« 印・言葉・ありがとう | トップページ | 印・地蔵・田の草地蔵 »

2010年8月27日 (金)

詩歌・澄生・はつなつの

昔の季節で言えばとっくに秋なのですが

あまりに暑いので、はつなつの風が吹けば

涼しかろうと、はつなつのハンコを彫りました

C  

  

  

 「初夏の風」 川上澄生

かぜとなりたや

はつなつのかぜとなりたや

かのひとのまへにはだかり

かのひとのうしろよりふく

はつなつのはつなつの

かぜとなりたや

  ちょっと強い風になりましたが

  色で初夏らしさがでたらと思いました

 

前にこんなはんこも同じテーマで彫ったことがあります

登場もしていますが、再登場です C144                                   

C143  

  

  

  

さて、子供の宿題はこの頃から慌てだすのが常

昔はこうだったのに

C    

 

 

珈琲豆の生育状況(8月13日現在)  2週間も前のことですが

双葉が出てからはほとんど変わりありません

20100813   

  ゴーヤのカーテンに

  守られて

  強い日差しを受けずに

  すくすく(?)と

  育っています

  双葉の出たもの

  まだ豆の皮を被って

  いるもの

  芽の出る気配さえ

  見せないもの

  色々です

  

  

  8月27日(今日)で植えてから二ヶ月に

  なります、そろそろあきらめ時

  かも知れませんが、あきらめきれません

                もう少し、頑張ってみましょう。

2010081301   ← 双葉を

 上から見たところです

  

2010081302   ← 横からみるとこうです

 一番手前は ひとつのポットに

 芽が二つ出ています

 どうです、可愛くないですか

              (親?馬鹿ですね

|

« 印・言葉・ありがとう | トップページ | 印・地蔵・田の草地蔵 »

遊び印(俳句)」カテゴリの記事

コメント

房州やさんにしては珍しい、色っぽいハンコですね~。
風に帽子とスカートを抑える肢体が、なんかリアル。

夏休みの男の子、可愛いです。
房州やさんの子供の頃の写真を見ながら彫ったんじゃありませんか。
コーヒー豆は主の家出にも関わらず、頑張って大きくなっていることでしょう。

投稿: 峰猫 | 2010年8月27日 (金) 18時32分

風や汗が 実際以上?にリアルです

コーヒー これからがじっくり
しかし、日焼けせずに
実にいい感じに育っていますね
この子葉 三年くらい姿を保ちます

ハンコになったコーヒーは
どんなかな?

投稿: 空海望 | 2010年8月27日 (金) 20時16分

beer峰猫さん

色っぽい
艶っぽい
そんな「はんこ」も彫りたいのですが
感性がそうはさせません

>子供の頃

 これくらいの子供の頃は
 洟垂れ小僧でした
 虫を取ったり
 蝉を取ったり
 魚を釣ったり
 夏休みに家に居たことはありませんでした
 

投稿: 房州や | 2010年8月27日 (金) 20時43分

空海望さん

コーヒーは元気な双葉を見せてくれてます。
若葉の色がとても綺麗ですよ
まだ双葉の出てないのも3本あります
観葉植物になるには
ずいぶんかかるのでしょうね
もう少ししたら
置き場所と置き方を考えなくてはいけませんね

投稿: 房州や | 2010年8月27日 (金) 20時46分

今日は27日ですから、家出から無事ご帰還でしょうか?

飯山ではほとんどお話しすることもないまま、「帰る時間です」。。。でしたね。
あれからが面白かったのに(笑)

次回はぜひとも家出して来てくださいまし。

金子みすずの『遊び印絵』
私の手元に舞い込んできました。
とってもラッキー!!

どーもありがとうございました。

投稿: hirorin | 2010年8月27日 (金) 22時01分

hirorinさん


登場人物の全員の顔を見ることが出来ただけでも良かったです。
今までは名前とコメントの印象だけでしたが
これからは、顔の印象も加わります
コメントのやり取りが楽しくなりそうです

>『遊び印絵』
  フルサイズの全文入りもあるのですが
  作るのが面倒なので、今回は小さいのを
  一冊だけで申し訳なかったですね

次の機会があれば、
お話を一言二言三言しましょう。
シャイですので、できるかな

そうそう、仏壇通りの紙屋染物屋も
面白かったですよ

投稿: 房州や | 2010年8月27日 (金) 22時30分

あれ?
まだ家出中ですか、きょうのも予約投稿ですか。

川上澄生の版画集を本棚から久しぶりに
取り出してみました。
川上澄生の描く女性のスカートの丈は
足首くらいありますね。
色っぽいと云われる房州やさんはスカート
が短い。
昭和元年と平成22年のファッションの差でしょう。
版画集を見ていたら、

 われは かぜとなりたや
 あのひとの うしろよりふき
 あのひとの まえにはだかる
 はつなつの かぜとなりたや

という詩の版画もありました。
房州やさんはご存じでしょうが。

九州も暑いでしょう。
熱中症には気をつけて、旅を楽しんで
きてください。pig

投稿: 山豚火 | 2010年8月28日 (土) 03時25分

山豚火さん

川上澄夫さんの
豪華で重たいドレスでは
風を表現できない悲しさで
軽くて風に巻き上げられそうな
スタイルにしてみました。

「はつなつのかぜスカートを軽くなで」

テニスをするため戻ってきました

投稿: 房州や | 2010年8月28日 (土) 06時03分

初夏の風を見て
棟方志功さんは「わだば、版画やる!」なんちゅうて世界の棟方になりました。

初期のころの志功の版画は川上澄夫にそっくりです……

「わだば、ゴッホになる」なんちゅうて油絵続けなくて良かったように思うなぁ。

スカートの風は韓国語で「チマパルム」関係ないけど……

投稿: 章魚庵 | 2010年9月 1日 (水) 14時03分

章魚庵さん

>初期のころの

 ほんとにそっくりですね

河井寛次郎さんに見出されたのが
きっかけでしょうか

スカートに風と言えば
小川ローザの チマバルムはオー!モーレツでした、スカートに風はこれに
尽きるのではないかと思います

投稿: 房州や | 2010年9月 1日 (水) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 印・言葉・ありがとう | トップページ | 印・地蔵・田の草地蔵 »