« 文字・一月三舟 | トップページ | 六面:緑風頬吹 »

2010年5月29日 (土)

本・遊印・ヒマラヤ

なんとか 5月中にと思い

急いで、はんこを並べなおし

はんこの下に、あわてて、よく考えないままに言葉を書き、

ヒマラヤ・トレッキングを題材に「はんこの本」を作りました。

しかも4冊もです。

↓ まずは表紙はこんなです。

   ヒマラヤのシンボルとも言うべき山を持ってきました

201005

↓内容の一部を見開きでご覧下さい。

 いつものように、下方に原寸大で、上方に拡大を置き

 見たことや感じたことを数行だけ書きました。

2010050910

もうひとつ

2010052122 

後で、ゆっくりと見直して、

はんこの順番や言葉を変えていこうかと考えています、

1ページに2個の印を1ページに1個にしたほうが良かったとか

この文章を見直したほうが良いだろうとか、

いろいろと、気になることが沢山あります。

出来た時はいつも思うのですが、

やったことがないのは何故

今度こそは 今度こそはと思ってはいます、いつも

|

« 文字・一月三舟 | トップページ | 六面:緑風頬吹 »

はんこの本」カテゴリの記事

コメント

これをじっくり見るには
どうしたらいいんです?

4冊しかないのですから
手土産もって房州やさんの
アトリエに行って、見せて
もらうしかありませんか?

iPadでも見られませんか?
     
     pig

投稿: 山豚火 | 2010年5月29日 (土) 10時11分

A6版ですね?
いいですね~

実際に行って
見て、感じたことが

つづられてるのだから
これは、本物です。

ほんと、iPadで
見て見たい……

無いけど……。(^-^;

投稿: 章魚庵 | 2010年5月30日 (日) 10時55分

房州やさん、どこかへお出かけですか?
もしかして、山豚火さんと、手に手を取って
愛の逃避行?

投稿: 峰猫 | 2010年5月31日 (月) 15時54分

ほんと、お留守みたい。
今がチャンスなので、勝手なことをほざいときましょ。
ただ、ご自分が思われても行動につながらないそうだから、砂文字みたいなものですけど。

冊子についてふと思ったのは___。
原点は判子なので、まず原寸確認をしてから
拡大図を拝見したいなと。
でも、ページ数ばかりが増えて労力過多になるでしょうね。

一ページにポツンとある判子の絵。
空白が似合うと感じてます。

投稿: 七海 | 2010年5月31日 (月) 17時57分

book山豚火さん


そうか 「ipad」 ねー
そういえば
山豚火さんは 林檎派でしたね
芸術系の人は Macが使いやすいと
聞きますね
もう、予約を入れたのじゃないですか
今度、見せてください

投稿: 房州や | 2010年6月 1日 (火) 17時44分

book章魚庵さん


サイズは丁度文庫本ですから
持ち運びには便利なサイズです
大概は作りっぱなしで
何度も繰り返し見ることは
少ないですね

章魚庵さんも Macでは
なかったですか?

投稿: 房州や | 2010年6月 1日 (火) 17時47分

book峰猫さん


えっ!
山豚火さんは
又、お出かけですか?
最近怪しいですね
峰猫さんと一緒じゃなかったのですね

峰猫さんは
真似して
誰かと何処かへ
出かけるのではありませんか

投稿: 房州や | 2010年6月 1日 (火) 17時50分

book七海さん


原寸大の「はんこ」は小さくて
大変見にくいそうです。
小さいままのほうが
作るのに楽なのですが
私がもう少し歳を取って
メガネを探さなくても
見えるようにと
拡大限度まで大きくしました

七海さんは
虫眼鏡が必需品ですか?

投稿: 房州や | 2010年6月 1日 (火) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文字・一月三舟 | トップページ | 六面:緑風頬吹 »