« 印・昔話・夏休み | トップページ | 印・文字・喜怒哀楽 »

2010年7月 7日 (水)

本・処分・文庫本と百合の印

本格的な夏を前に、少しだけ本を処分することにしました

数年前に整理したのですが、なんとなく残していた文庫本を

整理することにしました。

 201006   

  

今となっては

何故、この文庫本を

残したのかは

わかりませんが

こんな本が

残っていました

  

 

 

 

 

 

 

201007   

 

 

 

 

 

 

 

↑  ここまでは処分しようと思っている本です

    この何年かの間に、殆ど読まなかった本です。

    写真を撮った後で気が変わり一部抜きました

    意志の弱さがこんなところで出てしまいました。

    変な本ばかりだと思われるでしょうね 

201007_2   

    

  高倉健の文庫本です

  なかなか処分するには

  勇気のいる本です

 多分、しばらくは、本箱に置かれているでしょう

  201007_2  

  もう一回読み直してから

  処分しようかなと思っている

  文庫本です

  

 

 

201007_3  

 

  マニアックな本でしょうか

  この2冊は

  これは、迷いましたが

  取っておきます

  

  

 残った 文庫本は 

・陶淵明・万葉集・土門拳・入江泰吉・星野道夫・山頭火・尾崎放哉等です

 これら30数冊は、時々開いているので残すことになるでしょう。

二つの箱の本、欲しい人がいればと思ったのですが

いそうにありませんよね

処分品の話はこれまでとして

************ 百合のはんこが集まって ********************  

季節の花から「百合のはんこ」をいくつか、並べてみます

どれがなにやら名前は自分で判断してください

彫ったときは覚えていたのですがもう忘れてしまいました

遍路してたときに山の中で見た百合の花

毎年、テニスコートの脇に咲いている百合の花

色々です

C001_2 C003 C C_2

054

  

  

  

 

 

コオニユリやらカノコユリやらオニユリ等々を彫ったものです

最新はコオニユリです

我が家の百合はまだ咲きません 

オレンジ一色で捺したハンコは消しゴム印です

他は15×15mmの石のはんこです 

以上、サッカー観戦後の眠い目をこすりながらのアップでした

 

|

« 印・昔話・夏休み | トップページ | 印・文字・喜怒哀楽 »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

房州やさんらしい本ばかりですね。
処分する本、全部引き取りたいくらい
ですが、残念ながらワタシの本箱も満杯で
整理したいくらいです。
博学の房州やさんの謎がひとつ解けました。

オレンジ一色の百合の印は消しゴム印ですか。
これもいいですね。消しゴム印はあまり小さい
ものは彫れないのでしょうね。
ナンシー関さんの似顔の消しゴム印がすきです。
    pig

投稿: 山豚火 | 2010年7月 7日 (水) 06時32分

book山豚火さん

博学ではなく薄学です
山豚火さんの本箱は一杯ですか?
私の本の処分の次の対象は美術展の
・カタログと(100冊以上あるので
 かなりの場所をとっています)
・ラピタ(創刊号から114号まで)
   このあと、装丁が変わったので購入していません

太陽という雑誌も創刊号からあったのですが前回処分しました。


>オレンジ一色の百合

  消しゴム印で 幅15mmです
  結構粘り気のある消しゴムで彫っているので、細い点・線も彫れますが
  好みのこの消しゴムはもう販売していません

>ナンシー関

  消しゴムの似顔印よりも
  辛らつなコメントが良かったですね

投稿: 房州や | 2010年7月 7日 (水) 06時48分

コオニユリ いいですね!
我が家のコオニユリはあと2,3日は
花を張ってくれそうです

カサブランカが次と思われますが
まだ、かなり先になりそうです
その次がカノコユリ?オニユリ?
テッポウユリはまだ蕾の気配さえありません

井上ひさしさんは1日30冊読んだとか
私は30日で1冊読んでいるか疑問
文章や知識に歴然と表れるのは当然ですね
醸し出される房州やさんの魅力
そうだったんだ!

投稿: 空海望 | 2010年7月 7日 (水) 07時29分

book空海望さん


まだまだ咲き続けるコオニユリを見させて頂きました。
カサブランカは大きくて香りが強くて
圧倒される百合ですね

>1日30冊

 慣れれば読めるそうですが(本人曰く)、素人にはどうでしょうか、読みたいページが自然に解ると言ってました。
 2週間に1回、図書館に行って、数冊借りて、なかなか全部読み切ることが出来ないでいます。

>そうだったんだ

 雑多読・飛飛読・等々で、内容の記憶は皆無です

投稿: 房州や | 2010年7月 7日 (水) 09時32分

角川文庫の「古典落語」、面白かったですか?
読んでみようかな。
この中でうちにもあるのは、「時雨みち」だけです。

我家には無駄だった本が結構あります。
ダイエット本……。crying

投稿: 峰猫 | 2010年7月 7日 (水) 18時12分

book峰猫さん

>角川文庫

 落語の本は読むとそれなりに面白いのですが
 声に出して読むともっと面白くなります
 この本は茶色に変色してしまってます

>無駄だった本

 日本文学全集
 日本の歴史
 百科事典 

 全部読まないうちに処分してしまいました 

読みたい本があれば、あれとこれとと、指差して頂ければ、すぐに送りますよ(捨てないですむので、たすかります) 

投稿: 房州や | 2010年7月 7日 (水) 20時05分

声に出して読んだ方が…ということは、噺が活字になったものでしょうか。
図書館か本屋さんで見てみます。happy01


投稿: 峰猫 | 2010年7月 7日 (水) 20時29分

房州やさん。。。

この印は、まさに空海望さん宅の「コオニユリ」そのものですね~。ビックリ!
其々の色使いがとっても素敵です。

私はこのピンクのカノコユリ?も好きです。
いずれも花好きの私には堪りませ~ん!

今は幻の俳優?高倉健の文庫本はどうか
是非残して置いて下さい!
実は私も大ファンでした。笑

投稿: mokoママ | 2010年7月 7日 (水) 20時59分

book峰猫さん

落語そのものが活字になっています
ただこの全集の欠点は字が小さいことです
是非、拡大鏡を持参下さい
えっ!必要ないって
無理しないほうがいいですよ

投稿: 房州や | 2010年7月 7日 (水) 20時59分

bookmokoママさん

百合の花はみんな似たようなものに
なってしまいます
クルマユリ
ヒメサユリも彫ったと思うのですが
どこにいったのかわかりません

ネジバナを彫ろうとしていたのですが
いつのまにか枯れてしまいました
来年までのお楽しみです

そうですか
高倉健さんが好きですか?
昔々のことですが、
健さんのヤクザ映画を良く見ていました

投稿: 房州や | 2010年7月 7日 (水) 21時15分

うわ、読んでますね~

インド放浪(うちのは上下になってます)
河童の手のうち幕の内
河童の覗いたインド
河童が覗いたニッポン
大往生
南極のペンギン

これしかない。
下のマニアック本いいな~。

投稿: 章魚庵 | 2010年7月 8日 (木) 09時53分

book章魚庵さん


「南極のペンギン」持ってますか
 これはいいですね

どうしたら良いのか判らない本が一冊
 中島敦  「李陵」
      原稿覆刻版   昭和55年
      文治堂書店刊
      定価10,000円
      サイズ 原稿用紙サイズ
何故、持っているのかさえ判らない

章魚庵さんの本箱をひっくり返すと
面白い本が一杯ありそうですね
見せられない本・隠したほうが良い本も
ありそうですが
私はそんな本は全部処分したので
今は面白い本は何にも残っていません

 

投稿: 房州や | 2010年7月 8日 (木) 12時31分

房州やさん

こんばんは。
おばんです。

本のUP
楽しいですね~。
こんな情報のされ方もあるのかあ、と拝見させていただきましたよsun
あうんは、『龍馬への手紙』他、龍馬シリーズと、山頭火シリーズが欲しいなあ。。。
なんてhappy01

ご近所でしたら、取りにうかがいたいです~。

こうして拝見していると、父の本棚を思い出します。
父は本を買うのが大好きで、いつの間にか本がたまっていました。
世界4大宗教から健康本まで、守備範囲も広くて、そして、母はたまると捨ててく(笑)

あうんは、本は読まずとも、その題名だけを見ていたのですが、今となっては、そのことが読書へのいざないだったように思えます。

夏空にさるすべりも咲き始めました。
本当に一年は早いものです。

房州やさんも、お身体ご自愛くださいませ。

投稿: あうん | 2010年7月 9日 (金) 02時26分

bookあうんさん


あうんさんは遅寝派ですか早起き派ですか?
それにしても夜中の2時に活動してるとは
元気ですね

百日紅が咲き始めましたか
夏ですねェー
夾竹桃も夏を感じさせます
そして朝顔
やがて向日葵
夏野菜の小さな花もよーく見ると
可愛いものです

投稿: 房州や | 2010年7月 9日 (金) 08時18分

なるほど々々。酔仙蔵書(違った、酔仙雑書です)と
2割ぐらいは傾向が重なっているようです。しばらく前に
思い立って、文庫本を主に段ボール箱10箱ぐらいを
処分したのですが、ブックオフなどでは、半分は
ゴミとして捨てられた悲しい経験があります。(T_T)
最近また本棚が膨らんできたので何とかしなければ。
例えば、自分で道端に本を並べて、通行人に押し売り
したいものだ、などと妄想しています。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2010年7月 9日 (金) 15時54分

book埼玉の酔仙さん

そうですか
同じような本がありましたか

なかなか本を処分するのは難しいものです
あと2回で最終にしようと思っています
・雑誌ラピタ    全ウン十冊
・展覧会カタログ  百ウン十冊
それでも本箱がすっきりしないのは何故?

本の後は、着るものの処分を考えています

投稿: 房州や | 2010年7月 9日 (金) 16時48分

はじめまして!
こんばんはshine

とても可愛い印で楽しませて頂いております。

投稿: こば | 2010年7月 9日 (金) 21時10分

bookこばさん

ようこそいらっしゃいました
なんでもない「遊び印」や
下手な「スケッチ」くらいしか
ありませんが、ゆっくり見ていって下さい

メールしておきました

投稿: 房州や | 2010年7月10日 (土) 15時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 印・昔話・夏休み | トップページ | 印・文字・喜怒哀楽 »