« 年賀状'10 | トップページ | 良寛・お正月は »

2010年1月 4日 (月)

読書・お正月

のんびりで忙しいお正月にパラパラめくった本です

2010004  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江戸時代後期の禅僧  仙厓義梵の書・画を

パラパラ程度にめくって楽しみました

 有名な ○△□    指月布袋図   円相図   等々を

よく理解も出来ないまま、ふんふん ふ~ん と眺めていました

残念ながら、深すぎることは浅学の身には理解ができません

これは載ってはいませんが

  しわがよるほ黒が出ける腰曲るはげるひげしろくなる

  手は振ふ足はよろつく歯は抜る耳はきこへず目はうとくなる

  身に添は襟巻杖眼鏡たんぽおんじゃくしゆひん孫子の手

  聞たかる死とむながる淋しかる心は曲る欲深くなるくどくなる

  気短になる愚ちになる出しゃばりたがる世話やきたがる

  又しても同じ噺しに子を譽る達者自まんに人はいやがる

                      古人の歌  厓書  

        ↑ これなんかも好きです

  

  気に入らぬ風もあらふに柳哉          

 

  何よりすきなのは  死にたくなかったところです

 

|

« 年賀状'10 | トップページ | 良寛・お正月は »

趣味・蒐集」カテゴリの記事

コメント

↑ これなんかも好きです

なんか 好きですってより
誰の事を!
と 声を出しそうな

投稿: 空海望 | 2010年1月 4日 (月) 16時37分

book空海望さん

「老人六歌仙」というのでしょうか
ついつい、自分に当てはめてしまいますね

「出光美術館」に行くたびに
この絵葉書を買ってしまうようで
3枚もあります

ははは と笑って、身につまされて
ついつい買ってしまうのでしょう
それともぼけて・・・

投稿: 房州や | 2010年1月 4日 (月) 22時28分

仙涯さんのような
力のふっと抜けた線が引けぬものかと……
雑念が多すぎるのかなぁ~

今年もよろしくお願いします。

投稿: 章魚庵 | 2010年1月 6日 (水) 13時27分

book章魚庵さん

そうですね
仙厓さんの軽妙な線は
私のような素人には
とうてい出せるもんではありません
禅僧の高僧だから出せるのでしょうか
 
章魚庵さんはもう少しです
あと一歩でしょう
(お正月ですから)

投稿: 房州や | 2010年1月 6日 (水) 16時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 年賀状'10 | トップページ | 良寛・お正月は »