« 行乞僧・ふくろう | トップページ | 雑記・古いもの »

2010年2月28日 (日)

放哉・同じ句を

同じ句を彫っていたのを忘れて

3個も彫っていました

ほぼ同じことになっているのは、創意工夫のなさ

まったく考えていないことの確かな証拠です

その恥ずかしいものをご覧下さい

 

01c042 02 03c   

  

  

  

 

「こんなよい月を一人で見て寝る」  尾崎放哉句

  

放哉の句は、自然を直接に表現しているのが少なく

直接的な「遊び印」にするには、手ごわい存在です

  

08c ← 「咳をしても一人」    代表作ですね

    

   

                      

09c2010    

↑ 「月の葦が折れとる」

 ※ネタ切れのため「放哉」はしばらく、お休みです

145   

こんな、淋しい夜には、↑こんな焼酎を飲んで寝ましょう

↑意味もなく、突然の乱入でした(ちょうど手元にあったので) 

     

調子に乗って、切り方も知らないままに、

恥知らずにも、2枚目を切ってしまいました。

228

 上の切り字は韓国の詩です

 

「座脱」   イチョルス

ごらん

花が咲いている!

春は、

世を去るには

いい時だ。

さあ、行こう!

元気で

※イチョルスは韓国を代表する版画家です

  

前回と比べ、少しも上達していません

(2枚目で上達するはずもない)

(濁点はどう彫りゃいいのかわからない)

(ほんとの切り方はどうやるの)

|

« 行乞僧・ふくろう | トップページ | 雑記・古いもの »

遊び印(俳句)」カテゴリの記事

コメント

尾崎放哉、月の句3点、それぞれに
いいじゃないですか。
咳をしても一人、代表作も房州やさんの
手にかかるとこうなるのですね。
やっぱり房州やさんの遊印は、絵と字が
よく似合う。

と思ったけれど、月の葦が折れとる も
いいなぁ。

きり文字は繋げないといけないので
難しいですね。でも印を彫る房州やさん
なら、ほんの朝飯前でしょう。
きり文字のサイズは葉書くらいですかpig


投稿: 山豚火 | 2010年2月28日 (日) 08時47分

fullmoon山豚火さん
 
>月の句3点

 ついつい、工夫もせずに
 やってしまうのは何故でしょう

>サイズは葉書くらいですか

  14cm角位です
  葉書よりはちょっと大きいです
  たいした大きさでもないのに
  結構時間がかかります
  私にとっては大変な労力です

何か新しいものに挑戦してみたいと
思うのですが、なかなか相手は
手ごわいのです

投稿: 房州や | 2010年2月28日 (日) 10時22分

>2枚目で上達するはずもない
上達する必要があるのかとも思うけど……
確かにやればやるほどこなれては来るんだけど、
それが良いのか悪いのかは判りません。

>濁点はどう彫りゃいいのかわからない
切り絵も考え方だと思います。
どうしても切り離さない派と切り離れてもいい派。
私は切り離さない派でしたが,
どうでもいいじゃないかとこのごろ思ってます。

>ほんとの切り方はどうやるの
知りませ~ん……私も自己流です。

投稿: 章魚庵 | 2010年2月28日 (日) 12時31分

fullmoon章魚庵さん

色々とアドバイス
ありがとうございます
 
ついつい
つなごうとしてしまいます

これからテレビでラグビー観戦
その後はフィギャーのエキシビション
今日はテレビ三昧の一日です

↑ 津波警報のため、番組は大幅な変更のため
    読書に変更です  何事も無ければよいのですが 

投稿: 房州や | 2010年2月28日 (日) 14時20分

御無沙汰してました。
なんか、やる気が無くてサボっています。
そんな日もあるさ~の開き直りです。(^^)

章魚庵さんのところで拝見して、房州やさんが何か新しいことに挑戦したみたいだわ・・・と、見にきました。

何でも形にしてしまう・・・・・すごいです。

やる気が起こらない・・・って言ってる私は何だ。

そうそう、
>こんなよい月を一人で見て寝る

田舎に住んでいて、よくわかる~。
寝るのが勿体ないほどよい月の晩は、狸になって踊りたいような。
(普段は別の動物に例えられておりますが)

あいすみません、雰囲気を壊しまして。

投稿: 柳女 | 2010年2月28日 (日) 23時26分

夜便です。

昨晩というのかな?
満月でしたね~。
津波警報の発令されている134号線。
雲も晴れて、大きい月の光が、海を照らしていました。

「こんなよい月を一人で見て寝る」
尾崎さんはそうだったのですね~。
あうんは、よい月の晩、だいたい、その時に感じた、ご無沙汰している方に連絡をしています。
そうすると、その方も、そう思っていて~。なんて、お返事をいただいたりして。

満月の夜は、誰かと、その美しさを共有したくなるのですね~。

切り絵
素敵です。

房州やさんも章魚庵師匠も千葉県民ですか?
千葉は
大物を輩出しますね~。
キムタクもだしhappy02

投稿: あうん | 2010年3月 1日 (月) 03時08分

moon3fullmoon柳女さん  あうんさん

fullmoon柳女さん

こちらこそ、お久しぶりです。
月夜の晩に踊るのは
近所の木更津のお寺に集まる
狸たちです
駅前にはモニュメントが
あるくらいですから

3月の声を聞くと
なんとなく気分も春めいてきます
また遊びに来てください
 
 
 
fullmoonあうんさん
 
 
キムタクのファンなのですか
かっこいい奴ですねぇ
千葉といえば長島でしょうか
地元で言えば千葉真一
古くは伊能忠敬・菱川師宣
ちょっと前なら氣志團にX-JAPAN

みんな古いなぁ


投稿: 房州や | 2010年3月 1日 (月) 08時08分

いいな~
プレミアム焼酎の「百年の孤独」なんか飲んで・・・
私も以前宮崎の知人から貰って、飲んだのです、「割と飲みやすい焼酎だな~」という程度の認識しか無かったのです。
まるで「峰猫に真珠」の様でした。後で入手困難な焼酎と知って、赤面の顔を赤くした次第です。ハンコに話題が及びませんですみません!ペコペコ

投稿: 閑ジャニ | 2010年3月 3日 (水) 00時52分

fullmoon閑ジャニさん


手元にあったのは
ラベルだけで残念です


昔はこんな私でも貰える位の
値段でしたが
今じゃとてもとてもお高くなって
だれも贈ってくれません
で何を飲んだかって
大好きなCMの「二階堂」です

今度、見つけたら一杯だけ飲んで
昔を思い出そう、飲むのは一杯だけね
いや一口だけ

投稿: 房州や | 2010年3月 3日 (水) 06時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 行乞僧・ふくろう | トップページ | 雑記・古いもの »