« 詩・みすゞ冊子(印)追記あり | トップページ | 旅:ヒマラヤ・全はんこ »

2010年5月17日 (月)

月一スケッチ展(7)

38   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

39   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

    

  

  

 

40   

  

   

  

  

  

  

  

 

パキスタンの世界遺産タフティバイ遺跡風景でした  

スケッチブックではなく旅のメモ帳に描いています

(maruman S163 ほぼハガキ大)

不思議なことに、このスケッチをみると

近くの水路で子供たちが楽しく水遊びをしていた

声が姿が思い出されます

同じように、ペシャワルの博物館でも、お金を握らせば目を

瞑ってくれるおじさんや、外でアイスクリームを食べていた

女子高生の笑顔を最初に思い出します

(展示品も少しは覚えているのですが)

私にとっての旅の想い出は

風景や文化よりも雑踏や人や、その笑顔なのかも

しれません

パキスタンのスケッチはこれで終わります

次回はどこの国かは未定です

  

********** お礼 **********

 昨日、「遊印展」が終わりましたので、

  展示品を片付けに行って来ました

 前日は帰りに「本八幡」で印材まで買ってしまい、重い荷物になりました。

 そして、昨日は展示品を背中にして、再び重い荷物になりました

 

 予告に騙されて、見に来られた方いかがでしたか。

 がっかりはしませんでしたか

 おかげさまで、追加で持っていったカードもなくなってしまいました

 来年も多分同じ場所だと思いますがまたお知らせいたします

 これに懲りずにまた来てください

 来年はもっと良くなっているはずです

 誰にでも出来そうな遊びではありませんでしたか?

 やってみようかなと思ったりしていませんか?

|

« 詩・みすゞ冊子(印)追記あり | トップページ | 旅:ヒマラヤ・全はんこ »

旅のスケッチ(海外)」カテゴリの記事

コメント

「なんにでも描いてやろう!」ですね。
メモ帳に描いても、ダイナミックな
遺跡風景が迫ってきます。

遊印展はお疲れさまでした。
房州やさんにほの字の素敵なおばさまは
彩玉ボードの作品を作られた、本田さんです。

来年はぜひ房州やさんの実演をお願いしますpig


投稿: 山豚火 | 2010年5月17日 (月) 11時30分

happy02っと

少々乱暴な始まりで申し訳ございません!
「あうんだ!」
です。。。
(章魚庵師匠風にbleah師匠!失礼!)

展覧会では、ご来場者の方も、癒され、大満足でいらしたことでしょうね~。

来年は
伺いますよ~!
「会うんだ!」
は、あうんの心の決意の声です!

スケッチ
人影は書かれていらっしゃいませんが、いつもながら、人のあたたかみと息遣いを感じさせてる、3D映像のようです。
ありがとうございます。

パキスタン
これまた、現況、なかなか行けないところです。
いつ頃行かれてたのですか?
昔、SF小説で、今と未来は時空が違うだけで一緒に過ぎているというお話がありましたが、房州やさんのスケッチは、ほんとうに、その感じなのです~。

投稿: 会うんだ! | 2010年5月17日 (月) 12時32分

art山豚火さん

>メモ帳

  このクローッキー帳の紙は
  筆ペンでも、万年筆でも
  水彩で描いても発色がわりと
  良いので、旅のメモ帳として
  重宝してます

>来年はぜひ

  人前ではちょっとね

  それより、山豚火さんの
  個展をやりましょう
  江戸の百人、下町の百軒展
  


投稿: 房州や | 2010年5月17日 (月) 15時42分

art会うんだ! さん

会うんだ!会うんだ!会えるんだ!


来年もどうやら同じ場所のようです
期間も短いし、広さも狭いので
東京都美術館よりも出展量がすくなく
見やすくなっています

わざわざ遠くて不便なところまで
出かけなくても
もう2年後には東京に戻ってきますよ

投稿: 房州や | 2010年5月17日 (月) 15時48分

昨日、TVでエベレスト街道やってました。
おー房州やさんはこんなところへ行ったのか~と妙に感情移入して見てしまいました。
エベレストと言ってましたね~「サガルマータ街道」では分からないのでエベレストと
言ってるんでしょうが……
ずいぶん山歩きから遠ざかっているのでなんだか懐かしい感じがしました。

投稿: 章魚庵 | 2010年5月18日 (火) 10時17分

art章魚庵さん


そのtv見逃しました。
きっと、ああだこうだ言いながら
見たでしょうね

意外と楽そうに見えませんでしたか?
私も実際に行くまでは
きっと厳しいところを歩くんだろうなと
思っていました
でも、そうでもありません
空気が薄いことを除けば

(飛行機でお菓子の袋が
 パンパンに膨れますが
 ヒマラヤでもパンパンに膨れます)

久しぶりに、章魚庵さんも
ヒマラヤに行ってみませんか?
カラコルムのK2が
もっと良いと聞きました
どうぞ行って話しを聞かせて下さい


投稿: 房州や | 2010年5月18日 (火) 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 詩・みすゞ冊子(印)追記あり | トップページ | 旅:ヒマラヤ・全はんこ »