« Tibet至宝(進捗2) | トップページ | ついつい »

2009年11月16日 (月)

道具2点

はんこの道具をはんこにする

1)カッター

 C015  

  

 

少しだけ頑丈なカッターです

普段は竹とんぼ作りなどの工作に使っています

これも重要なはんこ作りの道具なのです

   

何につかう:私ははんこを半紙に捺して保存しています

       その半紙を四分の一にカットするのにこのカッターを使います

       角度を小さくして、軽くおさえ、何度も繰り返しカットするのがコツです

2)篆刻刀をまた彫りました

   C018   

  

  

  

  

  

これは「はんこ」作りの必需品です  なくてはならないものです  

愛用の3本の篆刻刀です

左から12mm10mmの平刀と丸い穴をあけるための刀です

皮が巻かれています

高いものではありませんが、数年は使っています

この三本は研ぎ方がヘタなので、切れ味はいまいちな感じなのですが

彫る→切れ味が悪くなる→研ぐ→彫るを繰り返しています

 

上手く彫るには切れ味の良い刃物を使うのがコツ

もうひとつは始めは柔らかめの石を使うことでしょうか

さらに うまくなるためのコツは

  1)何度も彫ること、たくさん彫れば刃物と石に慣れてきます

  2)彫ったものは上手くいったと思いこむことと同時に反省もすること

  3)失敗とは思わず味のある作品が出来たと思うことでしょうか

  4)最初は模倣でもかまわない(自分で使うだけならば) 

  

  

千手千眼観音のための練習(2) 0911ab

 

  

  

  

  

  

左から 飽かずに手をたくさん彫る練習(手の数はもう少し少なくなります)

                        (手に見えますか?)

     中央の顔の練習(もう少し小さくなります、本番は顔も三面あります)

               (厳しいお顔にしようと思ってます)

     掌の練習(こんなに大きくは彫らないのですが、彫るときのイメージとして)

           (本番は単なる線にしかならないでしょう)

           (彫りながらのかなりの数の微調整が必要なようです)

  

|

« Tibet至宝(進捗2) | トップページ | ついつい »

遊び印(その他)」カテゴリの記事

コメント

石に彫った印はずいぶん見てきましたが
カッターや篆刻刀は珍しいですね。
篆刻刀の皮を巻いた感じは よく出ています。

千手千眼観音 これは本番用でいいんじゃないですか。素人はそう思うのです。pencil

投稿: 山豚火 | 2009年11月16日 (月) 10時08分

wrenchhairsalonpaper山豚火さん


道具の美しさは機能美でしょうか
今年は携帯電話・ステープラー等々の道具を
彫りましたが、一番思い入れがあるのはこの篆刻刀ですね


練習(2)には彩色をしていません
3個の中では掌に目の目がお気に入りです

結果はあと4~5日お待ち下さい
引っ張りすぎてて申し訳ありません


投稿: 房州や | 2009年11月16日 (月) 12時03分

saoriさんは 見ているのかな?

うまくなるためのコツは
 …ですって

どちらも 凄いなあ!
すごく楽しませてくれる

仕事して 主婦をして
お母さんをして
どちらも たまらなくいいなあ

投稿: 空海望 | 2009年11月16日 (月) 15時37分

カッターの色合いからするとNTカッターでしょうか?私も持ってますが……
あと軽めのカッターは黄色いOLFAの方が多いです。

OLFAは「折る刃」から来てるのは解るけどNTカッターのNTは?

調べました。驚きました。日本転写紙のNTらしいです。その会社、昔は製版用の転写紙作ってたらしい。

その紙切るのに剃刀の刃使ってたらしいのですが危ないのでカッターを作ったとか。
今は製版用の転写紙は要らなくなったので製造中止になったそうで、カッターだけの会社になり社名にだけNTがのこったらしいです。そうだったのか~…ハイ無駄な知識でした。(;;;´Д`)

投稿: 章魚庵 | 2009年11月16日 (月) 16時05分

>(手に見えますか?)

拡大したら、ちゃんと手に見えました。
老眼鏡をかけたら、もっとしっかり見えるはず。
余談ですが、昨日、久しぶりに老眼鏡をかけて本を読んでいて、
ふと猫を見たらずいぶん大きくなっていたのでびっくりしました。
眼鏡をはずしたら、そうでもありませんでした。

うまくなるためのコツは、ハンコだけじゃなくていろんな道に通じますね。

それにしても房州やさんの、
1)何度も彫ること
は、まね出来ません。
すごい数を彫ってますよね。
納得の上手さです。

投稿: 峰猫 | 2009年11月16日 (月) 16時11分

wrenchhairsalonpaper空海望さん

楽しんでくれてますか
今回はあまり楽しい題ではありませんでしたか?

saoriさん 
空海望さんの食いしん坊のおかげで
季節毎の消しゴム印楽しませてもらってます
ありがとうございます

投稿: 房州や | 2009年11月16日 (月) 17時57分

wrenchhairsalonpaper章魚庵さん

無駄な知識をありがとうございます
無駄なものほど大事な知識です
章魚庵さんは密かに無駄な知識を
たくさん溜め込んでいませんか
どしどし発表をして下さい
無駄な知識大好きです

最近は刃物といえばこんなものばかりを
使っています、山遊びにも便利です
同じような「便利のこ」もセットで
持ち歩いています(怪しげなおじさんです)

投稿: 房州や | 2009年11月16日 (月) 18時02分

wrenchhairsalonpaper峰猫さん


>拡大したら
 
 全部右腕になってましたか

 峰猫さんの場合は
 鼻眼鏡にして 座布団を敷いて縁側に
 座り、ココを膝に抱いているのですか?

>すごい数を彫ってますよね

 素人にしては、多分すごい数だと思います
 平均2個/日が目標です
 上下に彫れば、印材の数は365個/年
 6面印もあるし、古い印材をつぶして
 再使用してますので、石の数は判りません 
 数多く彫ってればなんとか
 カッコウはつくものですcoldsweats01 

投稿: 房州や | 2009年11月16日 (月) 18時13分

コメントお入れしたくても
ため息ばかりで。。。

同じ人の手とは
思えません。。。

投稿: あうん | 2009年11月16日 (月) 23時20分

wrenchhairsalonpaperあうんさん

コメントありがとうございます

bombでも
punchでも
sign02でも
happy01でも

残して頂ければ嬉しいです
また来て下さい

投稿: 房州や | 2009年11月17日 (火) 07時25分

( ^ω^)こんにちは。
本番を待ちわびて、顔が横伸びしてしまいました。
ところで、愛用の」篆刻刀は、やはりその三本で彫られるのですか?

ワタクシ、たまに裸婦デッサンのためにわが身を捧げる時があります。
お風呂上りに、シャッシャカシャ・・・と。

左利きでスケッチブックを持っているので、ハハ~ンって顔をする人がいて、
照れます。

篆刻刀たちは、平常心で働いてくれましたでしょうか?
ちょっと、気になりましたので。

そうそう、
新しい お月様とうさちゃんも
顔幅をなが~くして 待っております。

投稿: 七海 | 2009年11月18日 (水) 13時50分

wrenchhairsalonpaper七海さん


殆どは幅の広い刀で彫りますよ
今回は目玉のような丸い穴を彫らない
つもりなので、一番右は出番がありません


寒くなっています
お風呂場でうっとりして
風邪等引かぬようご注意を

投稿: 房州や | 2009年11月18日 (水) 18時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Tibet至宝(進捗2) | トップページ | ついつい »