« 花・彼岸花・山頭火2 | トップページ | 印・文様・水 »

2010年10月 2日 (土)

花・彼岸花・山頭火3

しつこくも三回続けました彼岸花の最終回です

そろそろ飽きてきた頃でしょうから

6個だけにしました 

 C214 Z049c044 Z076c2010 Z103c2010                                         

   

   

    

 なかなか死ねない彼岸花咲く                         

                    いつまで生きる彼岸花咲いている

Z195c001 Z196c001

 まことお彼岸入りの彼岸花

 「なかなか死ねない彼岸花咲く」は 

  少しだけ変えて作りました。 

   

最後の2顆は最新のものです

今年も彼岸花を彫ることが出来ました。

似たようなものばかりですがお許し下さい。

  

さて、次回は雨にしましょうか、雨の句は多いのですが

雨のハンコは面倒なのです、何故でしょう  

|

« 花・彼岸花・山頭火2 | トップページ | 印・文様・水 »

あの人は(托鉢僧)」カテゴリの記事

コメント

「なかなか死ねない彼岸花さく」2作品
どちらもいいなぁ。
どっちか選べなんていわれても困りますよ。

最新作、ブルーとオレンジ、こうして並べて
見るのもいいですね。

雨のはんこの面倒なのは、雨に後ろの絵が
切られちゃうからでしょう? ピンポン〜♪
   
きょうはお天気がいいからテニスですか?
   pig


投稿: 山豚火 | 2010年10月 2日 (土) 12時55分

飽きていませんsign03
月も彼岸花もまだまだ魅せて頂きたいです。
般若心経の進み具合は如何ですか???。

投稿: auntkokko | 2010年10月 2日 (土) 20時29分

bud山豚火さん

そうです
今日は朝からテニスと
公園の周辺を歩きました
中学の大会が沢山ありました
・野球新人戦
・サッカー
・軟式テニス
帰りには彼岸花を見て帰りました

珈琲豆は少しだけ大きくなっています

投稿: 房州や | 2010年10月 2日 (土) 22時43分

budauntkokkoさん

ちょっと頑張ってますので
彫るのは早めに終わりそうです

少し飽きてきたので
気分転換に他のものを
途中で彫ろうかと思っています

投稿: 房州や | 2010年10月 2日 (土) 22時45分

いろんな彼岸花があって、それぞれ味わい深いです。
雨が降り出したようです。
雨のハンコが面倒くさいのは、単に幾筋も彫るからじゃなくてですか?
千手観音や般若心経を彫る房州やさんだから、そうとも思えないですけど。

投稿: 峰猫 | 2010年10月 3日 (日) 21時35分

それは、多分。

房州やさんは、雨のひとすじの中に
個性とドラマを掘り込まれるからですよ。

雨だけの絵、見てみたいなあ。

リクエストしていいですか?

「雨の窓」

それはそれとて、字のない判子の不思議な広がりが気に入ってますです。

投稿: 七海 | 2010年10月 3日 (日) 22時37分

色々な印、それぞれに好きですが、私はなぜか、周囲がはっきりとしていない(なかなか死ねない)みたいなのが大好きです。

雨は・・・写真でもむつかしいものの一つですよね。
とてつもない速さで動いている線(に見えるだけですが)の一瞬を切り取るのですもの。


楽しみにしていますネ。

投稿: 森のどんぐり屋 | 2010年10月 4日 (月) 09時14分

bud峰猫さん

昨夜、降り始めた雨もようやく
止んだようです。
土日に蒔いた野菜の種に
水をやらずに済みました。

彼岸花の次は
銀色のススキの穂を
探しに出かけなくてはいけません

雨をついつい細く彫りそうになるのが
嫌なのです、細く一杯彫ることは
集中すればなんてことはないのです


投稿: 房州や | 2010年10月 4日 (月) 12時35分

bud七海さん

シンプルに彫りたいのに
ついつい説明的に彫ってしまうのが
嫌なのですが
それでもついつい

年賀状のアイディアも浮かばず
干支の印だけ彫ってしまいました

投稿: 房州や | 2010年10月 4日 (月) 12時37分

bud森のどんぐり屋さん

雨の形って面白いですね
いつだったか
高速度撮影での雨の形を
テレビで見たことがあります

線で降っていないのに
雨の絵は線で描くのでしょう
残像で見えたとしても
短いはずなのに
それでも雨は線で彫ります

投稿: 房州や | 2010年10月 4日 (月) 12時40分

こんにちは。
彼岸花は、白も黄色もありますが
やはり、彼岸花といえば 「赤」ですよね。(*^^*)
房州やさんの彼岸花は、優しい気配がありますね。
子供の頃は、この彼岸花がちょっと怖かったです。
だって、いつの間にか急にそこに咲いてるのだもの。*^^*
雨のハンコ、難しそうです。
どんな風に彫られるのでしょう~☆ ^^

投稿: 月うさぎ | 2010年10月 4日 (月) 16時32分

bud月うさぎさん

彼岸花は妖しい感じがします
お墓に咲いてるイメージがあります
おまけに球根には毒があると聞きます
秋の彼岸が近づくと
何にもないところからにょきにょきと
茎が伸びて妖しい花を咲かせて
お彼岸過ぎると枯れていく

曼珠沙華は山口百恵の歌にも
北原白秋の詩にも出てきます


投稿: 房州や | 2010年10月 4日 (月) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花・彼岸花・山頭火2 | トップページ | 印・文様・水 »