« 印・草木・花と実 | トップページ | 印・山頭火・月① »

2010年9月17日 (金)

印・山頭火・句入り

久しぶりに山頭火の句を彫ってみました

先に文字を入れて、絵をはめ込みました。

Z170c001  

  死のしづけさは晴れて葉のない木

  

  

Z171c001   

  しづかな道となりどくだみの芽  

  

  

Z172c001 

  竹の子竹となる明るい雨ふる

  

  

Z173c001   

  まづしけれどもしづかなり

  

  

Z176c001  

  枯れ草しいて月をまうえに

  

  

修行僧の列があの角を曲がって行きました

Z177c001   

  

   

  

  今回はただ並べただけで説明は抜きです

     公開日時を指定しての投稿につきとはいえ手抜きが過ぎましたか?

  色々と想像して楽しんでください

|

« 印・草木・花と実 | トップページ | 印・山頭火・月① »

あの人は(托鉢僧)」カテゴリの記事

コメント

手抜き?
とんでもありません。
アッシノの師匠の句をこれだけ
並べていただいて、涙がでそうですよ。
これを出来るのは房州やさんだけです。

般若心経の前に、山頭火の句を全部
彫って欲しかったなぁ。
   pig

投稿: 山豚火 | 2010年9月17日 (金) 08時42分

night山豚火さん

今週一杯になんとか清書しようと
考えていたのですが、今日はテニス
明日はサッカー他で、やはり
来週半ばまでかかりそうです。
つまり、予定通りに進んでいます

新しいものが出来ない間は
古いもので繋いでいきますので
また遊びに来てください

投稿: 房州や | 2010年9月18日 (土) 07時29分

手抜き?
とんでもない。

どれもこれもなつかしい。
特に中学生の兄さんが
白い肩掛けカバンをしょっているの・・。
いま、あまりこのかばん見ませんから。

投稿: ひろみママ | 2010年9月18日 (土) 23時16分

nightひろみママさん

おやおや
細かなところに気がつきましたね
中学の頃には、
白い肩掛けカバンで
それに汚れた学生帽を被って
ズック靴で通っている生徒が
数多くいました。
田舎の学校の話です

投稿: 房州や | 2010年9月19日 (日) 06時44分

山頭火のはんこはこれだけでは
ないのでしょう?
般若心経を彫ってる間、載せるものが
無かったときに、見せてください。
サイズは2センチ×2センチくらいですか?

中学生の白い肩掛けはばんは気がつきませんでした。
   pig

投稿: 山豚火 | 2010年9月19日 (日) 19時45分

night山豚火さん

次回からしばらく
そのつもりでいます。
数は山ほどあるのですが
中身がなくて
それでも時間稼ぎにはなりますか

投稿: 房州や | 2010年9月19日 (日) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 印・草木・花と実 | トップページ | 印・山頭火・月① »