« 詩・みすゞ01 | トップページ | 行乞僧・雪の中 »

2010年1月23日 (土)

良寛・四態

096c2010095c2010  

  

 

  

097c2010 094c2010   

  

  

  

 

貞心尼が帰った後は

考え事をしたり、ぼーっとしたり、村へ出かけたりして

一日を過ごしています。

良寛さんがなにしているのか気になるので

またちょっと行ってみましょうか

 

子供たちと遊べる春が待ち遠しい良寛さんでした

 

「今日も待つ冬の日が暮れる」 

  

  

167c10 ← 貞心尼さんとのデートは

   だいたい、こんな感じです

        向かい合って座るのですが

        あまり、話をすることはありません

|

« 詩・みすゞ01 | トップページ | 行乞僧・雪の中 »

遊び印(良寛さん)」カテゴリの記事

コメント

昔読んだ本に、親しい人と黙ったまま
暖炉の前に座っているが至福のときだ、
と書かれた本を読みました。
英国人ですが、こういうことは
洋の東西を問わないんですね。

私の場合は、どんぐりがばらばら降ってくるような夜更け、
あまり話すこともなく(話しつくして)
静かにお茶など淹れているときでしょうか。

投稿: ひろみママ | 2010年1月23日 (土) 12時00分

良寛さまのお顔
やはり・・・・でしたか。

無言のあしが
桃色のなかで
ちょいと
くずれて
はねてます

いいひとときですね

投稿: 七海 | 2010年1月23日 (土) 14時40分

nightひろみママさん

木が燃えているのを
ぼんやり眺めているのは
心安らぎます
キャンプの暗闇の中で
ちろちろ燃える焚き火を
眺めているのが好きです

熱いお茶をそっと差し出し
二人で黙って飲んでいる
ひと時もいいでしょうね

notes黙って座って沈む夕陽を
眺めてくれる友がいれば
他に望むものはないnotes
  <人生の贈り物>

投稿: 房州や | 2010年1月24日 (日) 06時55分

night七海さん
 
どうやら
貞心尼さんが
積極的だった

言われているようですが
 
 
真相は誰も
わかりません

投稿: 房州や | 2010年1月24日 (日) 06時58分

房州やさんの、マメさには敵わないですね。


イラストがしっかりしているから、版画でもハンコウでも、何でもいける・・・のがわかります。


金子みすづさんのハンコウも歌が浮かんでくるようにさわやか。

色んな物が広がる手わざの隊長さんですね!

ところで、コメントの左端が切れてしまうのですが、私だけかな?

投稿: まゆまゆ | 2010年1月25日 (月) 07時53分

「相對無言」いいですね この文字。

最近は文字のハンコが多くなってきました。
房州やフアンはとてもうれしいことです。
ワタシの「山豚火」のハンコもそうですが
色の使い方がうまいですね。房州やさん
独特の色使いはだれにも真似だできません。

きょう秋葉原まで出かけるのですが 上野
で「亀甲展」をやっているので観てきます。

投稿: 山豚火 | 2010年1月25日 (月) 10時41分

うーん
無言で向かい合ってるんですか。
そりゃ、貞心尼さんも、積極的にちょっかい出したくなるかも…。
頭にハエの絵を落書きしたりとか。catface

投稿: 峰猫 | 2010年1月25日 (月) 14時24分

nightまゆまゆさん


大阪は楽しかったようですね
 
最近は
あれを彫ったり
これを彫ったりで
集中して彫ることが
出来ていません
 
飯山は雪に埋もれて大変ですね

房州では「いちご狩り」が始まってますよ

投稿: 房州や | 2010年1月25日 (月) 16時27分

night山豚火さん
 
 
文字印は心がけているわけではなく
「文字入り遊び印」も面白いかなと
思って彫っています、貯まってきて
お見せできるのがあれば、いくつか
載せますね。

>独特の色使いは

  ありがとうございます、パレットの
  汚れた絵の具のきれいに取って
  しまうのが、もったいなくて
  濁った絵の具を使っているだけです

 
上野へお出かけですか?
また新しい発見がありそうですね

 
 

投稿: 房州や | 2010年1月25日 (月) 16時33分

night峰猫さん

 
頭にいたずら書きですか
「タコの絵」とか
「へのへのもへじ」とか
「ばかばかばか」とか
heart01kissmark」とか
 
 
おじいさんと女ざかりですからね
さて今夜は、何を書きましょうか?

 

投稿: 房州や | 2010年1月25日 (月) 16時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 詩・みすゞ01 | トップページ | 行乞僧・雪の中 »