« 旅:ヒマラヤ・山の写真2 | トップページ | 旅・ヒマラヤ・スケッチ1 »

2010年4月26日 (月)

旅:ヒマラヤ・カトマンズ

カトマンズでは殆ど見ることが出来ないものを

見る機会がありました。(それは最後に出てきます)

  

ヒマラヤの山の中から、カトマンズに帰ってきた日は

十ウン日ぶりの風呂に入ることが出来ました。

髪の毛を何度も何度も洗い、

体を何度も何度も洗い、さっぱりして、昼食を食べ

軽く昼間からビールを飲み

(お風呂のお湯がはっきりと汚れているのがわかります)

その後、軽くなった体で町へ出かけました

 

201003_12 

↑ボダナート・ストゥーパ:カトマンズの東にある、ネパール最大の

 ストゥーパです、この周りには土産店がたくさんあり、

 地元の人や観光客で大層賑わっています

 ホテルの前からタクシーに乗り雑踏の中を走りぬけ

 (往復と待ちを含んで1000ルピー)

 中に入ってぶらぶら、周囲をぶらぶら、お土産屋を

 のぞいて回ったり、座って人の行きかう様をみてのんびりと

 仏塔周辺を楽しみました

2010103   

↑ スワンブヤナート:丘の上にある寺院です、別名モンキーテンプルと

  呼ばれます、ここにはいろんな仏塔が立ち並んでいます

  小高い丘にあるので、カトマンズの町が一望できます

  是非行ってみてください。

  

201003_13

 ↑ダルマール広場では丁度お祭りで、ブンガ・デォの山車が大勢の人に

  引かれていました。

201003_14

201003_15

 ハイライトは最後にやってきました

 「クマリの館」を見学に行ったところ、丁度その日はクマリが

 外に出てくるとのことでした。

 通常は写真を撮ることさえ出来ないのですが

 今日はお祭りなので、輿に乗って回るから、

 その写真なら撮ってもかまわないと係りの人が言うのです

2010103_2

↑輿に乗ったクマリです (ロイヤルクマリ)大変興奮したひと時でした

 いろんな制約があり、選抜された少女は

 3歳位から初潮があるまでの期間をクマリとして過ごすそうです

 どうです、可愛いでしょう

 

 この後、紅茶の店に寄ったり、本屋に寄ったりしながらホテルに帰りました。

C001_2  雑なはんこですが、仏塔です

          タウチェがはためいています

  

  

<<思いつくままに>>

1)カトマンズの街中は、車・バイク・人がひしめき合っています

  警笛は四六時中鳴らされ、なれないと道路も横断できません

  小さな事故は多いそうですがスピードを出していないので

  何人死亡なんてことはありません。

  カトマンズでは計画停電が12時間あるそうです(3月現在)

  もともと交通信号が少ないうえに停電のため使えませんので

  交差点には警察官が手で交通整理をしています

  勿論マスクをして埃にまみれて

2)道路横断の方法、車の少ないときを狙い車にはねられない様に注意して渡るだけ

  大丈夫です、スピードはたいしてでていませんから( 多分 )

3)信仰深い国で、町のそこかしこに寺院があり、多くのお参りする

  姿を見ることが出来ます

4)埃と排気ガスの中で朝早くから人々は活動を始めます

  バザールは大層賑わっています、外国の人も多く安い宿のある地域では

  20~30ルピーで一泊できます

  バックパッカーの姿をよく見かけます

5)サガルマータ(エベレスト)と何度も書いています

  ネパール語でサガルマータ、英語でエベレスト(測量技師の名)、中国語でチョモランマなので

  独立国ネパールに敬意を表してあえてサガルマータを使いました

 

さて次回からは「スケッチ」で山の雰囲気を味わってください・・・・・3日後です 

   

|

« 旅:ヒマラヤ・山の写真2 | トップページ | 旅・ヒマラヤ・スケッチ1 »

旅のおまけ」カテゴリの記事

コメント

そうそう、このゴチャゴチャ感
たまりませんね~

ヒマラヤの壮大な景色も良いけれど
このゴチャゴチャ感がなぜか懐かしい。

クマリのことを昔テレビでやってましたねぇたしか?

投稿: 章魚庵 | 2010年4月26日 (月) 11時12分

いよいよ佳境に…
スケッチも楽しみ

飯山のお祭りは
こんなに賑やかなのだろうか?

投稿: 空海望 | 2010年4月26日 (月) 12時21分

写真を撮るのは好きじゃない、と言っている
割にはいい写真ばかりですね。

ヒマラヤは写真で見るだけで、十分です。
こんなところに登るなんて、想像しただけで
恐ろしい。
先日、高尾山に登って両足の小指に大きなマメが
出来て、沖縄にいる間痛くて困りました。

カトマンズの寺院や山車やバザールを歩くのは
楽しそう。ここなら排気ガスも我慢して行ってみたいところです。
クリマというのは女の生き神様のようなものですか?pig

投稿: 山豚火 | 2010年4月26日 (月) 15時10分

carbusbicyclerunhorsepig
 
章魚庵さん

    中央アジア・北アフリカ・パキスタン・イラン・トルコetcetcetc
みんな埃っぽくてごちゃごちゃして大好物です。 活気がある人ごみ、埃っぽいバザール、排気ガスむんむんの道路これを楽しまない手はありません

 
空海望さん

    飯山は静かに盛り上がっているのではと、密かに思っております。大成功のようでよかったですねえ、早く行ける時期が来たら良いのですが、空海望さんも体調を整えておかなければ


山豚火さん

    クマリはチベット仏教の生神様の
ようなものです、信仰の対象で尊敬されているようです。   
とても可愛い子でした
(子供のころの楽しい思い出は出来ないだろうと思ったのは私だけではないでしょう)

     

投稿: 房州や | 2010年4月26日 (月) 17時56分

ストゥーパ・レディ(卒塔婆小町)が夜な夜な現れそうですね。

クマリちゃん、可愛いです。
普通の子どもの体験が出来ないマイナス面と、
普通の子どもには出来ない体験ができるプラス面と、
どっちが大きいかは、本人の捉え方次第だろうけど、
クマリを辞めた後の生活も気になります。

投稿: 峰猫 | 2010年4月27日 (火) 13時24分

カトマンズでの歓待は、とにかく踊って呑んで・・・だった印象しか残ってません。

踊るのが好きだから、すぐ輪の中に入れましたし、呑むほうもそれなりに。

タンクにいれたお酒を空き缶のような入れ物でぐびぐびやってました。
ただ、もう少し高級そうなお酒をお土産に買って帰ったら、「ガソリンか?」と不評でした。誰かが、火を付けたら燃えました。

気候のせいでしょうか。
よく平気で呑んでいたものです。

投稿: 七海 | 2010年4月27日 (火) 14時43分

virgo峰猫さん

 
昔のクマリは完全に世間から
隔離されていて、戻ったときに
普通の生活に戻れなかったそうですが
現代のクマリはクマリの館からは外に
出ることは出来ませんが
同年代の子らと話をすることが
出来るそうです。

峰猫さんがクマリだったら
考えないことにします

投稿: 房州や | 2010年4月27日 (火) 17時27分

virgo七海さん


歓待に継ぐ歓待で
毎日酔っ払っていた様子が
よくわかります
「どぶろく」を飲み
米の「焼酎」を飲み
「ビール」を飲んで
〇〇タルカリを食べていたんですね

この焼酎が結構強いのです
火をつければ蒼い炎で燃えます
悪酔いはしないので
踊っても大丈夫です

「レッサムピリリ」を唄い
「焼酎」を飲み
踊ったのは、一月前のことでした

投稿: 房州や | 2010年4月27日 (火) 17時33分

少し前に、某出版社のPR誌で、クマリの歴史的起源や系譜に
ついての詳しいレポートが連載されていたのを読みました。
とても興味深かったです。房州やさんが現地で実際に見聞された
のがうらやましいです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2010年4月28日 (水) 17時05分

virgo埼玉の酔仙さん
 
 
今年の運は「クマリ」で全部使いました。
3歳位の可愛い女の子です
 
残り8ヶ月が無事で過ごせますように
そうそうJEFがJ1に戻れますように
運を使い果たしたのに
煩悩がつぎから次へ

投稿: 房州や | 2010年4月28日 (水) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 旅:ヒマラヤ・山の写真2 | トップページ | 旅・ヒマラヤ・スケッチ1 »