« 本・遊印・ヒマラヤ | トップページ | 印・団体・同類 »

2010年6月 1日 (火)

六面:緑風頬吹

 再びの六面印を登場させました

 新緑の柳が風に揺れる風情が出ているでしょうか

 

001_8

 

  緑の風に吹かれる柳枝を六面印にしてみました

  硬くて砂粒の多い石で苦労しました。

    線だけ残しあとは全部削りました、初めての彫り方です

  柳に似合うのは

    幽霊

    小野東風

    蛙

    雨

    微風

    川端

    

  柳の緑に吹く風の行く先はどこ

  川岸の柳の枝を次から次へと揺らして

  川に戻っていくのか

 

::::::::::  はんこの数  ::::::::::::

  記録にあるだけの「はんこ」の数を年毎に並べてみました

  2010年は5月末までの数です。

  2006年  1.1個/日   406個  

  2007年  2.2個/日   791個  累計  1197個

  2008年  2.5個/日   934個  累計  2131個

  2009年  1.8個/日   666個  累計  2797個

  2010年  2.4個/日   362個  累計  3159個 (5月末まで)

  記録していただけで、この数になりました

  全部でいくら作ったのかは解りません

  刻印推移を棒グラフで表すと

  201005

    2008年はよく彫ったものです、家にいるときいないとき

    全てを含んでの934個 あと66個彫っていれば、魁皇の記録と

    同じ1000 だったのです。(関係ないですが)

    そして来年にはもう少しで、4000個というところまで。

    再来年には4000の大台に

    1日1個を根気よく彫っていれば、10年で3600余個

    根気よく彫っていればの話です。

    私の場合は根気はないのですが、代わりに閑があります

    (六面印は1個でカウントしてます)

    暇人のなんの役にも立たない情報でした

    この時間を有益なことに使っていれば

    この印材代を寄付していればと今更思っても

    もう遅いのです

    使った労力と時間はもう取り返せません

    

    

    

  

|

« 本・遊印・ヒマラヤ | トップページ | 印・団体・同類 »

遊び印」カテゴリの記事

コメント

何だか? ボクのキーボードを叩く速度より早い?
ハンコ彫 速度

………   あ~ぁ~ぁ~ オドロイタ

投稿: 空海望 | 2010年6月 1日 (火) 19時44分

pc空海望さん

粗製乱造
大量生産
欠陥作品
大量在庫

ただ沢山つくりゃいいってもんじゃない
その見本のようなものです

ほんの少しだけ
気に入ったものが
その時その時であるのですが
それが何処に行ったのかさえ
わからない状態です

それで冊子にしようと
作ってみたのですが
読み返すことは皆無です

時間つぶしにはなりましたが

空海望さんのレスポンスの早さには
負けます

投稿: 房州や | 2010年6月 1日 (火) 20時24分

金箔の背景に柳。
狩野派の屏風絵を見ている
ようです。

それにしても、すごい数を
彫りました。
これはギネスものですよ。
石の重さで、アトリエの床が
抜けますよ、ご用心 pig

投稿: 山豚火 | 2010年6月 2日 (水) 11時06分

pc山豚火さん


屏風絵ですか
それは、うれしいお言葉を
この印材は硬くて砂粒が多くあって
とても彫りにくいものでした

>抜けますよ

  念のため(?)
  印材は壁際に引っ越しました
  72箱に収まっています
  7列×11段で机の高さです


投稿: 房州や | 2010年6月 2日 (水) 15時45分

まあ・・・気が遠くなるようです。

「根気はないが暇はある」
何をおっしゃいますやら。
あちこち出歩いて、ヒマラヤにまで出張って
それでこのハンコの数!

私は柳を見ると、大好きなイギリスの童話を
思い出します。
「たのしい川べ」The Wind in Willows というのです。

投稿: ひろみママ | 2010年6月 2日 (水) 23時49分

pcひろみママさん


柳の細い枝が
風に揺れているのを見るのが
好きです

数があっても質がねェ
ある程度の質がないと

>「たのしい川べ」
The Wind in the Willows
  楽しい童話なんですか?
  風刺の効いた話の多い
  イギリスですから
  図書館で探してみます
 

投稿: 房州や | 2010年6月 3日 (木) 06時33分

6面なんて!

あうんには、新しい発見です!
発想とイマジネーション。
どのくらいの大きさに彫られているのでしょうか?
柳は強くて、バネがあって、秋の台風で枝が折れても、春には、ユラユラと新芽の枝が伸びてきます。

尊敬する木です。

それにしても
房州やさんが、素晴らしいはんこさんの彫り代を、寄付に。。。なんて、お人柄溢れる奇特な想いを綴られていますが。。。

反省!

あうんなんて
今迄の過ぎた暴飲暴食代、自分への過ぎたご褒美代presenty]を、寄付してれば
タイで学校だって建てられてかもしれない。

なんか、そう思うと
引き締まりました。。。
朝ごはん
戴く前に、拝見していれば。。。
昼ごはんからは、
少し、意識します。。。

投稿: あうん | 2010年6月 3日 (木) 10時36分

pcあうんさん


柳は緑に花は紅くが今頃の季節ですね

柳の生命力も凄いですが
公孫樹の生命力も凄いものですね
公卿の隠れし公孫樹も芽を出しているとか
植物は凄いものです

どんなところに種が落ちても
ちゃんとそれなりの花を咲かせます

根性〇〇なんてのもありますね

投稿: 房州や | 2010年6月 3日 (木) 12時17分

はい!

公暁の大公孫樹ですね!
(さすが房州やさん、公孫樹とは。。。かっこいい!)

そうなんです!
鶴岡八幡宮の大銀杏。
3月の終わりには新芽もでてきて、今では茂る?ほどではないですが、訪れる人に勇気も与えているようです~。

あるイベントで、あうんアドリブでの大銀杏へのコメント、どなたかが、声のみUPしてくれてますねんbud
あうんもびっくりですねん!
(画像は、きれいなお姉さんです。)

津田塾大の公孫樹からは、桜の木が育って、花を咲かせているそうです!

公孫樹、大好きです!

投稿: あうん | 2010年6月 3日 (木) 18時41分

pcあうんさん


大銀杏でのコメントが流れてるとはスゴイ

公孫樹は一本の大樹もいいですが
並木もいいですね
特に秋の紅葉の頃の銀杏並木は

投稿: 房州や | 2010年6月 3日 (木) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本・遊印・ヒマラヤ | トップページ | 印・団体・同類 »