« 詩・みすゞ03 | トップページ | 行乞僧・木魚 »

2010年2月13日 (土)

月一スケッチ展(4)

 今回はパキスタンのフンザ地方です

  ↓ フンザの入り口の村、春には杏の花が咲き乱れ

    美しいところだそうです、私が訪れた時は、花は散っていました

    (5月の連休の頃です)

09   

  

  

  

  

  

  

  

   

  

 

 ↑ フンザのホテルの部屋より、後ろにあるはずの

   レディフィンガーやウルタルⅠ峰Ⅱ峰は雲に隠されて

   見えません。

 

10   

  

  

  

  

  

  

  

   

   ↑ 一番目のスケッチの左側の山です 

     尖った岩山が続いています

  12      

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  ↑ ホテルのテラスから遠い山を見たところです 

     雪を被った高い山が見えます

     翌日、マイクロバスに乗って、フンザの奥へ向かいました

13   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

    ↑  下流の山も真っ白な山 5000m超だそうです

       名前は多分ノーネームです

  今日のスケッチはフンザのホテルから動かずに

  (自分の部屋・テラス・喫茶室等から)

  ぐるりと周りの風景を描いてみました

  ホテルの周囲に見える山は5000m超の山々です

  4000m5000m級の山の名を尋ねても

  「ノーネームピーク(無名峰)」と答えるだけです

   「あんなものは山には入らない」そうです

  かなり高いと思える山に、村の学校の生徒たちは

  ハイキングに行くそうです。

  ・学校にも行きましたよ    朝会や授業も見学しました

  ・すぐ近くに氷河があります・・・名前は忘れましたが

        そこには杏の花が咲いていました、写真には撮ったのですが

        スケッチはしませんでした

 

 

次回のスケッチ展は、フンザの奥でのスケッチにしましょうか

|

« 詩・みすゞ03 | トップページ | 行乞僧・木魚 »

旅のスケッチ(海外)」カテゴリの記事

コメント

緑がつつましい風景も
また いいものですね!

どんな食べ物があるのだろう?
あんずのほかのくだものは?

投稿: 空海望 | 2010年2月13日 (土) 16時07分

cherry空海望さん

フンザは長寿の国なんです
90歳以上の人が大勢働いていました

果物が多くて
あんず・もも・りんご
さくらんぼ・くわの実
いちじく・ベリー類
それに
蜂蜜・杏の油等々自然のものを
あまり加工しないで食べています


そうそうお酒は正式には
飲めませんが
儀式用に桑の実の酒を作っていました 

投稿: 房州や | 2010年2月13日 (土) 16時53分

旅をしながらこれだけのスケッチを
残せるのは、平山郁夫か房州やさんくらい。

わたしも以前は絵の仲間と旅行をしましたが
だれ一人、スケッチブックを持ってきた人は
いませんでした。

房州やさんは、とてもエライ人です。pig

投稿: 山豚火 | 2010年2月13日 (土) 19時30分

cherry山豚火さん


平山郁夫さんは亡くなりました
次は房州やなのでしょうか?
偉くないので長生きしそうで
困っています。
 
スケッチブックは暇つぶし用なんです
ホテルで、食事を待つ間
観光地で、バスを待つ間
食堂で、注文したものが出てくる間
そんな合間合間に描いてます
色は洗濯が終わって寝る前にやってます

投稿: 房州や | 2010年2月13日 (土) 20時22分

こんばんは!

パキスタンって、寒い国ですか?
とんちんかん

高い峰々に囲まれて
果物も豊富で

なんだか、天国みたいなところですね~。

山影と雪景色と緑と
調和がとれて、柔らかな線
本当に素敵なスケッチですね!

投稿: あうん | 2010年2月13日 (土) 22時33分

cherryあうんさん

そうなんです
フンザは天国みたいなところです
春には杏のピンク色の花が咲き
秋には色とりどりのコスモスの花が咲き
真っ白な雪で覆われた山に覆われ
自然のものを食べ
年寄りを大事にし・・・
ほ~ら  天国ではありませんか
金銭的に貧しくても
欲しいものが買えなくても
フンザは天国の一部です
私はそう思います


でも
フンザはパキスタンの北部で
中国と国境を接する地方です
西はアフガニスタンと接しているため
タリバン勢力への対応で大変そうでした
 


投稿: 房州や | 2010年2月13日 (土) 22時59分

夜便で失礼します。

そうですか。
やはり、天国!
パキスタン、というと、インドとよく紛争していたような。。。
違いましたっけ?
相変わらずトンチンカン


でも、その紛争で大変なところへ
房州やさんは、どうやって行かれていたのですか?

アフガニスタンも
フンザのように、もともとは、穏やかな国であったと聞いています。

素敵な見聞録
これからも楽しみに拝見させてくださいませです。
ありがとうございますhappy02

投稿: あうん | 2010年2月14日 (日) 23時54分

鼻水止まりましたか?
間違っても鼻の穴にティッシュを詰めた
まま近所を歩かないでください。

寒いのにバイクに乗ったから風邪引いた
のでしょう!  お大事にpig

投稿: 山豚火 | 2010年2月15日 (月) 09時12分

cherryあうんさん

隣の国とは、手を握ったり、殴りあったりは
世界の歴史ですから、印度とパキスタンも同様です。
 
百聞は一見にしかずといいます
是非、近所の見知らぬ路地の探検から
始めてください。

投稿: 房州や | 2010年2月15日 (月) 11時58分

cherry山豚火さん

ありがとうございます 
すっかり良くなりました(多分)
昨夜も早く寝ました
オリンピックも見ずに

投稿: 房州や | 2010年2月15日 (月) 12時00分

函館のエヌ・ハーベストと申します。フンザの蜂蜜や、フンザティー、杏なども扱っています。
http://www.nharvest.net/

投稿: 鈴木 | 2011年5月20日 (金) 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 詩・みすゞ03 | トップページ | 行乞僧・木魚 »