« たまには文字も | トップページ | 平等院鳳凰堂 »

2009年10月16日 (金)

蒐集(ホテル部屋図②)

またですか と お嘆きの方もいらっしゃると思いますが

私の都合というのもありますので

ざぁーっとでも、眺めていって下さい

ホテルの部屋俯瞰図もどき②です

これは 河童が見たヨーロッパではありません

  (誰もがそうは思わないけれど念のため)

今回は一度出したのもあるかもしれませんが

ホテルの部屋の見取り図です

国・地域・場所によって部屋の装飾等々が

変わっています、並べてみて初めてよくわかります

  

Libya061109j   

  

  

  

  

  

  

  

               ↑部屋の鍵です

Libya061110j   

  

  

  

  

  

  

 

  

 Libya061112j 

  

  

  

  

  

  

  

    ↑ 土壁の部屋です  ↑ 照明カバーも土器

Libya061108j   

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルの部屋なんてみんな同じ様なものと思いがちなんですが

それぞれに少しずつ違うのがわかるでしょうか

ガチャガチャと鍵を回し部屋に入る瞬間の期待感は

なかなかいいもんです

カーテンを開け、外の光を入れ、窓を開けて外の風を入れ

荷物をベッドに放り投げ、バスルームを覗き・・・・・・

ベッドに座ってゆっくりと部屋を見回す

良い時間だと思いませんか

と、一人で楽しんでいる暇つぶしの紹介です

 

 

「部屋の見取り図で暇つぶしをする会」は会員を募集しています

  

  

明日は 宇治平等院の「夕陽の鳳凰」を見てください

|

« たまには文字も | トップページ | 平等院鳳凰堂 »

趣味・蒐集」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

房州やさんって
地球中を歩いていらっしゃるのですね~。
で、
カメラを持たずに絵でお書きになるから
たくさんのことを記憶していらっしゃるのですね~。

見取り図も
芸術!

うーん
年輪年輪!

投稿: あうん | 2009年10月16日 (金) 14時51分

房州やさんのは、確かに妹尾河童氏を思わせますね。

彼は寝台車で、他の客の手を借りてメジャーで測り
屋根を取り払って上から見た図として描きました。
舞台美術家としての職業病だと聞いた事があります。

私のはフリーハンドでサラッと描きますから・・
10年前の旅行先の部屋の様子が思い出されます(笑)
で、思い出という再度旅立ちます。

投稿: わか | 2009年10月16日 (金) 15時11分

cameraあうんさん


カメラは持っていくんです
ただ、写す量がだんだん減っています
記憶力が無くなってきたせいか
旅に出たときだけは
よくメモするようになりました
写真よりもぼんやりとですが
思い出すことが出来る気がしますが
気がするだけかもしれません

投稿: 房州や | 2009年10月16日 (金) 17時10分

cameraわかさん


河童さんほどの執拗さがあれば
良いのでしょうが
根気強いほうではないので
なんでも30分以内に終わるくらいが
ちょうど良いのでしょうか
あれもやりたい
これもやりたい
結果は
あれも出来なかった
これも出来なかったで
終わっています

明日は土曜日
テニスの日です
これはなんとか続いています


投稿: 房州や | 2009年10月16日 (金) 17時14分

今晩は。
初めてのパステルやってみました。
取り敢えず、何でも・・・の気持ちで。

河童さんより、清潔感のあるお部屋の雰囲気です。我が家の見取り図を描いたことがあります。いつか、お目汚し?したいな・・・。

ホントはしなければいけないことがあるのですが、お絵かきばかりしているこの頃。
試験が近づくと、部屋の掃除やスケジュール表作りに精出すタイプでした。

投稿: 七海 | 2009年10月16日 (金) 19時15分

camera七海さん


パステルで描いてみましたか
やらずに嫌がるより
なんでも試してみることが
良いと思います

最近、アクリルガッシュを手に入れました
しかもタダで
さて、何を描いてやろうかと
ウキウキしています

投稿: 房州や | 2009年10月16日 (金) 20時07分

見取り図がこんなにおもしろいなんて・・・。
気づかされました!!
真ん中の部屋は、ドアを開けたら枕元が見えてしまうんですね。
珍しいような・・・??

「部屋の見取り図で暇つぶしをする会」は会員が集まりそうですね。
にゃんこは、「見取り図を楽しむ会」に応募したく思います。

投稿: にゃんこ | 2009年10月16日 (金) 22時59分

cameraにゃんこさん


そうなんです
国や地域や宗教等々によって
独特の様式になっている場合が
あります
それが興味深いところです
おーっ! という
驚きが
ドアを開ける時の楽しみです

投稿: 房州や | 2009年10月17日 (土) 06時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« たまには文字も | トップページ | 平等院鳳凰堂 »