« 印・山頭火・月① | トップページ | 花・彼岸花・山頭火1 »

2010年9月23日 (木)

印・山頭火・月②

前回に続いて、月の入っているはんこです

Z086c2010   Z100c2010  

  

  

  Z104c2010

 Z130c2010  

  

  

  

Z139c001  Z141c001  

  

  

 

Z142c001  Z199c001_2

  

  

  

 

みんな似てますねえ、月並みって言いますから

今回も手抜きで失礼します

俳句を想像しないで済むように文字だけは入れてあります

想像と違う?

前回と違って、俳句がついているだけイメージを作るのが楽です

が、ないほうもまた良いなあと思ったりしてます

 

「般若心経」のはんこ、彫り始めました。

6個目で、もう手ごわい石に出会いました、刃は欠ける、石は割れる

早速予備の石が役に立ちました。

予備の石は取りあえず20個程度は用意しています

後いくつ、こんな石が出てくるか楽しみです

石は青田石(軟らかいが割れやすく砂が混じっている)

  と寿山石(硬い石もあれば粉っぽい石もありやすい石は扱いにくい)

  粘り気のある石にすれば良いのですが、経済がそれは許しません

面倒なので、予備の石はなるべく使わないで済ませたいと思っています

  

  

前の記事のコメントの続き

・月へ萱の穂の伸びやう

・そこに月を死のまへにおく

・旅の月夜のだんだん虧げゆくを

・なるほど信濃の月が出てゐる

・月は澄みわたり刑務所のまうへ

・泊めてくれない折から月が行手に

・月夜あかるい舟がありその中で寝る

・生きの身のいのちかなしく月澄みわたる

・月の一枝ぬすませてもらう

・月のぼりぬ夏草々の香を放つ

・月に思ふ畦豆を九年前の事

・大きな鳥の羽ばたきに月は落ちんとす

・火の番またも鳴らし来ぬ恋猫の月

・三日月ほのと名も知らぬ花のゆらぎをる

・月が昇れりわがまへの花ひらくべし

・冴えかへる月の光よ妻よ子よ

・電車終点ほつかりとした月ありし

・月夜の水を猫が来て飲む私も飲もう

・月澄むほどにわれとわが影踏みしめる

・円い月がぼかと出て対岸灯し初めし

・月をまともに鼓うつ子の声更けたり

・月見入る子が寝入れば月が顔照らす

・月の広野の松も松も濡れて立つ

・いただきの青空の昼月

・食べて寝て月がさしいる岩穴

・山のするどさそこに昼月をおく

・かえりはひとりの月があるいつぽんみち

・月から吹きおろす風のすゞしさに

・酒はない月しみじみ観ており

・朝月のあるぎんなん拾ふ

・ふとふりかへる山から月がのぞいたところ

・三日月落ちかかる城山の城

   ああまた疲れることをしてしまった

   まだまだあるのだ   二重掲載あればご容赦

   

|

« 印・山頭火・月① | トップページ | 花・彼岸花・山頭火1 »

あの人は(托鉢僧)」カテゴリの記事

コメント

めっきり涼しくなりました
「ひらり 柿の葉 …」
とはいかず 虫食い柿の葉…
一枚の葉に二匹もイラガの幼虫が

山頭火さんの周辺は
いつも 煩わしいこと皆無
名月を待つも 雲と寒さ

あすは 涼しいを通り越しそう
珈琲の木の取りこみを思案しなければ
イラガ ナメクジ ムカデ カイガラ アリマキ 等々が
枝葉を伸ばすのに負けじと繁殖

嗚呼! 酒に映して 月を飲み干したい!

投稿: 空海望 | 2010年9月23日 (木) 10時56分

二度あることは三度ある
出てきますね~・・・まだ出そうですが。

月かげの まんなかを もどる

これが、妙に気になります。

妄想型の私は・・・

台所の窓から まるい月が はいってきた

投稿: 七海 | 2010年9月23日 (木) 15時11分

fullmoon空海望さん

「わずらわしさにまた月と旅に出た」
のではないでしょうか

珈琲の木を部屋に入れるのですか?
寒さに弱いと聞きましたが

スチールの棚の
周囲をビニールで覆って
簡易ハウスに収納しては
どうかと思っているのですが
今日、雨の中を不足していた
棚の留具を買ってきました
ビニールでの覆い方を検討して
秋の深まらないうちに工作を終えないと

投稿: 房州や | 2010年9月23日 (木) 16時42分

newmoon七海さん

台所に月が入ってきましたか

「トイレの窓から月がのぞいている」や
「湯気の向こうに人影がある」で
なくて良かったです。

「月の光しのびこみ妄想ふかくなる」

明日から、ちょい遅れの「彼岸花」です
また遊びに来てください

投稿: 房州や | 2010年9月23日 (木) 16時46分

房州やさん、こんばんは。
お月さまシリーズ☆ 大好きです。
どれもこれも素敵ですね。
お月さまを見るのが、更に楽しくなりそうです♪
昨夜は、綺麗なまあるいお月さまが見えました。
今日は、どうしてこんなに寒いお天気なのでしょう・・・

月明かり影を伸ばして忍び寄る

投稿: 月うさぎ | 2010年9月23日 (木) 22時17分

fullmoon月うさぎさん

昨日の月は見事でした
今日は昼前から雨が降り出し
寒くなりました
早くも鍋の登場です

中空に月なく立ちて待つ彼岸雨

投稿: 房州や | 2010年9月23日 (木) 22時49分

房州やさん。。。

昨日は中秋の名月でしたね!
私も雲の間からまんまるお月さんを
ちょっとだけ見ることが出来ました。

生憎とすぐ雲の中に隠れてしまい
十五夜お月さんのうさぎさんを
じっと眺める間もなく・・・。

昔から月を詠んだ句は沢山あるのですね~。
「山頭火」又改めて読んでみたくなりました。
急に寒くなりました。お忙しい房州やさん
どうかお風邪にはくれぐれも気を付けて下さいね!

投稿: mokoママ | 2010年9月23日 (木) 23時10分

moon1mokoママ さん

お彼岸の声とともに
急に涼しくなりました
そして今日も昼頃からは
雨が降るそうです。

お月見が出来てよかったですね
私は少しだけ月をみる”ちら月見”でした

雨・風・雪・山・草・歩・雲・水 
と一緒にある句が多いような気がしますが
どうでしょう
今回
その時その時に作ったものを
テーマ毎に並べなおしてみるのも
面白いと思いました

投稿: 房州や | 2010年9月24日 (金) 07時59分

こんなに山頭火?
何人か影武者がいるでしょ?

いや~集めましたな~
月の句が欲しい時はここに来ればいい

そうそう良い石はやっぱいいけど高い
安い石は割れたり平気でする……
それが面白かったりもするけど……ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

投稿: 章魚庵 | 2010年9月24日 (金) 15時03分

newmoon章魚庵さん

禿武者と影武者
禿と秀はよく似てる

>良い石はやっぱいいけど

 良い石は高いので買えないが美しい
 並の石はそれなりに買えるがまあまあ
 悪い石は安いので買うがやはりだめ

 悪い石買いの銭失いを繰り返しています

 小さく割れるのは我慢します
 半分に割れるのは反対側を使います
 
 少ない砂粒は味だと思うことにしてます
 沢山の砂粒は模様だと思うことにしてます

 本心はweepcryingshockです

投稿: 房州や | 2010年9月24日 (金) 17時07分

秋らしく、月・月・月 ですね。

「なんて寒いの!」と驚いた一昨日、昨日に比べ、
今日の日中は少し暑くなって、ツクツクボーシが鳴いてました。
季節が入り乱れてます。

メイプルリーフは紅葉には少しだけ早かったのですが、色づき始めた葉もありました。
さっき子猫が食べてたので、まだ無事なのがあったら送ります。
ちぃっとお待ちくだせえまし。

投稿: 峰猫 | 2010年9月25日 (土) 22時22分

fullmoonmoon1moon2moon3newmoon峰猫さん

ラブレター フロム カナダ でなくて残念
ジャパンは急に涼しくなりました。
季節感の戸惑いで風邪など引かないように
注意してください。

子猫も食べるという
メープルリーフなるもの
楽しみにしてます

投稿: 房州や | 2010年9月26日 (日) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 印・山頭火・月① | トップページ | 花・彼岸花・山頭火1 »