« 俳句・山頭火・風は | トップページ | 印・花・夏の花 »

2010年8月 3日 (火)

印・木・縄文杉

日本の誇るべき世界自然遺産

知床     流氷・シマフクロウ・オジロワシ

屋久島   屋久杉・植生の垂直分布

白神山地  原生のブナ林

小笠原諸島(候補地・推薦中)

に行ってみたいと思いませんか

  

行きたいと思っても簡単に行くわけにもいかず

ハンコを作ってみました

C001 C001_2 

 

 

 

↑ 知床のシマフクロウ 

 

C001_3 

  

  

 

↑屋久島の縄文杉

 

いつの日か、訪れてみたい、日本の世界自然遺産

あなたはどうです。

自然遺産には関係ありませんが

どこにでもいそうな鳥を彫ってみました、極力実物に似せて

C001 C001_2 C001_3

  

  

  

  

  雀        中鷺       翡翠

 

かなり、色付けで誤魔化していますが、バードウォッチングの成果が出ているでしょう

ん、出てない   やはりね

C001_7 C001_8

   

 

 

 

青梗菜に卵を生んでいく紋白蝶

どこからやって来るのか判らない 雨蛙

昆虫だって両生類だって彫ってます

|

« 俳句・山頭火・風は | トップページ | 印・花・夏の花 »

遊び印(花草木・・・)」カテゴリの記事

コメント

シマフクロウ、屋久杉、鳥たち、
小さな石に彫ったものとはとても思えません。
これはもう印と言うより、絵画です。

どこの世界にも時々、こんな神っがった手を
持ったすごい人が現れるのです。pig

投稿: 山豚火 | 2010年8月 3日 (火) 13時37分

pouch山豚火さん

はんこも絵も下手なので
はんこと絵を合体させました
どっちも難しいものです
山豚火さんのサラサラ&ユーモア感が欲しいものです。

「印・山頭火・風は」に章魚庵さんからの
メッセージが着てますよ

ああ。今日も暑い
もう少ししたら、芽が出たばかりの珈琲豆達に水をやります、水を撒いて少しだけ風を
冷やします、ささやかなエコです

投稿: 房州や | 2010年8月 3日 (火) 16時37分

シマフクロウ、すてきです。
雀さん、かわいいです。

うちにたくさんいる、雨蛙・・・・・。
そうそう、こんなふうです!

惚れ惚れと上手いです。
こういう言い方は失礼なんですけれど、ホントお上手ですねぇ!

投稿: にゃんこ | 2010年8月 4日 (水) 09時19分

pouchにゃんこさん

シマフクロウは世界自然遺産の知床に棲んでいる稀少動物です。
動物はみなかわいいものですね
彼らが自由に生活できる自然空間を
残してやりたいものです

にゃんこさんちには雨蛙が沢山いるのですか
喉を膨らませて鳴いていますか
蛙の鳴き声にはいろんな声があるんですよ
①求愛、②危険、③違うぞ、④悲鳴・・・・
近づいていくと①求愛の泣き声は②危険に変わりますよ

投稿: 房州や | 2010年8月 4日 (水) 19時20分

学生時代(言わずもがな若いです)に、知床半島の岩尾別温泉を目指して登った記憶があります。
途中、北海道の形をした湖を見つけて、数人で「どさん湖」と名付けたかと・・・。
あの湖、ほんとはなんて名だったんだろうかと、ふと思い出しました。

カエルちゃんの飄々とした顔が好き。
神社などで見かけると、随分の長旅をしたことだろうにと労をねぎらいたくなります。
多分、危険な道路も渡ったのではと察しますが、カルガモちゃんほど案じてもらえませんものね。

梟の顔つきお好みです。
カイツブリもお願い・・・(にこっ)。

白い夏が続いてます。

投稿: 七海 | 2010年8月 5日 (木) 08時17分

シマフクロウがいいです!
活き活きしています!
眼もクチバシも迫力あります!!

投稿: 森のどんぐり屋 | 2010年8月 5日 (木) 10時00分

pouch七海さん

そうですか若い頃の話ですか
名前のわからない湖は彷徨っていますよ
今頃砂丘の真ん中にぽつんとしていませんか

農道を走っていると
蛙・蛇・毛虫・亀・・・いろいろ
ぺっちゃんこになって干からびているのを
よく見ます

明後日は立秋です
ちょっと早めに
「残暑お見舞い申し上げます」

投稿: 房州や | 2010年8月 5日 (木) 13時09分

pouch森のどんぐり屋さん

ふくろうの目はいいですね
まんまるい目で
鋭いくちばしと
大きくて強そうな爪
音もなく飛ぶ
夜の忍者でしょうか

図書館にも梟の本があり
時々借りて眺めています

投稿: 房州や | 2010年8月 5日 (木) 13時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 俳句・山頭火・風は | トップページ | 印・花・夏の花 »