« 印・花・そこらの花 | トップページ | 月一スケッチ展(10) »

2010年8月12日 (木)

詩歌・西行・すてはてゝ

すてはてゝ身はなきものとおもへども

雪のふる日はさぶくことあれ

花のふる日はうかれこそすれ       西行

 

 

二つの文字はんこにしてみました。

02c001  

  雪のふる日は

  

  

 

 01c    花のふる日は

  

 名を西行と改めて・・・・・  ついつい講談を思い出します

 もひとつ、ついでにしゃれで東行を名乗って逃避行をした

 幕末の志士 高杉晋作のことも 思い出します。

 

  暑いので、涼しいところでのんびりしたいのですが

 そうも行かないのが現実です

 今日も暑さに耐えて頑張りましょうか

  

  

暑いときには陽盛りの下で元気に咲いている花を見るのが一番です

2010073103 2010073104

   

   

   

   

  

2010073102 2010073104_2

    

   

   

   

 

 2010073101

   赤と白の百日紅に

   白の夾竹桃でした

   真っ青な空の下、強い日差しを

   浴びて元気に咲いています

さあ、残暑を楽しみましょう

  

お盆前につき、手抜き勘弁

|

« 印・花・そこらの花 | トップページ | 月一スケッチ展(10) »

遊び印(俳句)」カテゴリの記事

コメント

これで 手抜き?
房州やさん やることがキッチリなんですね

子供の頃 書道の先生の筆運び
実にゆっくり なのに きれいで
書き終えると時間が早い

そのことを 感じながら ゆっくりとと
思いながらやってみるのですが
やはり 筆運びは早くなって
書き終える 時間は ずっと遅くなって
どうひいき目に見ても ひどい書きあがり

どこで 時間差が
長いこと生きてきて 今更 なんと効率の悪い
人間なんだろう と 

投稿: 空海望 | 2010年8月12日 (木) 08時27分

雪のはんこと花のはんこ、
それぞれに雰囲気がでていていいですね。
これで手抜きですか?

房州やさんのところは8月がお盆ですか。
ワタシのところは7月でした。
金子みすず好きの坊さんが、檀家を周り
短いお経をあげてくれました。
   pig

投稿: 山豚火 | 2010年8月12日 (木) 09時46分

sun空海望さん

てきぱき・きちんと等は苦手です
いいかげん=良い加減が一番です
無理をしないで、
頑張れる時は頑張る、休むときは休む

小学生の頃、書道を習ったことがあります
書道教室で遊んでいて肩の骨を折り
やめました。
落ち着きのない子でした。

投稿: 房州や | 2010年8月12日 (木) 12時09分

sun山豚火さん

絵が頭に浮かばないときは
字を適当にばらまいて
しまいます。
おかげで、字を逆に書いたりするのが
得意になりました。

投稿: 房州や | 2010年8月12日 (木) 12時12分

空海望さんと山豚火さんに1票、世間では手抜きとはいいません(きっぱり)。
『いいかげん=良い加減』大好きな言葉です。はんこになるとどんな作品になるんでしょう。

投稿: auntkokko | 2010年8月12日 (木) 21時22分

sun auntkokko さん


私の遊び印は、暇つぶしの産物なのです
お気に入りの暇つぶしを今日も
探しています。
一所懸命は苦手です
一笑懸迷なら似合うかな

投稿: 房州や | 2010年8月12日 (木) 22時41分

一時期に比べると涼しくなったような気はしますが、
まだまだ残暑ですね。
百日紅と夾竹桃って、真夏に咲くのですか。
どうも花には疎くて。

サルスベリといえば、都内でサルが捕まったそうですが、どこから来たんですか?
(房州やさんは何でも知ってる気がする)

投稿: 峰猫 | 2010年8月13日 (金) 20時39分

sun峰猫さん


きっと、中央線沿線から無賃乗車で新宿へ
そこから山手線に乗り換え池袋あたりで
降りたのでしょう、ヤマダ電機に行って
それからは大塚・巣鴨・駒込・田端・西日暮里・日暮里・鶯谷と散歩をして
今は上野にいます。
疲れて、ぐっすり寝ている頃でしょう

房総の林道を走っていても
野猿に会うことがあります
柿を加えていたり、畑にいたり
道路を横切ったりとスリル満点です
その猿は房総の猿ではありません
きっと都会に行く術を知りません
田舎猿ですから

猿が読んでいないことを祈ります


投稿: 房州や | 2010年8月13日 (金) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 印・花・そこらの花 | トップページ | 月一スケッチ展(10) »