« 印・雑貨・昔の話 | トップページ | 月一スケッチ展(8)と案内 »

2010年6月13日 (日)

俳句・山頭火・春から夏

初夏から夏への境目あたりに

旅に出た、あの托鉢僧は今頃どこにいるのでしょう

Z146c001  15×15mm

「剃りたての頭にぞんぶん日の光り」  山頭火

  旅に出る前に、何かを断ち切るように、頭を綺麗に剃り上げて出て行きました。

  (房州やも夏向きにと髪を短くしました・・・関係のない報告でした)

Z147c001  15×15mm

「暗さ匂へば蛍」   山頭火

  真暗な水辺に蛍の光りが点いては消え、消えては点いています

  なにかに誘われるように、歩く托鉢僧でした。

 

Z149c001  15×15mm

「たたづめば風わたる空のとほくとほく」   山頭火

  ずいぶん歩いてきました、ふと立ち止まって、遠くの空を見つめると

  何が見えたのでしょうか。

  さあ、歩きましょう。

  歩々到着です

********* 追加 6.13 *********

201006001

本日(13日)

横浜ランドマークプラザで行われた

←表題のシンポジウムの参加してきました 

百数十人の参加者がありました。

必要のない豆情報

 「知床旅情」誕生50周年で

 思い出・エピソードを募集しています

 応募先はNHK札幌放送局です

 興味のある方は問い合わせてください。

 

    テレビ案内もどうぞ  ↓

 

 

関連番組 「ふるさと一番」 の案内   0:20~0:45  NHK

月:シリーズ知床 大自然で野生動物を探せ   北海道斜里町

火:         今年も大漁を! 海の祭り   北海道斜里町

水:         浜の母ちゃんの絶品 春のホッケ 北海道羅臼町

木:         大自然に抱かれた暮らし    北海道羅臼町

時間のある方は是非ご覧になってください。

   

|

« 印・雑貨・昔の話 | トップページ | 月一スケッチ展(8)と案内 »

あの人は(托鉢僧)」カテゴリの記事

コメント

雨上がりに 蛍を見に行ったことがあります

羽が重いのか ブワ~~ン ブワ~~ン 

音が 聞こえてきそうな

空気のつながった 飛び方でした

そして

わたしは 見ました

橋の欄干で つるりと滑った 蛍いっぴき

投稿: 七海 | 2010年6月13日 (日) 09時36分

托鉢の 剃りたて頭 夏はじめ
もったいないほどのほたる一人でみてる
きた道も ゆく道も遠い 夏の道
   
  山頭火の弟子のつもりの 山豚火pig

投稿: 山豚火 | 2010年6月13日 (日) 10時23分

一昨日から京都・奈良に修学旅行に行ってる三男、出発の前日に頭を自分で坊主にしてました。
「せっかく京都行くんだから」
って、どういう気合いの入れ方だったんだか。

蛍に誘われる托鉢僧の姿は幽玄ですね。

投稿: 峰猫 | 2010年6月13日 (日) 13時34分

flair七海さん


近所に蛍の飛ぶ場所があります
地面に近いところは
「「蝮」の目が光っているので
注意して下さい。」と言われますが
七海さんのところもそうでしょうか?

小さい頃は
蛍は蚊帳に入れて遊ぶものでした


投稿: 房州や | 2010年6月13日 (日) 19時56分

flair山豚火さん


久しぶりに山豚火さんの本領発揮ですね
・そり落としたはずの暮らしを背負って歩く
・ほたるにみちびかれた今日の宿
・あの雲の消えるところまで

いやぁ難しい
さすが山頭火の自称弟子です

投稿: 房州や | 2010年6月13日 (日) 20時07分

flair峰猫さん


気合を入れて修学旅行に行きましたか
お土産は木刀でしょうか
月並みなところで
生八橋・おたべ

昔は三角のペナントがあったのに

投稿: 房州や | 2010年6月13日 (日) 20時09分

勤める博物館で「あかり」展示をしています。
ほたるの光を再現したおもちゃがあって、ろうそくや行燈、ランプの明るさと対比させていますが、
当然ながら、いや~暗い。
蚊帳をつるして、本物のホタルも入れてみましたが、
いや~、かわいそ。

投稿: ひろみママ | 2010年6月14日 (月) 11時24分

flairひろみママさん


消え入りそうな蛍の灯も
真っ暗な中でみると
ボアーッとして
ふわふわして
意外と明るいものです。

蛍を捕まえて
蚊帳に入れたことありませんか
今思うと可愛そうなことなんですが


投稿: 房州や | 2010年6月14日 (月) 12時05分

ホタル、私も見に行ってきました。

子どもずれのうるさい家族が帰るまでねばって、静かになってから楽しみました。

帰りの車の中から外を見ていると、
何かがヒラヒラと散ってきます。
桜のはずはないし・・・

よく見ると竹の落ち葉です。

<竹の秋 闇のなかにも舞う落ち葉>

投稿: 森のどんぐり屋 | 2010年6月15日 (火) 10時21分

flair森のどんぐり屋さん

<竹の葉闇に舞って静まる>

<蛍流れて竹の秋を知る>

楽しい一刻を過ごされましたね

投稿: 房州や | 2010年6月15日 (火) 15時13分

NPO法人まつやま山頭火倶楽部のブログ立ち上げました。是非ご覧ください。

投稿: 山頭火案内人 | 2011年4月 7日 (木) 12時59分

flair山頭火案内人さん

先程「NPO法人まつやま山頭火倶楽部」を
覗いてきました。
いずれも遍路の途上でしたが
二度程訪れた「一草庵」では
ゆったりとした時間を過ごさせていただきました。
房州やのブログの山頭火は
私の勝手な解釈による
テキトーな「遊び印」で
楽しむことにしております

時々は遊びに来てください

投稿: 房州や | 2011年4月 7日 (木) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 印・雑貨・昔の話 | トップページ | 月一スケッチ展(8)と案内 »