« 道具・和綴じ | トップページ | 月一スケッチ展(12) »

2010年10月11日 (月)

雨・山頭火1

  

  

山頭火の雨(?)を彫った「遊び印」でお楽しみください。

今日が第1回です

0009 0010 0012

     

    

    

 0011_2 0019_2 0020_2                               

  

   

  

  美麗で捺しています

  この頃は雨の線を彫りたかったのでしょう

  雨やら線の文様やら沢山彫っていました

  まだ本格的な彩色をしていない頃です

  こうやってみると、遊び印らしくて、これも良いかなと

  思ったりしています

  遊び印ですから、捺す色は朱でも美麗でも純黒でも何でもありです

  遊び印に色がついていても、それもありです

   

  では3日後までに、次の雨のハンコを用意します。

  

・笠も漏りだしたか

・あざみあざやかなあさのあめあがり

・青葉に雨ふりまあるい顔

・しとどに濡れてこれは道しるべの石

・雨ふるふるさとははだしであるく

・雨だれの音も年とつた

・わがままきままな旅の雨にはぬれてゆく

・夕立やお地蔵さんもわたしもずぶぬれ

・竹の子竹となる明るい雨ふる

・笠をぬぎしみじみとぬれ

・石仏濡仏けふも秋雨

・しんじつ一人として雨を観るひとり

・おとはしぐれか

・しぐるるや死なないでゐる

・今年も今夜かぎりの雨となり

・しぐるるやしぐるる山へ歩み入る

・食べるだけはいただいた雨となり

・雨の山茶花の散るでもなく

・あの雲がおとした雨にぬれている

・うしろすがたのしぐれてゆくか

・しぐるる土をふみしめてゆく

・朝焼雨降る大根まかう

・びつしより濡れて代掻く馬は叱られてばかり

・夕立が洗つていつた茄子をもぐ

・死んでしまへば、雑草雨ふる

  今日はここまでといたしましょう  

   

「般若心経」10個/日を目標に彫ってますが、

めげそうな硬い石に出会って苦戦をしたりしてます

 

 

 

C001_4 C001_5 C001_6

 緑→青→赤  うむーーーー

 また増えました、何者たち? 次回へつづく

|

« 道具・和綴じ | トップページ | 月一スケッチ展(12) »

あの人は(托鉢僧)」カテゴリの記事

コメント

「美麗」とは こんな色調のことでしたか
知りませんでした
http://store.shopping.yahoo.co.jp/e-unica/601031.html

ここまでとした句 全部 山頭火なのですか?

これも知りませんでした

投稿: 空海望 | 2010年10月11日 (月) 07時50分

rain空海望さん

おはようございます

>こんな色調

 他にも朱色・黄色・青色・茶色・金色・銀色・白色等々あるようです
 用途目的にあわせて使っているようですが
 私は、主に美麗と純黒で遊んでます

>句 全部 山頭火

 そうなんです、全部山頭火です
 まだまだ沢山あるのですが
 雨・風・歩・山・水・空・雲等は
 特に多いようです
 
「見つけきれないままに印を彫る」です 

投稿: 房州や | 2010年10月11日 (月) 08時12分

美麗の雨、いいですね。
落ち着いた色調です。
彩色のないのもいいかも知れませんね。

般若心経、1日に10個ですか?
早い! 
この春から篆刻を始めた友人は、4日で1個彫って
肩を凝らしてマッサージ通いです。

鬼?の面、左から
山豚火、房州や、空海望。
まだ続くのですか?
   pig


投稿: 山豚火 | 2010年10月11日 (月) 10時09分

rain山豚火さん

いつも1個のはんこで
3回/3枚 捺してます
1枚目 美麗 :
2枚目 純黒①:
3枚目 純黒②:彩色用
そして 順番に並べて和綴じ製本してます

>鬼?の面

 ほほう、空海望さんはこんな顔でしたか?
 ポツリポツリ出すのが嫌になったら
 まとめて登場させます
 AKB48と競争だ

投稿: 房州や | 2010年10月11日 (月) 12時32分

雨の句はたくさんありそうですが……

雨の絵ってあまりありませんよね~
広重だったか橋の絵雨降ってるやつで
ゴッホが模写したやつぐらいしか思いつきません。洋画にはあるんだろうかなぁ?
霧とか雲とかは意外とあるみたいだけど
雨は思い出せんなぁ………知らないだけですけど。

はんこの雨を見てこんな事思いました。
それにしても土砂降りですねぇ……(*゚▽゚)ノ

投稿: 章魚庵 | 2010年10月12日 (火) 12時01分

雨は、やっぱり、上から下に向かって彫られるのでしょうか?

逆さにして上から描く(落下の部分がはじまり)漫画家もいたそうですが。

書を嗜んでいたという緒方拳の「緒方拳からの手紙」を読んでいたら、
「字は彫る」という言葉がありました。

ふと、房州やさんが浮かびました。

今日の夕方、月が、赤く染まった飛行機雲の中を泳いでました。

投稿: 七海 | 2010年10月12日 (火) 22時17分

その「緒方拳からの手紙」を読んでいたら、緒方拳さんが
小池邦夫さにはんこを頼む手紙が面白い。
「お暇な時 いや気が向かれた時
 住所のゴム印彫っていただけますか。
 面倒だったら忘れてください」
 
控えめにお願いする緒方拳さんの人柄が忍ばれます。

私もどなたかはんこを彫る人にたのんでみようかな。
「わたしの住所印彫っていただけますか、面倒
 でしたら忘れてください」pig

投稿: 山豚火 | 2010年10月13日 (水) 02時15分

一番雨の音が聞こえるのは、2段目の右端です。

投稿: | 2010年10月13日 (水) 09時36分

rain章魚庵さん

雨を細い線で描くのは
油絵では少ないのではありませんか?

雨の週でしたね
今日は晴れていたのですが
突然の雨でした
明日も出かけるときには
念のため傘を持って出かけましょう
雨のおかげで
野菜の芽に水をあげないで済んでいます

チョウシのハズレには雨は降りませんか?

投稿: 房州や | 2010年10月13日 (水) 20時24分

rain七海さん

>雨は、やっぱり

 気持ちは空から地面へ彫ります
 手直しでは上から下から色々です

>「字は彫る」

 緒方拳さんの字の力強さは
 「彫る」がピッタリです
 芸達者は上手いこといいますね


投稿: 房州や | 2010年10月13日 (水) 20時28分

rain山豚火さん

最近、物覚えが悪い代わりに
物忘れが良くなっています
エヘヘ

今日のお昼は何を食べた? ん???

投稿: 房州や | 2010年10月13日 (水) 20時30分

rain「2段目の右端です」 さん

私の好きなハンコです。

毎日、文字ばかり彫ってると肩が凝ります。
そんな時に昔のハンコをハンコを
広げています
これも昔々のはんこです

(まだ彩色を意識していない頃です)

投稿: 房州や | 2010年10月13日 (水) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 道具・和綴じ | トップページ | 月一スケッチ展(12) »