« 六面・さくらんぼ | トップページ | 詩・みすゞ冊子(印)追記あり »

2010年5月11日 (火)

本:みすゞ&案内

少しずつ彫っていた

金子みすゞの詩を2冊の「はんこの本」にしました。

はんこの一部は一寸前に紹介しましたので、

今回は本になったところを披露いたしますご笑覧下さい。

1冊目は

   やろうと思っていた冊子が出来上がった後で

   ふと思いついた小さな冊子です

   名刺入れサイズor胸ポケットサイズなので

   どこへでもひょいと持っていけると思いますが

   小さすぎたかもしれません

001_4 001_5

   ↑ 小さな冊子です  表紙と内容をご覧下さい(90×64mm)洋風綴じ

      原寸大の「はんこ」のみです

      詩も前節のほうだけです。

2冊目は 

文庫本orハガキサイズなので

家で読むときや、旅行カバンに入れて旅先で読むことも

出来るでしょう。

001_6  

  

001_7

↑ 金子みすゞ冊子 (145×105mm) 和綴じ風にしてみました

  詩の全容を載せています。

   見開きの両方で一つの詩を観賞できるようにしています

   左側に「はんこ」の挿絵代わりの「はんこ」を

     (上部にはんこの拡大を 原寸大の「はんこ」を下部に配置しました)

   右側に「みすゞの詩」 という構成にしました

  

   小は64ページ   

   大は131ページ(目次付き)   

   これで完成です(とりあえず)

   載せた「はんこ」は次回、一覧でお見せするつもりです。

   楽しみに待って頂ければ幸いです

 

 *******************   予告or案内  *******************

 

明日から、「遊印展」が始まります

  12日      13:00~17:00

  13日~15日 10:00~17:00

  16日      10:00~14:00

19th1005_

     場所はタワーホール船堀 

     東京都美術館が工事休館のため開催場所が変わっています

Photo

タワーホール船堀へのアクセス

Photo_2

こんなものが出ているかもしれません(当日持込&展示なので内容は不定)

201005

          

・金子みすゞ詩集

・山頭火の旅

・108箇所遍路 等々   物語性を持たせて編集しました。

  14日(金)の午後と16日(日)=(最終日)には多分会場にいるでしょう

  お暇な人で興味を持たれた方は暇つぶしにどうぞ

     遊びに来てください。

|

« 六面・さくらんぼ | トップページ | 詩・みすゞ冊子(印)追記あり »

はんこの本」カテゴリの記事

コメント

いいですねえ~~
きっとたくさんの方が感動してご覧になることでしょう!!
私も出来ることなら実物を拝見したいですもの。
ご盛会をお祈りいたします。

投稿: 森のどんぐり屋 | 2010年5月11日 (火) 11時10分

book森のどんぐり屋さん

ありがとうございます
私は賑やかしのための出品なので
隅っこのほうにそっと置かれている
はずです。
いつもなら東京都美術館で開催される
のですが、改装工事中ということで
場所が変わっているようです

場所も作品も小さくて地味なので
殆どの人は通り過ぎていくんです
じっくり座ってご覧頂く方は
少ないんです

投稿: 房州や | 2010年5月11日 (火) 11時53分

一昨年、去年と伺いましたが、今年は行けそうもありません。
体調不良が続いていて、気弱になってます。
調子の良いときはなんでも出来そうな気がするのに、
あまり良くないと、「美人薄命」の4文字が頭をよぎります。

投稿: 峰猫 | 2010年5月11日 (火) 19時15分

おお! 遊印展ですか。
それはなにをさておいても、行かなくては。
期間中のいつ行けるかわかりませんが、
お忍びでこっそり見に行きます。
房州やさんは、胸にバラの花をつけておいて
ください。pig

投稿: 山豚火 | 2010年5月11日 (火) 19時22分

book峰猫さん


いつも来て頂いて
ありがとうございます

体調不良が長く続いていますね
お大事にとしか言えないのが
残念です。
美味しいもの食べて
家でも外でも好きなことをして
家事も愛する家族に分担して貰って
これだと
太ってしまうか  う~ん!
それもしょうがないか

見違えるほど太った
峰猫さんと会える日を
楽しみにしています

投稿: 房州や | 2010年5月11日 (火) 20時01分

book山豚火さん


その道のプロ(どの道の)に
来ていただけるとは有難いものです
忙しそうなので
無理することはいけませんよ

毎度毎度変わり映えしないもので
申し訳ないと思うものばかりです

あれこれ注文をつけてください


投稿: 房州や | 2010年5月11日 (火) 20時05分

うううーん
ウナサレル

伺えないようーですcrying
えーんえーん
ぐわーんcrying
もちっと
もちっと
長く。。。会期を。。。

投稿: あうん | 2010年5月11日 (火) 23時46分

bookあうんさん


すくなくとも、わたしのものは
ブログで大半は紹介してますから
無理することはありません


また来年ありますから

投稿: 房州や | 2010年5月12日 (水) 08時49分

そういえば去年は最終日にのんびり見に出かけたら、
もう会場の片づけが始まっていてあたふたしたような
記憶が。今年はちゃんと開場時間を確認して出かけ
ますのでよろしく。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2010年5月12日 (水) 20時15分

book埼玉の酔仙さん

 
最終日の終わりの時間は
早いですよ
バタバタしないように

投稿: 房州や | 2010年5月12日 (水) 21時03分

あいたたた、12日からですか~?
11日なら東京まで行っていたのにな~

汐留でルオー展を見て、陶芸やってる友人が
新国立美術館でルーシー・リー展を
やってるので見ようなどと言うので行ったのでありました。
すると新国立は火曜日が定休なのでありました。
何でここだけ火曜なのよ?
それも地下鉄の改札で休館案内見て……ガクッ!

日曜までですか~う~む
なんとか行けるかなぁ。行けなかったらごめんなさい。

投稿: 章魚庵 | 2010年5月13日 (木) 08時55分

book章魚庵さん


東京で芸術三昧でしたか

家から約2時間かかるのです
船堀とやらに行くのに
それでも
今回の私の唯一の楽しみは
本八幡で乗り換えることにあります
駅の近くに書道用具店があるので
覘いてみようと思っています

投稿: 房州や | 2010年5月13日 (木) 09時35分

ご無沙汰致しております。m(_ _)m
「日本遊印アート協会」なるものが在るのですね。
初めて知りました。
近くだったら観に行きたいのですが・・・。
なかなか時間が持てません。

金子みすゞの詩、好きですね。
詩集やCDを買い込んで、読んだり朗読を聞いたりしています。

私の好きな詩です。

「大漁」

朝焼小焼だ
大漁だ
大羽鰮(オホハイワシ)の大漁だ。

濱は祭りのやうだけど
海のなかでは
何萬の
鰮のとむらひ
するだらう。

房州やさんの作品に加えて頂けたら好いなぁ~。

投稿: OZIO | 2010年5月13日 (木) 14時12分

book OZIO さん

こちらこそご無沙汰してます

「大漁」は彫ってますよ
4番目の詩として 8~9ページに
載せました。

有名な詩では「星とたんぽぽ」も
入ってます。

次回(明日)は、はんこだけをまとめて
紹介しますので、想像力を最大に
働かせて下さい。

投稿: 房州や | 2010年5月13日 (木) 14時33分

こんにちは。
素晴らしいですね~♪ (*^。^*)
実際に目で見ると、感動も大きいですもんね♪
私も近かったら行きたいですが・・・ ちょいと遠いです。
房州やさんと、遠めに こっそりお会いできたかもしれないのに・・・
残念ですぅ。(*^^)

投稿: 月うさぎ | 2010年5月13日 (木) 15時20分

book月うさぎさん


そうなんです
遠いんです
出かけるのが一仕事です
私たちの展示は
ひっそりとして目立ちません
それに比べ周りの作品の
大きさも派手さも
それはそれは
凄いんです
ですから
会場に来て
探すより
ブログで
見るほうが
楽です


投稿: 房州や | 2010年5月13日 (木) 15時36分

こっそり隅っこに展示なら

そおぅっと 胸ポケットに 忍ばせて

連れて帰ることが 出来たのに

明智君

明日は 会場に おいでのようだが

七色仮面は 参上できないんです

隠れ場所が とっても

遠いんです(あっ、うつってしまいました)

豆本にいたく興味を覚えてます。

投稿: 七海 | 2010年5月13日 (木) 19時32分

book七海さん

派手な七色仮面では目立ってしょうがない
キャッツアイの格好で来て欲しいです
そうすれば何を盗まれても
許しちゃいます
明日は柱の影から見張ってます


豆も豆でないほうも
内容的にはそんなに
違いはないのですが
作るのは豆本の方が
はるかに楽です

投稿: 房州や | 2010年5月13日 (木) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 六面・さくらんぼ | トップページ | 詩・みすゞ冊子(印)追記あり »