« 俳句・山頭火・春から夏 | トップページ | 俳句・一茶・蛙 »

2010年6月16日 (水)

月一スケッチ展(8)と案内

他の国の予定でしたが

いくつかの絵が残っていましたので、再登場ですが

今回もパキスタンです

ガンダーラ仏をメモ用紙(クロッキー帳)に描きました 

博物館でのメモです(写真撮影禁止のところが多いので)  

   

42042

  

  アフガニスタンに近い

  ペシャワル博物館

  居合わせた女子高校生と

  しばしの交流を楽しみました

  鉛筆で描いてます

   

  

 

 

  

 41041   

    タフティバイ遺跡に

    置かれていた仏像です

    壁のくぼみに安置されて

    暗くてよく見えなかった

   筆ペンに水彩絵の具で彩色

    

   

   

   

  

 

    

 44044  

  菩提樹の木の下で   

  瞑想中の仏陀でしょうか?   

 飾り物を身につけているので

 まだ悟りを開いていない

 頃の像なのでしょうか

 

 筆ペン画

 

 

 

 

    46046

  タキシラ博物館

  

  

  衣の襞が

  綺麗でした

  

  

  

  

   筆ペン画

  

  

  

博物館でこっそり筆ペンでスケッチした仏像たちです

これで、パキスタン北部のスケッチは終わりです

来月からはどこにしましょう

 

 

  友達の友達の個展の案内です

001

  

  

  

  

  

  

001_2

  北海道の美瑛に住む

  友人の友人が横浜高島屋で

  作陶展を行います

  十勝岳の麓の

  美瑛町白金で「皆空窯」をベースに

  活躍しています。

  6月16日~22日です

  大型バイクを乗り回す

  活動的な面もあります

  お近くで暇のある方は

                         行ってみてはいかがですか?

   

もうひとつ、↓このパンフの中の 20ページ 飯山市の項に 「高橋まゆみ人形館」の

ことが載っています。

201006001_2 懐かしい風情を残す寺町の新名所

とあります。

開館時間:9時~17時

休館日:水曜日(祝日の場合は翌日)

入館料:600円

JR飯山線飯山駅から徒歩約15分

  

  

  

  

  

  

  

峰猫さん ポスターはありませんでしたが、パンフレットはありました。  

  

  

    

|

« 俳句・山頭火・春から夏 | トップページ | 俳句・一茶・蛙 »

旅のスケッチ(海外)」カテゴリの記事

コメント

うちの近くの駅にはポスターだけで、パンフレットは置いてなかったと思います。
(首都圏なのにおかしい!)
今度電車で出かけたとき、他の駅を見てみます。

私の小学校1年から3年までの担任の先生は、南正猛(みなみまさたけ)先生とおっしゃいました。
絵が上手で美術展にも作品を出してました。
作品は抽象画でしたが、校庭の遊具に馬の絵とか描いていたのを思い出します。
個展の案内で思い出しました。(名前が似ているだけだけど)

仏像、博物館でこっそりスケッチしたにしては丁寧で雰囲気がよく出てますね~。

投稿: 峰猫 | 2010年6月16日 (水) 13時32分

pencil峰猫さん


S県i市が首都圏ならきっとあるはずです
すぐに探しに行きましょう。

・寺めぐり
・千曲川舟下り
・おみやげ  福最中
・グルメ   笹ずし  も

人形館の後に並んでいます

「極楽浄土ゆきのキップ」のもらえる
スタンプラリーもあるそうです

投稿: 房州や | 2010年6月16日 (水) 16時24分

博物館はスケッチもダメなのですか。
仏像さんはとても難しいのに、しっかり
描いていますね。
筆ペンのスケッチは鉛筆の下書きはナシ
ですか?

ずいぶん前ですが、風間完さんのヨーロッパ
のスケッチ展を見たのですが、鉛筆描きの
スケッチが消しゴムでなんども修正後が
残っていて、巨匠でもこんなことするのかと
驚いたことを思い出しました。

今後は、房州やさんを見習って、スケッチ
ブック持って歩こうかな。pig

投稿: 山豚火 | 2010年6月16日 (水) 17時32分

pencil山豚火さん


風間完さんは繊細な鉛筆画ですから
丁寧に何度も何度も描き直すのでしょう

一番と三番目は鉛筆で粗く描いて
筆ペンで仕上げです
2番目と4番目は筆ペンで直接では
なかったかと思います

海外に行くときはメモ帳代わりにマルマンの
クロッキー S163を持って行きます

投稿: 房州や | 2010年6月16日 (水) 18時06分

気のせいでしょうか。

直接筆ペンとおっしゃる二枚目と四枚目の方が息吹を感じます。生々しささえも。

高校生と(ひとさし指で?)交流できる房州やさんって、やっぱり宇宙人だったのですね。

ところで、蝮の眼は光るのですか?
藍染めを観に着けていると蝮除けの効果があるとは聞いたことがありますが。

今年、蛍が激減らしいです。
4月に孵った幼虫が、下旬の異常な霜にやられてしまったからだそうですが、今年の蛍は、大恋愛しそうですね。

投稿: 七海 | 2010年6月16日 (水) 18時58分

pencil七海さん

>気のせいでしょうか

 下書きがあると
 それに影響を受けるのは事実です
 ついつい線が萎縮するのは
 素人の悲しさです

今年の蛍は少ないのですか?
毎年ではありませんが
近所の蛍の名所に行っていますので
少し心配です。

>蝮除けの効果
藍には虫除けの作用があるとは
聞きますが、蝮除けに効果があるとは
初めて聞きました。

投稿: 房州や | 2010年6月16日 (水) 23時05分

蛍の件は、こちらの地方だけかもしれませんが。
4月下旬に霜が下りたので、それまでに土にあがった幼虫が死んでしまったようです。

もう何十年も前に、<蛍博士>と呼ばれるおじさんが、一人で幼虫を育てて蛍の名所した公園があり、そこでのお話です。

この人、宮本輝の「蛍川」を読んで、蛍が飛ぶ描写が違うのではと手紙を書きました。
「実は、蛍の乱舞を見たことがないので」と返事が来たそうです。

面白い人でした。

あれま!
藍染は<観>ではなく<身>に着けます。
誤字が多くて・・・ぺこっ。
私、かなり古い藍染を愛用してます。
いまだ、蝮に出合ってません。

投稿: 七海 | 2010年6月17日 (木) 07時19分

「皆空窯」行ったことあります……多分。
……今、写真見て確認しました。行きました!

倉本聰のドラマ(北の国からじゃないやつ)
のロケ地だった所でしたか?
ずいぶん山の中に入ったところだったような
気がしましたが……。

信州北回廊……信州ホッカイロ?


投稿: 章魚庵 | 2010年6月17日 (木) 09時31分

pencil七海さん


藍の染物は
時代を経ても
雰囲気ある色で
なかなか良いものだと
思います

藍染の作務衣を持ってますが
なかなか着る機会がありません

投稿: 房州や | 2010年6月17日 (木) 10時51分

pencil章魚庵さん

>行きました!

  友人の家から十勝岳に向かって
  車で10分位走った「白金」に
  あります、山に向かって左側です
  行った人が身近にいてよかったです

>北の国からじゃないやつ

  寺尾聡(?)の喫茶店が舞台の
  ドラマではありませんか?
  息子が皆空窯でろくろを回している
  場面では

>信州ホッカイロ

  信州来た帰ろう
  信州喜多偕老
  深秋着たカイマキ
  信州来た甲斐

   あぁーーーーダメだーーー!

投稿: 房州や | 2010年6月17日 (木) 11時03分

仏様もずいぶん彫りの深い
お顔立ちですね。
もともとはそうだったんでしょうが。
二枚目の目元が慈愛に満ちているというか
なまめかしいというか・・。
普段見慣れている仏様と違って
異国の方、の印象が強いですね。

学校時代の友人たちが、趣味にしていたことを
少し本気でやり出しました。
私にも案内が来ます。
写真、絵画展や手織り、染物など手仕事展とか・・。

投稿: ひろみママ | 2010年6月17日 (木) 14時00分

pencilひろみママさん

>彫りの深い

 東洋のような西洋のような印度のような
 中央アジアのような
 不思議なお顔立ちの仏さまです
 エキゾチックなお顔ばかりです

>趣味にしていたことを

 絵も上手だし
 染物だってやってるし
 今度は何を始めたのでしょうか?

>案内が来ます

 色んなことをやっている
 多くの友達がいて幸せでですね
 私もいろんなところに行きたいと
 おもうのですが、全部には
 行けていません
 

投稿: 房州や | 2010年6月17日 (木) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 俳句・山頭火・春から夏 | トップページ | 俳句・一茶・蛙 »