« 良寛・お正月は | トップページ | 行乞僧・荒波に »

2010年1月 8日 (金)

えっ!月とうさぎ

元日には月蝕が見られたとか

はんこの山を探して、こんなハンコを見つけました

 

C2010  細くなった月で、うさぎは

 もう立っていることも出来ず

 ブランコをしていたら

  どこか遠くから誰かが住んでる気配のする

           星が近づいてきましたとさ

C2010_2  星から、細くなった三日月に

 その星から梯子がのびて

 うさぎは、その星に下りて

           行きました

 

C2010_3 月はますます細くなっていきます

 もう少し、大きくなるまで

 この星にいなくてはなりません

           たしか、この星にはだれか

           いたようなんですが

          友達になれるかな

|

« 良寛・お正月は | トップページ | 行乞僧・荒波に »

遊び印(その他)」カテゴリの記事

コメント

\(*^▽^*)/ 月と私? じゃなくてうさぎさんですね~heart02
可愛いですぅ~♪
ロマンだわ~
この星の住人と仲良く出来ますように。
うさぎさんは、とても人見知りですからね。

房州やさんのハンコの山は、宝のお山ですね。

やっと!いつものペースに戻れそうです。
今年もどうぞ、宜しくお願いします。
遅いご挨拶でした。 *^^*

投稿: 月うさぎ | 2010年1月 8日 (金) 10時06分

ん~! メルヘンチックです。

このお話のために彫ったのか、はんこから、このお話が出来たのか・・・。
後者のような気がしますが、やさしいお話です。
房州やさんという、優しい方に逢えますように・・・。

投稿: にゃんこ | 2010年1月 8日 (金) 15時08分

私が友人から貰った置物に発想が似ています!
嬉しい♪

うさぎさん、きっと星の国のヒトともお友達になれると思いますよ~

投稿: 森のどんぐり屋 | 2010年1月 8日 (金) 18時13分

moon3月うさぎさん


実はあと2つ見つけたのですが
今回はやめることにしました

白いマントの王子様なら
良いのですが
私も地球から望遠鏡で
見ていたので誰だか
はっきりわかりません

投稿: 房州や | 2010年1月 8日 (金) 20時42分

moon3にゃんこさん

話は後から適当にです
最初は仏教の逸話からで
色々変化して
ついにはこんなものまで
作ってしまいました

投稿: 房州や | 2010年1月 8日 (金) 20時44分

moon3森のどんぐり屋さん

嬉しいですねぇ!

星に降りたうさぎも
もうすぐ梯子を伝って
月に帰らなくては
なりません

投稿: 房州や | 2010年1月 8日 (金) 20時46分

房州やさんは
はんこの山から毎日3っ4っはんこを
選んでお話つくりをしています。

「はんこでつくる100のお話」です。

あしたはどんなお話だろう・・pig

投稿: 山豚火 | 2010年1月 8日 (金) 21時23分

うさぎのはんこさんのお話。

房州やさんのロマンで
とろけそうでした~happy01

望遠鏡で覗いただけなんて。。。
いや~
大人ですね~note

投稿: あうん | 2010年1月 8日 (金) 22時59分

moon3山豚火さん


100物語は山豚火さんの
「江戸百人展」の面白さが最高です。

下町100軒も「山豚火さん」だし
100の〇〇は山豚火さんのものです

何とか話が出来ないかと考えるのは
ボケ防止の作業です  ははは

投稿: 房州や | 2010年1月 8日 (金) 23時31分

moon3あうんさん


決して覗き見が趣味なのではありません
見えたのはたまたま、たまたまなんです

大人ではなく、ただ歳をとっただけです
 
 

投稿: 房州や | 2010年1月 8日 (金) 23時33分

粋なお話から含蓄ある寸写

硬軟使い分けの
多彩ぶりは
重々承知しておりましたが

今年は
童画の世界へも
進出なさるようでございますね

体中を余すところなく
くすぐられるような
そんな歓喜を予感しております


月うさぎさん
鯛や平目を食べ過ぎて
お月さまに
戻り損ねることなど
ありませんように

投稿: 七海 | 2010年1月10日 (日) 14時35分

moon1七海さん
 
 
では早速、
七海さんのfootの裏でも
くすぐりますか
でも難しそう
 
 

 

投稿: 房州や | 2010年1月11日 (月) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 良寛・お正月は | トップページ | 行乞僧・荒波に »