« 行乞僧・桜花 | トップページ | 文字・文字遊び »

2010年3月30日 (火)

良寛・春雨

お久しぶりです

ところで 

良寛さんのこんな俳句知ってますか?

 

105c2010

「春雨や友をたづぬる思ひあり」   良寛句 

   暖かな雨が降っているのをみると

   誰かに逢いたくなりませんか?

   誰かに電話でもしようと思いませんか?

Z117c2010

   

おまけ

昔々に彫ったはんこです

A226  198c2010

「天上大風」と「風」・・・雰囲気だけでもと思って彫ったのだと思いますが

なかなかうまくいかないものですね

  

C2010  ←良寛堂は海の傍

 

良寛さんの故郷にも春がそこまで来ているのでしょうか

(章魚庵さん、これが上手く出来なかった「良寛堂」です)

(中を開けて、仏さんを安置したほうがよかったでしょうか)

 

<ごあいさつ>  

しばらく休んでいましたが、元気に戻ってきました。

愚ブログには休み中にもかかわらず大勢の人の

訪問を頂きありがとうございました。

「山豚火さん」「七海さん」「峰猫さん」「ひろみママさん」「留守番役さん」

「まゆまゆさん」「あうんさん」にはコメントまで頂き

どうもありがとうございました。

   

休みの間には、

1)ゆっくりとこれから短期中期長期計画を考えるため

2)一度で良いから世界の屋根を見てみたいとの思いを叶える為

ヒマラヤのトレッキングに行ってきました。

成田→バンコク→カトマンズ→ルクラと飛行機で飛び

約3000mの高度から歩き始め

4000m地点と5000m地点と徐々に高度順応しながら

5000mちょっとの地点まで歩いてきました。

酸素の薄い中・気圧の低い中で 「フウフウ」 「ハアハア」させながら

ほんとに少々の写真を撮り、少々のスケッチをしてきましたので

いずれ報告したいと思いますのでしばらくお待ち下さい。

本日より元気になっての再登場のご挨拶でした。

また遊びに来てください。

|

« 行乞僧・桜花 | トップページ | 文字・文字遊び »

遊び印(良寛さん)」カテゴリの記事

コメント

ヒェ~ヒマラヤへ行ってましたか?
考えるだけでフーフー言ってしまうなぁ
土産話楽しみにしてます。

これが本物の良寛堂ですね?

投稿: 章魚庵 | 2010年3月30日 (火) 10時12分

cherryblossom章魚庵さん

 
そうなんです
なんの気の迷いか
行ってしまったのです
世界の屋根ヒマラヤへ
あこがれのエベレストを
真近に見ることが出来ました
感激ものでした
それに比べれば
良寛堂なんて
どうでも・・・・・

投稿: 房州や | 2010年3月30日 (火) 12時13分

おお〜!
ヒマラヤ登山! 恐ろしいところに
登ってきましたね。5.000メートルですか。
ワタシは高いところは苦手です。
高尾山すら登ったことがありません。
房州やさんをますます尊敬してしまいます。

やっぱり、昨日、一昨日の寒気は房州やさんが
連れてきたのですね。pig

投稿: 山豚火 | 2010年3月30日 (火) 15時07分

cherryblossom山豚火さん

高いところは別に怖いところではありません
ただ寝ているときに息苦しくなるだけです
居る場所が高いので6000m級も
7000m級も8000m級も
そんなに高く感じませんので
高所恐怖症の人でも安心です。
 
ヒマラヤの昼間は暖かくて
成田に下りてビックリしました
寒さを持ってきたのは私では
ありませんよ

投稿: 房州や | 2010年3月30日 (火) 17時33分

ひゃ~、ヒマラヤですか。(゚0゚)
千葉からヒマラヤへ。

どこかへふらりと、どころではありませんね。
でも、ヒマラヤのどんなところか
どんな人たちが暮らしているのか
今から報告が楽しみです。
わくわくしています。

投稿: ひろみママ | 2010年3月30日 (火) 21時40分

cherryblossomひろみママさん

同じアジアの国ですから
そんなに遠くはありません
時差にして3.25時間ですから
初めは高山ということで
素人には無理だと思ってしり込みしていたのですが、そんな心配は無用でした
親切な人が多い国という感じを
強く持ちました

投稿: 房州や | 2010年3月30日 (火) 22時36分

ヒマラヤでしたか?

むかあ~し、ポカラで見たアンナプルナは見事でした。
写真を探してみましたが、山より人物が主役の写真ばっかり。
価値が分からなかったのでしょう。

飛行機で間近に見たはずのヒマラヤも、写真がありません。
多分、乗り物に弱いので、静かにしていたのでしょう。

だから、新鮮な報告を待っております。

投稿: 七海 | 2010年3月31日 (水) 16時36分

cherryblossom七海さん


アンナプルナからのヒマラヤは
すばらしいそうです。
アンナプルナ・マチャプチャレ・ダウラギリ等々
七海さんはいい所へ行きましたね
 
「ふぅふぅ」「はぁはぁ」で
歩くことに集中しながらのトレッキング
写真もスケッチも少ない旅でした

二度と行きたくないような
二度目も行きたいような
不思議な場所です

投稿: 房州や | 2010年3月31日 (水) 17時08分

どこへいらしたかと思えば、なんとヒマラヤでしたか!
謎のびっくりマンですね~。房州やさんて。

せいぜいヒラヤマにしか登れそうもない私には、驚く他ありません。

御無事の御帰還、ようございました。happy01

投稿: 峰猫 | 2010年3月31日 (水) 21時13分

ヒマラヤほどの消しゴムひとつ
楽しい事をたくさんしたいnote
なんて楽しい歌がありますが、あこがれのお山へ行かれてたんですね。
房州やさん、お帰りなさいです♪
羨ましいです♪ happy01
また宜しくお願いしますね~

投稿: 月うさぎ | 2010年3月31日 (水) 22時06分

cherryblossom峰猫さん

ヒマラヤ良いとこ一度はおいで
お風呂はないけど山がある
車はないけど脚がある
酸素は少なく気圧は低い
ああこりゃこりゃ

会う人会う人みな人は良いです
ヒラヤマと言わず是非ヒマラヤへ
 
 
cherryblossom月うさぎさん

世界の屋根に会うために
たくさん歩きました
距離は短いのですが
登ったり下ったり
おかげで
6000m7000m8000m級の
山々をたくさん見ることが出来ました
富士山を楽に登れそうな気さえ
してしまいそうな
自信が怖い

投稿: 房州や | 2010年3月31日 (水) 22時58分

ひ~え~!
やっぱり驚く、私も驚く。

友をたづねて・・・って、良寛さまに会いにきてたのかしら、私が御案内するのに、
なんて思っていたら、ヒマラヤですって!

もう一度、ふぇ~~!

私は先日、運動不足を何とかしようとサティの階段を三階まで昇ったら、ゼーゼーしました。
駄目だこりゃ・・・です。

投稿: 柳女 | 2010年4月 1日 (木) 01時37分

cherryblossom柳女さん


「良寛堂荒海を背に柳女立つ」

 一度尋ねて見たけれど
 出雲崎は遠しです

ヒマラヤは驚く所ではありません
その辺を通る人の顔は
近所のどこかで見たような
おじさんおばさんねえさんにいさんの顔
焼酎はあるし
田舎に帰ったようなもんです

行く気になれば
誰でも行ける(ある程度までは)
 
鴨の横切っていない顔を
拝見したいものです

投稿: 房州や | 2010年4月 1日 (木) 12時39分

ヒマラヤから、お帰りなさい。
昔登った富士山や北岳にもう一度行きたいと
思っている程度の酔仙には、5,000mとは
驚異です。でも焼酎があるのなら行ってみて
もいいかな。ウィッ。
報告楽しみに待ってます。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2010年4月 3日 (土) 22時45分

cherryblossom埼玉の酔仙さん
 
 
日ごろ日本アルプスも富士山も
百名山にもまったく縁のない
私がふとした気の迷いで
行ってしまっただけなので
特に8000m級を見たからといって
聞いたこともない山の名を知ったからといって、感激するものではありません
驚いたのは、大きな山塊です
そそり立つ大きな壁のような山々です
雪もよせつけない鋭い岸壁でした
山好きの酔仙も是非一度行って見て下さい

投稿: 房州や | 2010年4月 4日 (日) 16時02分

今日・・お初です。
なんとも温かくなるようなやさしいブログに遭遇できましこと嬉しくなりました。
お気に入りに当然です!

投稿: うめ婆 | 2010年4月15日 (木) 19時29分

cherryblossomうめ婆さん
 
 
ようこそいらっしゃい
大したものはありませんが
コメントを頂く皆さんは
優しい人ばかりです
また気軽に遊びに来て
コメントを残して行って下さい

私も少々の期限切れは気にしません
夏場は匂いを嗅いだりしますが
 
これからもよろしく

投稿: 房州や | 2010年4月15日 (木) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 行乞僧・桜花 | トップページ | 文字・文字遊び »