« 雑記・古いもの | トップページ | 良寛・相聞・烏 »

2010年3月 6日 (土)

地蔵・四季

久しぶりに彫った四体のお地蔵さんたちです

   

久しぶりなので、題材を四季として

一年分を彫った気になっています

ちょっとどこかで見たような「お地蔵さん」です。

そうです「会津の斉藤清」風にしてみました

324c2010 325c2010 326c2010 327c2010   

 桜舞散る    雨に濡れ     木葉降る    風花舞う

 春夏秋冬、黙って道端に立って、祈っています。 

 お地蔵さんを彫った

↓勢いで、ついつい、こんなものまで作って遊んでみました

晴れた日に房総から東京湾の向こうに、くっきりと見える富士山です。 

C2010 C2010_2 C2010_3 C2010_4

春・桜色富士  夏・雲湧富士  秋・夕焼富士 冬・白雪富士 

上のお地蔵さんと一緒に富士山も彫りましたが

六地蔵の四季も楽しみましたが

こんなことも面倒ですが面白いですね

かなり色で誤魔化したところがありますが

(春色・夏色・秋色・冬色)

同じ題材を季節を変えてみるのも面白いものではありませんか

同じはんこに色だけで四季をあらわすのも出来るかもしれませんね

 

size  15×15mm 青田石

水彩絵の具で彩色

|

« 雑記・古いもの | トップページ | 良寛・相聞・烏 »

遊び印(お地蔵さん)」カテゴリの記事

コメント

バストショットのお地蔵さんは
房州や作品では珍しいのでは?
版画家の斉藤清風、感じがよく
でています。

K市からはこんな富士山が
見られるのですか。よいところに
お住まいで・・・
相変わらず彩色がいいですねpig

投稿: 山豚火 | 2010年3月 6日 (土) 08時02分

fuji山豚火さん

お地蔵さんのはんこは 
かなりマンネリ化しているので
雰囲気を真似してみましたが
斉藤清さんの雪の風景は
面が多く線彫りでは難しく
お地蔵さんで真似してみました
すべては真似から始まると
自分自身に言い聞かせて
 
時々やってみよう
真似ることを学ぶことを

投稿: 房州や | 2010年3月 6日 (土) 10時14分

お地蔵様

四季の景色がお洋服みたいですね~。
近所のお地蔵様は、いつも季節にあったお洋服を着ていて、あうんのお気に入りは、
夏の浴衣とクリスマスの緑と赤の毛糸のケープです。

富士山は、心のよりどころです。
房州やさんのお住まいからは、くっきりとすそ野まで見えるのですね~。

あうんは、静岡の三島に住んでいたことがあります。
もともと大好きな富士山ですが、三島から見ると大きくて、近くて。
初めは、噴火したら死ぬな~、コワ!って思っていましたが、暫くすると、噴火してもいいわ!と思うほど、富士山が大好きになりました。極端!美味しいお水と、富士山から発する赤外線で、いつも癒してくれました。

房州やさんのはんこさんを拝見していましたら、そんなことも思いだしました。

投稿: あうん | 2010年3月 7日 (日) 02時21分

fujiあうんさん


家から見えない富士山を見るには
1)表通りの郵便局の角
2)川を渡った畑の道
3)岬の先
4)海岸沿いの道なので
残念ながら裾野までは見えません
ので、裾野は想像の世界です
静岡の人は静岡の富士が一番だと言い
山梨の人は山梨の富士が一番だと言う
その気持ち解るような富士山です

投稿: 房州や | 2010年3月 7日 (日) 07時18分

房州やさんのお住まいはK市なのですか?
って、どこらへんなんだろう・・・。

にゃんこは川口湖から見た、裾野の優雅な富士山がお気に入りかなぁ!

投稿: にゃんこ | 2010年3月 7日 (日) 22時21分

fujiにゃんこさん

>優雅な富士山がお気に入りかなぁ

  河口湖からの富士山が
  お気に入りですか
  房州やは
  毎年夏になると、本栖湖に
  キャンプに行ってました
  対岸から見る逆さ富士は
  見事なものです
  精進湖の富士も
  田貫湖の富士も
  山中湖の富士も
  みんな良いです
  富士山好きの房州やです

投稿: 房州や | 2010年3月 8日 (月) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑記・古いもの | トップページ | 良寛・相聞・烏 »