« 印・文様・水 | トップページ | 雨・山頭火1 »

2010年10月 8日 (金)

道具・和綴じ

こんなもので、時間稼ぎでございます

私なりに「遊び印の印譜」を和綴じ風に綴じるための

道具をご紹介します。

ほとんどがどこにでもある道具ばかりです。

201008xx_2

ハンマーと穴あけ

   穴を開ける位置を決め、薄ければ千枚通しのような器具で、

   グリグリおして穴を開けるのですが、厚くなると開けにくいので

   ハンマーの出番になります。

針と糸と糊

   針に刺繍糸を通し、四つ綴じの要領に従って、綴じていくのですが

   最初に糸の尾端に糊をつけ、真ん中辺りに糊付けします

    (詳しくは和綴じのノウハウ本を参考にしてください)

   100均の刺繍糸は安くて色が多いので便利です。

紙縒り

   穴をあけた本の元を仮綴するときに使います(リユースします)   

※製本テープ

   ホッチキスで綴じた本を簡単に綴じるために使っています。

※へらのようなもの、短い竹の筒がありますが特に使ってはいません

※写っていませんが、鉛筆・定規・カッターも使います

※表紙は千代紙を使います。

 

 

 

 

C001_2 C001_3

  あら、増えましたねェー

  何者と何者?  次回へつづく  

|

« 印・文様・水 | トップページ | 雨・山頭火1 »

はんこの本」カテゴリの記事

コメント

これはスッゴイ!
前から房州やさんは几帳面な人だと
思っていましたが、この和綴セットを
見たら改めて再認識しました。
なんでもキチットする人なのですね。
そうじゃなかったら細かな印など彫れません。
仕事場もきれいに整理されていて、彫ったはんこも
分類されて、どのはんこ、っていったら
10秒以内にサット取り出せるのでしょう。
山豚火のごっちゃごっちゃな仕事場とは
大違いです。
見習おうと思ってもこればかりは性格で無理です。

一度仕事場を写真で見せてください。
   pig

投稿: 山豚火 | 2010年10月 8日 (金) 21時47分

book山豚火さん

取り出すのに 10日の間違いです
1回/年 同じ種類ごとに箱に
押し込んでいます。
おまけに印面は印泥で汚れたままなので
同じような絵の判別はパッと見ただけでは
判りません。
パソコンに取り込んだものさえ
探すのに苦労しています

作業は「こたつ」OR「机」で
狭い家には片付ける場所もありません

汚れていても広い山豚火さんの
作業場が羨ましい

投稿: 房州や | 2010年10月 8日 (金) 23時09分

道具をそろえるの、好きです。
でも、そろえて満足しちゃうタイプなので、ちゃんと使って作品を作る房州やさんを尊敬します。
最近、絵手紙風なものを描きたいな~と思って、絵手紙セット買いたくなりましたが、買って終わりそうなのでやめました。
で、増えて行く謎の鬼?は何でしょう。
気になる~。happy01

投稿: 峰猫 | 2010年10月 9日 (土) 12時12分

book峰猫さん

絵手紙セット:
手紙を書かないので欲しいのですが持ってません。
和綴じセット?:
高価なものはひとつもありません
謎の鬼?:
次回をお楽しみに(?)
次は何色、どんな顔


投稿: 房州や | 2010年10月 9日 (土) 19時00分

謎の鬼は左から
山豚火、房州やです。

え、まだあるのですかpig

投稿: 山豚火 | 2010年10月 9日 (土) 20時21分

book山豚火さん

あわてない
慌てない
アワテナイ

11日には
その正体が
ついに  ついに  ついに
分るのでしょうか?

投稿: 房州や | 2010年10月 9日 (土) 22時16分

子供の頃、机の中を見れば出来のよしあしが分かると言われ、ドキッとしました。

私の机の中、ぐちゃぐちゃでした。
机の上は、のっぺらぼうのようでしたが。

なるほど、裏打ちの違いを再認識。

鬼さん・・・こちら~・・・(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

投稿: 七海 | 2010年10月10日 (日) 09時43分

刺繍糸も使われるのですねcatface
私もよく使って手芸するので、何だか嬉しくなりました。
でもぉ、房州やさんのように綺麗に整理できていないので、そろそろ「片付け&整頓」の頃だなぁcoldsweats01っと。お邪魔してそれに気づいて良かったです。happy01

絵手紙もやってみたいなぁと思うこともありますが、どうしてもマンガちっくになるので、「いつか・・・」と思うだけにしています。房州やさんのような味わいのある絵や技術がありませんもの・・・。羨ましいです。

投稿: そうたのはは | 2010年10月10日 (日) 11時24分

book七海さん

机の上も引き出しの中も
整理しなくても必要なものが
取り出せればよいのです。

角のあるやつらは気分転換に
いくつか作ったので出しています
さていくつ登場するでしょうか

楽しみでなくても楽しみに
待っててください

投稿: 房州や | 2010年10月10日 (日) 19時19分

bookそうたのはは

お久しぶりです

刺繍糸はつるつる滑るわけではなく
糊のつきもよく
結構ギューッと縛ることができ
おまけに安いのが一番の魅力です
(6本縒り 8m/本×9本で105円)

遊びに上手も下手も
技術も経験も要りません
遊びたいように遊ぶ
それが一番ではないでしょうか?

絵手紙のアップ楽しみにしてます

投稿: 房州や | 2010年10月10日 (日) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 印・文様・水 | トップページ | 雨・山頭火1 »