« 俳句・一茶・蛙 | トップページ | 印・工程・捺印彩色 »

2010年6月22日 (火)

印・工程・下絵刻印

こんな「遊び印」を彫ろうと思い、絵を描いて見ました。

まとめて描いて、まとめて彫る、そしてまとめて捺して

またまとめて色をつけ、まとめて取り込む

一個ずつやれば、一個毎に片付くのに

ついつい、まとめてやってしまいます。

平らにして

朱墨を塗った印面に  (逆もありです、墨を塗って、朱墨で書く)

鉛筆で下書きをし    (下書きはしてもしなくてOKです)

墨で清書します (0.1 0.3mmのマーカーで書く人もいるようです)

では 

ひとつめのグループは

201005  

千手観音さんです  大きさを変えて15顆

上段は18mm 中段は15mm 下段は10mm です

  (同じサイズの石でも少しずつ大きさが違うのがわかります)

  ↓ 彫ってみるとこうなります

201005001

この状態では、彫りもれはよく判りません

そのため、一度試しに捺してみます

201005

↑ これを見ながら、彫りの浅かったところ、ゴミのようになったところ、

線がはっきりしないところ等々(黄色のマーカーで塗ったところ)修正します  

ふたつめのグループは

201005_2  

ローカル線風景(春夏秋冬)&ボストンバッグを持ってちょっと昔に行ってみる

全て 15mmです

 

これも彫ってみるとこうなります

201005001_2

 同じく捺してみました

201005_3 

色をつけることも考えながら、残す汚れ、取ってしまう汚れを

決めています。

少々の失敗は雰囲気雰囲気とOKにしています

文字の場合は、篆刻刀で石の角を叩いて古色を出したりします

いい雰囲気に彫れていればよいのですが

そうでないときは(明らかな失敗の時は)、

サンドペーパーを使って、再び印面を真平らに削ってしまいます。

 

後は、いつものように、いつものことをします

彫り方はともかく、順番はわかったでしょうか?

(何回目かの製作方法でした)

 

出来上がりは何回かに分けて、アップしますので

その時にご覧下さい

|

« 俳句・一茶・蛙 | トップページ | 印・工程・捺印彩色 »

遊び印」カテゴリの記事

コメント

おはようございます~happy01

どれが、失敗の線か?
なんて、わかりま線?

千手観音様も素敵だしい、
ローカル線の風景、のどかです~。

あうんは、流山線に乗りに行きたいんですよ!

投稿: あうん | 2010年6月22日 (火) 09時15分

☆あうんさん

よーく見ると
線がすっきりしていないのが判ります
一気に彫れずにガリガリガリと
彫っているせいです
これは殆ど修正できません
エイヤーッと勢いが必要です。

流山線とは渋い
馬橋~ どこだっけ
千葉には良いローカル線があります
久留里線
木原線&小湊鉄道
銚子電鉄
(成田線・鹿島線なんかも捨てがたいですね)

それはともかく
線は曲っていたほうが面白い
線路も曲っていたほうが楽しいのです
と、慰めています

投稿: 房州や | 2010年6月22日 (火) 11時54分

千手観音は何度見てもスゴイ。

彫り方も順番も、私にはとても出来ないと思うから理解することを放棄します。

房州やさんが彫りあげたのを見るだけで満足してます。happy01

投稿: 峰猫 | 2010年6月23日 (水) 20時10分

☆峰猫さん


彫り方に
順番も規則もなぁーんもありません
峰猫さんもサイン色紙用に
作ってみませんか?

まさか
千手観音さんの手の数を数えたのでは
ないでしょうね
なるべく
右手と左手の数を揃えるようにと
思ってはいるのですが
時々左右の数が違ったりします
その時は
見えない手は背中を掻いているのだと
思うことにしています

投稿: 房州や | 2010年6月23日 (水) 22時09分

房州やさん。。。

凄い!の一言です。
私も見せて頂けるだけで大満足しています。

ところで本日、かやの木さんで先日空海望さんに
託して下さった素敵なお品を戴いて来ました。

一つづつ可愛いハンコに見入りながら
大好きな金子みすゞの世界が改めて蘇って来る様でとても感動でした。
大切なお品を私の様な者に・・・。
本当に有難うございました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。

投稿: mokoママ | 2010年6月23日 (水) 22時19分

☆mokoママさん


かやの木で今日も美味しいものを
食べたのでしょうね
実に羨ましい

投稿: 房州や | 2010年6月23日 (水) 22時53分

山豚火さんのところで開かれていた「房州や遊印展」拝見しました。
こちらで拝見しても、あちらで鑑賞しても・・・!
たいへん素晴らしいです!
房州やさんの想いが伝わる「遊印展」でございました。

投稿: にゃんこ | 2010年6月24日 (木) 06時56分

☆にゃんこさん

わざわざ、「ありがとうございます」
あれらは山豚火さんに
無理やり押し付けたものと
練習のために彫ったものたちです

時々はこちらへも遊びに来てください

投稿: 房州や | 2010年6月24日 (木) 07時43分

勝手に開いた「房州や遊印展」
開催中にはたびたび会場に足を運んでいただき、
ありがとうございました。お陰さまで大盛況でした。

房州やさんのスゴイところは
まとめて描いて、まとめて彫る、まとめて捺して、
まとめて色をつけ、まとめてやってしまうところですね。
フツウの人には、とてもそんなことできません。pig


投稿: 山豚火 | 2010年6月24日 (木) 08時45分

山豚火さんのブログではいつも素敵な印を拝見しています。
 で、ついつい覗かせて頂きにあがりました。

あっという間にできあがってるんでしょうね。
 どれも素敵ですが、特に観音様のは圧巻です。
 これほどに出来上がるんでは誰のでも造ってあげたくなっちゃうのでは?

 

投稿: けいが | 2010年6月24日 (木) 09時58分

☆山豚火さん

一個ずつに集中して丁寧に仕上げていく
ことが出来ませんので

思いついたときに印面に絵を描いて
それがたまった時に
一気に彫ります

まとめてやらないと
道具を出したり片付けたりが
面倒なんです

ただの面倒くさがりやなようです

投稿: 房州や | 2010年6月24日 (木) 13時52分

☆けいがさん

ようこそ
いつも山豚火さんのブログの
コメント読ませてもらっています

>誰のでも

 素人のお遊びで勝手に作りますが
 頼まれては作りません
 希望のものを作るなんて
 考えただけでも嫌になりませんか

 
また時々遊びに来てください

投稿: 房州や | 2010年6月24日 (木) 13時55分

転写用に黄色のマジックを買いました。うまく使えず、墨で雁皮に書いて転写してました。マジックの使い方をGetと喜んでいます。が、もう古くて使えないかも…。
観音様、どのお顔も愛らしくて大好き。房州やさんの印は誰にも負けていません。

投稿: auntkokko | 2010年6月24日 (木) 22時18分

房州やさんのコメントお返しって
お言葉が、神がかり的ですねえ。。。

つくづく、尊敬。。。

投稿: あうん | 2010年6月24日 (木) 22時46分

房州やさん。。。

私のブログで先日の小冊子の紹介をさせて
頂きました。

またまた事後承諾で申し訳ありません!
余りにも素敵でしたので、私のBlog仲間にも是非見て頂きたくて・・・。

悪しからずお許し下さい。

投稿: mokoママ | 2010年6月24日 (木) 23時39分

☆mokoママさん


一度このブログでも紹介しています
作ったものを見なおすことは
殆どないので
確かに作ったと再確認しています

投稿: 房州や | 2010年6月25日 (金) 13時01分

始めまして

南 正猛先生のことを詳しく教えていただけませんか?

私の一年生の時の担任の先生は南正猛先生でした

投稿: ちゃこ | 2017年2月26日 (日) 13時55分

sign02ちゃこさん

申し訳ありませんが
南正剛という陶芸家は知っていますが

南正猛さんのことは判りません

ひょっとしたら「ちゃこさん」は
このブログの管理者さんと知り合いかもしれませんね

http://blog.goo.ne.jp/three_cats

同じような質問をされたことがあります
一度、そちらで訪ねて見ては如何でしょう

投稿: 房州や | 2017年2月26日 (日) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 俳句・一茶・蛙 | トップページ | 印・工程・捺印彩色 »