« 月一スケッチ展(3) | トップページ | 詩・みすゞ01 »

2010年1月17日 (日)

行乞僧・山茶花に雨

Z062c2010   

  

  

 

家々の垣根には山茶花の花が咲いている

そんな町中を歩いていると、

急に暗い雲から雨が落ちてきました

紅い山茶花に降る雨がいっそう寒くさせます

(秋であれば山茶花梅雨とでも言うのでしょうが)

今日は寒くなりそうな気がします

とにかく歩けるだけ歩いて、

行き着いた町の小さな宿に泊ろう

「冬の雨に濡れ山茶花散る」

 

 

 

2010.01.17 17:15追加

本日、保田の水仙ロードを歩いてきましたので

水仙の花を見てください。

2010011704  

  

  

  

  

↑↓ 道路沿いの畑の土手に水仙がたくさん咲いていました

2010011702   

  

  

  

  

  

 

|

« 月一スケッチ展(3) | トップページ | 詩・みすゞ01 »

あの人は(托鉢僧)」カテゴリの記事

コメント

山茶花が印象的です。

ここだけの話ですがワタシは山茶花と椿の
見分けのつかない花音痴です。secret

投稿: 山豚火 | 2010年1月17日 (日) 15時05分

cherryblossom山豚火さん
 
 
椿は大島
山茶花は宿
椿はポトリ
山茶花はチラリ
 
「笠にぽとり椿だった」
 
水仙は盛りを過ぎていました
もう少しすると頼朝桜(河津桜)が満開に
なるそうです。(佐久間ダムでは)

投稿: 房州や | 2010年1月17日 (日) 17時24分

行乞僧は歩いてますか?
そんな雨の中でも?
年とると、雨の中はシンドイ!

水仙はもう終わりですか?
今デジカメで確認したところ
11月28日に鋸山へ行ってます。そのとき
フェリー乗り場で水仙安いというので
カミさんはそりゃー大量に買ってきました。

時間なくて水仙ロード行けなかったのですが。

投稿: 章魚庵 | 2010年1月18日 (月) 11時27分

cherryblossom章魚庵さん
 

>雨の中はシンドイ!

  雨の日は、意外と進みます
  キョロキョロ
  うろうろしないので
  結構歩けます
  
  今の季節は、結構歩きやすいです
  章魚庵さんも、畑の中を
  歩きませんか?

 
水仙一束:100円と200円があります
その他:菜花・干物等を売っています

水仙の香は冷たい空気の中に
香ってくるので、気分よく歩けます
昨日は気持ちよく歩けました。
 

投稿: 房州や | 2010年1月18日 (月) 12時25分

白浜の方に行くと「菜の花ロード」っての
ありませんでした?

菜の花と山茶花の区別はつきますよpig

投稿: 山豚火 | 2010年1月18日 (月) 21時44分

cherryblossom山豚火さん

 
フラワーラインのことですね
「菜の花ロード」とも言いますね
鴨川~千倉~白浜~洲崎を走るのは
気分のいいものです
この順だと、常に左手に海が見えます
 
お花畑は右側になります

いちご狩りも始まりました
(1月は少々高めです 1500円前後で
 30分食べ放題)→是非お試しを

投稿: 房州や | 2010年1月18日 (月) 22時55分

今の季節、山茶花の散り残りなのか、寒椿かと、迷いますね。

オシベやメシベが落ちないで残り、花びらだけが散っていれば山茶花というけれど・・・

<編み傘に氷雨の音 山茶花散る>

投稿: 森のどんぐり屋 | 2010年1月19日 (火) 10時19分

cherryblossom森のどんぐり屋さん
 
 
近所の生垣の山茶花は
濃いピンクの花びらを散らしています
我が家のピンクの五弁の椿は
鳥に突かれながらそっと咲いています
 
蝋梅も咲き始めてます
 


投稿: 房州や | 2010年1月19日 (火) 11時57分

冬の恋の使者はヒヨドリのようです。
黄色の椿の花粉をつけてました。

房咲水仙の花言葉・・・記憶 思い出

なんだかぴったりですね。

口紅水仙・・・・詩人のこころ

単なる憧れです。

福井に住んだことがあり、越前海岸の群生は印象的でした。

投稿: 七海 | 2010年1月19日 (火) 13時15分

cherryblossom七海さん
 
 
越前岬の水仙も見事ですね
岬の崖に風に吹かれながら咲く水仙
 
伊豆の爪木崎の水仙も
なかなか見事です
 
房州各地の水仙ロードは
まだ、植えた感があり
もう少し時間が必要かと思います
 
椿にはメジロも来ています
必ずペアで

投稿: 房州や | 2010年1月19日 (火) 16時26分

まだ独身の頃、トイレの壁に竹細工の水仙の花を飾ってました。
子供のころはボットンでしたが、その頃はもう水洗でした。

だから何…と言われても困りますが。
だんだん、昔の妙なことを思い出すようになりまして。
今はもうないあのトイレが懐かしい。

投稿: 峰猫 | 2010年1月19日 (火) 16時37分

cherryblossom峰猫さん

>子供のころは

   誘惑に負けて、続けると
   どうなるかわからないので
   

>竹細工の水仙

   こちらに喰い付くことにします
   その竹細工の水仙は
   もしや、左甚五郎が旅の途中に
   作ったというものではありませんか
   水にさしておくと
   つぼみが開くというものでは
   ---そうだとしたら
      鑑定団に・・・・・
   
   

投稿: 房州や | 2010年1月19日 (火) 16時46分

こちら雪はないけど、氷のように冷たい風が山茶花を散らしています。

彼の人は、手も足も冷たかろう・・・・・。

>鑑定団
あと100年経ったら、房州やさんのハンコも峰猫さんの本も、えらい高い値がつくはず・・・・。
残念なのは、それまで私は生きていられない。

投稿: 柳女 | 2010年1月26日 (火) 23時45分

cherryblossom柳女さん
 
 
 氷雨に山茶花の散る越後かな
 
寒いんでしょうね
でも、慣れてるから、平気なんですね
きっと
彼の人は、寒くないはずはありません
きっとぶるぶる震えているのでは


>あと100年経ったら
 
 峰猫さんは生きてると思いますが
 私は、あと100年は無理です

投稿: 房州や | 2010年1月27日 (水) 07時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 月一スケッチ展(3) | トップページ | 詩・みすゞ01 »