« 良寛・迎えに | トップページ | 行乞僧・落葉 »

2010年2月 4日 (木)

冊子・宿題分

昨年からの宿題をようやく片付けました

思い立ってはや一月、色々な出来事の合間に

まとめてやったり、ぽつりぽつりやったり

なんとか、昨年分は立春前に、仕上がりました。

(かなりの手抜きといい加減さはありますが)

-----こんな「表題」をつけました-----

「108遍路旅 1~9」  「山頭火    1~9」

「お地蔵さん  1~3」  「仏さん      1~6」

「良寛さん     1~4」    「五百羅漢 1~3」    「羅漢さん」

「みすゞ 1~2」 「文様 1~2」 「文字 1~2」 「食べ物 1~2」

「草木花 1~2」 「その他 11冊」(建物・千手観音・六地蔵・・・)

こんなものが出来ました ↓               

20100101

  ---作り方---

1)「遊び印」を半紙に捺し

 (美麗・純黒・彩色)

2)ジャンル別に仕分けして

3)千代紙を表紙にして

4)和綴じにしたものです

  (刺繍糸を使用)

5)大きさはすべて

 約84×120mmです

 (半紙の1/8サイズ)

6)本の題は 

  半紙に筆ペンで書き

  糊付けしています

  

※これらはパソコンに取り込んだものの   「原本一式」  で

  コピーではありません  つまり   「世界にひとつだけのもの」

 なので、 ↓ 並べ方を変えてしつこく紹介してみます

  -------------------    まずは

20100101_2 上の和綴じ冊子を

 箱に詰め込んだ様子

 です

 ぽつり  ぽつりと

 作ってきたので

 時間がかかりましたが

 昨年分の整理は一応

終わりました

 ---------------------

これを、 今度は一列に並べてみました ↓

厚みは 12mm~6mmまで  ジャンルによって異なります。

                                             20100110

  

  

 

    

 簡単な四目綴じの方法をとってます   

 1.表紙の紙を切り、本紙の紙の大きさにあわせております

    (糊しろ・綴じしろ分だけ大きくなります)

 2.約120mmなので

   端から 11・32・34・32・11mm  綴じ代 11mm  

   の位置に  表紙と本紙をまとめて、穴あけでまっすぐ穴を開けます

 3.2番目の穴から四つ目糸綴じを始めます

   ※面倒なので糸の尾端は糊で本紙に貼りつけます

   ※2番目の穴からスタートしていきます

    (四目綴じの順序に従い綴じていきます) 

   ※角の保護はしていません ・・・ 角裂手抜き

   ※仮綴もしていません    ・・・ 手抜き

  ---------------------

 この和綴じ以外にも、パソコンで印刷しての製本もしています

20100101_4

  

 

 

 

 

 

 

 

手抜き和綴じより、もっともっと簡単・手抜きです   

原稿をパソコンで作成し

 1)A5用紙に表紙と本誌を印刷し(A4を半分にカットしています)

 2)印刷されたA5用紙を半分に折り(A6サイズ)=ほぼハガキ大

 3)左半分は洋冊子風に

 4)右半分は和綴じ風に 製本してみました

   洋本風は

   ①糊しろ相当の場所を2箇所、ステープラーで綴じます

     (必要なら、端面をそろえて、切ります)

   ②両端を製本テープを貼ります

   ③端面を表面から裏面にぐるっと製本テープを貼ります

     これで出来上がり   どうです簡単でしょ

 5)写真の冊子の大きさは全て   A6サイズです

今年は少したまるたびに製本していきたいと、今は思うのですが

  すでに、少しずつ、溜まってきています

(またまた、年末になりそうな気がしています) 

 

「待たせるだけ待たせて本となる春」

 

|

« 良寛・迎えに | トップページ | 行乞僧・落葉 »

はんこの本」カテゴリの記事

コメント

千代紙表紙の和綴じの本に埋もれて
今朝の寒波も届かない?

宿題が終わると
新しい宿題? は 何なんだろう?
つきない 楽しみ 日が伸びてきました

投稿: 空海望 | 2010年2月 4日 (木) 08時16分

いやいや、すごいな~

まだ本文は読んでないけど……

どうすりゃいいのよ……

と、わが身を振り返っております。catface


投稿: 章魚庵 | 2010年2月 4日 (木) 09時56分

房州やさんの1日は24時間ではないんじゃないですか?
36時間くらいありそう。
時間の使い方が上手なんでしょうね。

私など、今朝は寝坊して6時に起きられず。
6時24分にココに起こされました。cat
ココが起こしてくれなかったら、マズイことになってました。shock

投稿: 峰猫 | 2010年2月 4日 (木) 10時04分

ご無沙汰しました。

今は、母の介護と夫の入院で
てんてこ舞いです。
でも、電車で移動中など
房州やさんにいただいたポケットブックを
バッグから出して、車内のひと時暇つぶしに
楽しんでいます。happy01

投稿: ひろみママ | 2010年2月 4日 (木) 16時25分

ひゃぁ〜 すっごい!

この本に囲まれてひとりでニヤニヤ楽しんで
いるのですか?
それはもったいないですよ。
房州やさんのものは みんなのもの。
「房州や遊印館」を造って大勢の人に観てもらいましょう!pig


投稿: 山豚火 | 2010年2月 4日 (木) 18時08分

book空海望さん

一月かかって、ようやく終わりました。
多分、見返すことはないでしょう。
今度はこの本達を収納するものが
必要です
こうして、私の部屋は狭くなって
いくのです

投稿: 房州や | 2010年2月 4日 (木) 23時09分

book章魚庵さん
 
章魚庵さんには、整理整頓の出来る
兄弟がいるから大丈夫です
何でも集めるお父さん
何でも集まる章魚庵さん
何でも整理する兄さん
 
さて次は整理した何が出てくるのでしょう
章魚庵さんのブログ楽しみです

投稿: 房州や | 2010年2月 4日 (木) 23時11分

book峰猫さん

 
もし、catに起こされなかったら
どうなっていたのか、気になります
 
>36時間くらいありそう

 歳のせいか、とても短いのです
 朝起きたと思ったら
 もう寝る時間になっています
 峰猫さんはどうですか?

投稿: 房州や | 2010年2月 4日 (木) 23時14分

bookひろみママさん
 
大変ですね
忙しく世話が出来るうちは
まだ幸せなんでしょうね
 
そんな中で、愚作をめくって
頂き光栄です
次の機会を楽しみにしていて下さい

投稿: 房州や | 2010年2月 4日 (木) 23時16分

book山豚火さん

 
最初の頃は、面白さも手伝って
小さな小さなミニ本を作っていましたが
最近は面倒なので
同じ大きさの冊子ばかりを
作っています
面倒がっちゃいけないのでしょうが
ためてしまうので、ついつい
こういうことに 
 
年末には同じようなブログを書きたくないと
思いつつ、同じことになりそうな予感がしています

投稿: 房州や | 2010年2月 4日 (木) 23時20分

すごい素敵です~happy02
千代紙の表紙、いいですね。
きっと、中身はもっと素敵でしょうね。
手に取って見れないのが残念です。
本当に、房州やさんには教えてもらうことがたくさんあります。
私も、がんばらないと!
目標1年1冊ですけどcatface

投稿: ぶんぶく | 2010年2月 5日 (金) 10時05分

最後の写真の右下の「山頭火の章」は
ワタシのところに来ています。
「房州や遊印館」がオープンのときには
お返ししないといけませんね。

それとも「山豚火蔵」と書いて展示しますかpig

投稿: 山豚火 | 2010年2月 5日 (金) 10時44分

bookぶんぶくさん

中身の大半は、ブログで紹介した
ものですよ。
新鮮味がないので、冊子の中身の
紹介は省略してます

>目標1年1冊ですけど

 目標を持ってやることは
 とてもいいことなので
 きっと出来ると思います
 私のは、まったくの素人の
 余技で誰にも習ったことのない
 自己流ですから、ちゃんとした
 先生につき、たくさん彫って
 下さい

投稿: 房州や | 2010年2月 5日 (金) 15時54分

book山豚火さん
 
 
あの冊子は3~4冊作りましたので
山豚火さんの本箱の隅っこに入れて
どうか、かび臭くさせてください。
それよりも、山豚火「江戸の百人」を
一冊にまとめ、是非出版してください
絵と山豚火さんのメッセージに
よいコメントをいくつか入れて
文庫本サイズが持ち運びやすくて
いいですね、値段は980円で
それとも、もう出版社に持ち込んで
ますか?

投稿: 房州や | 2010年2月 5日 (金) 16時00分

いやぁ、、、
すばらしいですぅ。
冊子という形にすると
きっと作品も生き生きと息づくことでしょう。

貴殿の作品は
どれも手にとって触れてみたいモノばかりですものね~

いつもながら
こちらにお集まりの方々には
ほんとに頭が下がる思いです。
遠まき?ながらも敬愛しておりますよぉ

 「こつこつと夢を刻んでおらが春」
     オソマツ~

投稿: eme | 2010年2月 6日 (土) 20時42分

bookemeさん

お久しぶりですね

暇つぶし以外の
目的もなく
彫ってます
彫ったはんこを
目的もなく
冊子に纏めています
 
尋ねてくるお客様は
それぞれにすばらしい方ばかりだと
思います(・すりすりcoldsweats01
色々と刺激を受けております

 
遠くからでなく
近くによって目にも見よです

投稿: 房州や | 2010年2月 6日 (土) 21時31分

きれい!
千代紙の表紙、色々様々で、中身は房州やさんの作品で・・・・・
すごい宝物です。
何なら、個人巡回展しませんか~?happy01
手袋して眺めますから。

この後にアップした落ち葉も、誰が考えつくでしょうか。
私、落ち葉が好きです。若葉・青葉・落ち葉・朽ち葉、それぞれにね、好きです。
今はそれもすっかり雪に埋もれた越後です。snow

投稿: 柳女 | 2010年2月 7日 (日) 12時13分

book柳女さん

 
>巡回展しませんか

  冊子はただの印譜です
  はんこをただただ並べただけに
  すぎません。
  説明もなければ
  文章もありません
  ただただ綴じただけです。
 

>落ち葉
 
  紅葉して夕陽に映え
  落葉して旋風に舞い
  朽葉して元の土に返る
 
新潟は大雪だとか
見に行きたいような
行きたくないような

投稿: 房州や | 2010年2月 7日 (日) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 良寛・迎えに | トップページ | 行乞僧・落葉 »