に処理して飲んだ時
実に香ばしく旨かった(幻かもしれない)
その後二回 何かを参考に処理して
飲んだが いずれも生臭くて
とても飲みモノではありませんでした

「曲者」とでも命名しては? 

投稿: 空海望 | 2010年11月26日 (金) 17時08分

cafe空海望さん

ありがとうございました
空海望さんの最初の印象を大事にして
実がなったときには
「ぐらまらす」と名づけましょう

梅も桃もサクランボも
葉がほとんど落ちてしまいました
桜紅葉ももうすぐ終わります
今は銀杏の黄色が目立つ季節です

投稿: 房州や | 2010年11月26日 (金) 19時20分

房州やさん。。。

柿の葉ってとても色鮮やかに紅葉するんですね~。
すてき!
メープルリーフはもしかしてカナダの国旗に
使われている葉でしょうか?

コーヒーの芽が立派に育っていますね!
やっぱり植物も愛情を掛けて育てていると
ちゃんと応えてくれるのですね~!

コーヒーが飲めるようになるのには何年か
掛かるみたいですが、経験者の空海望さんもついているので
心強いですね!cafe

いつかあの真っ赤なコーヒーの実が成ると
房州やさんもきっと感動される事でしょう!
楽しみですね!

投稿: mokoママ | 2010年11月26日 (金) 22時39分

cafe mokoママ さん

枯らさないように注意して
珈琲は気長に育てますよ

柿の葉っぱ綺麗でしょう
毎年、友人の息子さんの果樹園から
柿を買っているのですが
今年付いてきた葉が一番綺麗な気がします
こんな葉っぱがはらりと散れば
山頭火でなくても俳句のひとつでも
ひねりたくなるというものです

投稿: 房州や | 2010年11月27日 (土) 07時18分

房州やさんのはんこ庫に
山頭火のはんこは、いったい
どのくらいあるのでしょう。
山頭火の詠んだ俳句の数だけ
あるのでしょうね。
山頭火は当分は続きますね。

赤い柿の葉 いつまで赤いpig
   

投稿: 山豚火 | 2010年11月27日 (土) 09時09分

japanesetea山豚火さん

はんこの数ですか?

全部でいくつあるのでしょうか?
今年はとても多く200顆程彫りました
この数は自分でもびっくりの数字です

石に句を刻み刻みつつ

投稿: 房州や | 2010年11月27日 (土) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山頭火・秋に | トップページ | 秋花草 »