« メモ書き⑤ | トップページ | 108を和綴じ »

2009年9月 3日 (木)

はんこで遍路⑮

第15回(最後のはんこで遍路です)

長いことお付き合いいただきありがとうございました 

「はんこで遍路」の最終回です

  

 <結願&満願>  最終章

目標をたてそれを続けていれば

誰かが導いてくれます

いまさらながらそんなことを 

あらためて感じた旅でした

<みちしるべ>

120c  道しるべに導かれて、多くの人の親切を受け、優しさを感じ

 ることができ、怪我も病気もなく 108霊場を歩き通すことが

 出来ました。

あらためて、出会った全ての人に感謝します

不思議なことに気恥ずかしいと思っていた「ありがとう」「感謝」・・・等の

言葉が大きな声で出せるようになっていました

へんろの道しるべも港の入口にある小さな灯台も、きっと同じだと

思って見てしまいます、雨の日も、風の日も、暑い日ざしの日にも

山の中で迷いそうな日も、長い道を歩く日にも、迷わずに歩けたのは

「へんろの道しるべ」のおかげです

歩き遍路の先輩たちに感謝します

ありがとうございます

 

<続ける>

121c

遠くに寺の屋根が見えてきました 

 札所のすぐ側まで来たのです

 でも、ここからが大変なのです

 修行をしているのですから歩きの遍路は

 簡単に近づくことは出来ません

 山をひと回りする、あるいは一旦沢まで下ってしまう

 上ったり下ったりの道が待っていたり 

 ジグザグの道が続いているのが普通です

そして、最後の修行とばかりに、長い石段が待っています

だからこそ、札所に着いたときの達成感が

あるのだとおもいますが、どうでしょうか

歩くことを続けることさえできれば、誰でも出来るのが歩き遍路です

疲れていても足が痛くても荷物が重くても、次の札所まで歩きましょう

そこまで歩いて一休みすると、再び次のお寺まで歩こうと思うものです

これは不思議な経験です、歩きを経験した人ならわかってくれると思います

 

 122c<目標>

←後から、おまけに白い百合の花を付け加えて

彫ってみました、イメージはんこです

山道を登る、何度も何度も休み

何度も右に左に折れ曲がる道を歩き

丁石を数え、道しるべに助けられ

蚯蚓を踏みそうになり、蛇に驚かされ、蜘蛛の巣を払い

石につまづき、ぬかるみにすべりながら歩く道なのですが 

あの花の咲いているところで休もう、とりあえずあの花まで歩こうと

歩くときの目標にしていたのが山の遍路道に咲く花でした

遠い目標と手を伸ばせば届きそうな目標が必要なのかなと

思ったりします 

私の目標は「・・・・・・」ですといえる人であればよいのですが

 

 

<一人じゃない>  

123c 歩き遍路の大半は一人で遍路しています

それでも、二人連れ三人連れの姿を

よく見かけます、この二人連れは

宿で一緒だったのでしょうか

札所で一緒になったのでしょうか

歩いているときに出会ったのでしょうか

何かの縁でこうして二人で歩いているのでしょう

話しかけたり話しかけられたりします

         お接待されたものを分け合ったりすることもあります

一日中話し相手のいない道を歩くこともあるので

なんとなく二人で歩くのは楽しいのかもしれません

「同行二人」

一人で歩いていても一人じゃない

 

<感謝すること>  

124c355

 長い間、お付き合いいただきまして

 ありがとうございました、おかげさまで

 ずっと元気で体を痛めることもなく健康で楽しく

 お遍路することが出来ました

 いまは普通の生活に戻り、普通の人に戻りました

これから普通に生きていきます

遍路中にお世話になった数え切れないほどの皆様に

あらためて感謝いたします

ありがとうございました

 合掌

 

40日目:79高照院→80国分寺→81白峯寺→82根香寺

    →別格19香西寺→83一宮寺               39km

41日目:84屋島寺→85八栗寺→86志度寺→87長尾寺  33Km

42日目:88大窪寺                          30km

43日目:別格20大瀧寺                       26km

                                累計  ≒1330km

size  約1.75倍に拡大

 

取りとめのない言葉の羅列に過ぎない「文」と素人の「遊び印」による

遍路の旅のまとめでした。

はんこでも文章でもうまく表すことができなかったこともありますが

これで、一連のブログによる遍路はこれで終わらせて頂きます

「はんこ遍路の小冊子」と「俳句もどきのことば遊び集」も

出来ました

 

ありがとうございました 

 

日々の詳細は カテゴリー 「旅のおまけ」をクリックしてください

|

« メモ書き⑤ | トップページ | 108を和綴じ »

遍路」カテゴリの記事

コメント

素晴らしいです。
今日は涙がでました。
表現できない、あたたかい涙がツツーと出てしまいました。

ありがとうと感謝
にゃんこも心に刻みましたよ!

PCを始めてよかった!
ブログを読んでよかった!
房州やさんに出逢えて、ほんとによかった!

ありがとうです。

投稿: にゃんこ | 2009年9月 3日 (木) 10時26分

頑張られましたね~歩くことにも、ハンコ作りにも!!
すごいパワーだと感動しました。

一番感謝されていいのは、ご自分のお体と体力ですね!!
歩きたくても、頑張りたくても、それは夢のまた夢の私には、雲の上のお話のようです。

人は決してひとりで生きているのではないと、見ている私たちも強く感じました。
ありがとうございます・・・のおすそ分けを「ありがとうございました」

投稿: 森のどんぐり屋 | 2009年9月 3日 (木) 10時44分

歩き通すだけでも大変と思うのに、ハンコで再びの旅、素晴らしいです。

歩いているのは自分の意思なのに、いつしか導かれている気持ち、それなのですね。

暗愚の私にはまだ経験のない思いですが、いつか私にもそういう瞬間が待っているかもしれない。

ありがとうございます。(慣れない)合掌。

投稿: ひろみママ | 2009年9月 3日 (木) 14時08分

房州や様

結願と結章

ありがたく、ありがたく
拝見させていただきました。
本当にありがとうございました。

房州やさんの
心温まる
すてきなお遍路道
彫りこまれた「はんこ」には、その時々の温度も感じられ、房州やさんの文章は、まるで映画のように、動画のように、たくさんのことを語りかけてくださいました。

「はんこ遍路の小冊子」
は、手元に置くことは可能でしょうか?
ぜひとも
よろしくお願い致しますhappy01

投稿: あうん | 2009年9月 3日 (木) 15時58分

毎回楽しみに見せていただきましたが、とうとう完結しましたね。終わってしまってちょっと寂しいような気がしますが、また新しいチャレンジが始まるのを期待しています。
おっと、自分もがんばらなくっちゃ。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2009年9月 3日 (木) 16時23分

初めまして。 
感激です。絵も文もうっとりとしてしまいました。心が和みます。毎日毎日良く歩かれましたね。41キロ歩かれた日もありますね。歩くだけの日も三日あってやっぱり遠い遠い長い道のりだったのですね。先日熊野歩きましたが、8キロ弱が長いと感じました。たった8キロ弱がいくら山道とは言え房州や様に比べると5分の1.歩くお遍路は尊いと思います。ありがとうございます。合掌です

投稿: りる葉 | 2009年9月 3日 (木) 23時50分

私は今後も四国へ旅する事があっても遍路は無いでしょう。
これを読ませていただいて、何となくですが遍路の気持ちを、奥深さを知りました。
ありがとうございます、感動です。

投稿: わか | 2009年9月 4日 (金) 03時28分

感動のフィナーレでした。
別格も併せての108ヶ所歩き遍路。
偉業だと思います。
遍路の地、四国に住んでいながら遍路もなかなか行けない身にとって
房州さんの日記は素晴らしいものでした。
最初からもう一度読み返しました。
素晴らしい日記を有難うございました。

投稿: OZIO | 2009年9月 4日 (金) 05時01分

bellにゃんこさん

最後までお付き合いくださり
ありがとうございました
今では
ただ
淡々と歩き
淡々と終わった
そんな感じだと思っています

さて
次は何をしよう

投稿: 房州や | 2009年9月 4日 (金) 12時05分

bell森のどんぐり屋さん

歩けるだけの体力と気力には
根拠のない自信はあったのですが
マメだけが心配でした
そのマメも痛くなることなく治り
本当によかったです

はんこ作りのほうが
体は楽でしたが
頭が疲れました
今度はこっちを鍛えなくちゃ

コメントありがとうございました

投稿: 房州や | 2009年9月 4日 (金) 12時12分

私も感動しています。
だから 「ありがとうございます。」

房州やさんの優しくあたたかい絵(ハンコ)と文章に、感謝の心がしみこむようです。
沢山の人に支えられてるとと、いつも感謝して生きること
沢山のことを感じています。
長い道のりを山越え坂を越え・・いろいろと越えてきたから、分ることもあるんですね。
苦しかった登山の道のりとダブらせて、拝見してました。
房州やさん、本当におつかれさまでした。
素敵です☆ (*^。^*)v

投稿: 月うさぎ | 2009年9月 4日 (金) 12時14分

bellひろみママさん

ふと
何かを感じても
次の瞬間には
そんなことを忘れてしまう
そんなことの繰り返しのような
気がします

歩いていると
あまり考えていない
時間があるように感じます
そんなときに
何かを感じるのかもしれませんね

また
遊びに来てください

投稿: 房州や | 2009年9月 4日 (金) 12時15分

bellあうんさん

度々のご訪問とコメントを
ありがとうございました

はんこ作りも
作文も
なかなか上達しません

毎回少しは上達したかなと
思いたいのですが
そうはいきません

これに懲りず
また遊びに来てください

投稿: 房州や | 2009年9月 4日 (金) 12時18分

bell埼玉の酔仙さん

今度は酔仙さんの番ですね
始めから頑張ろうと思わずに
歩き始めれば
山歩きをされている酔仙さんの
ことですから
なんなく八十八箇所を廻ることが
出来ますよ

歩き始めましたの
ブログ楽しみにしています

投稿: 房州や | 2009年9月 4日 (金) 12時21分

bellりる葉さん

ほかのブログのコメントでは
お目にかかっているのですが
お初にお目にかかります
よろしくお願いします

熊野道は歩いてみたい所です
京都から淀川沿いに大阪まで下り熊野まで

毎日毎日歩いていれば自然に
長い距離を歩けるようになります
問題は歩き始めの一歩だけです
一歩が踏み出せれば
あとは簡単だと思います

投稿: 房州や | 2009年9月 4日 (金) 12時25分

bellわかさん

JR・私鉄・バスに若干の徒歩で
巡っては如何ですか
旨い食いのもあり
旨い酒あり
風景はいいし
人はいい

なんちゃって遍路もいいものですよ

投稿: 房州や | 2009年9月 4日 (金) 12時28分

bellOZiOさん

遍路の道の真ん中にいる人は
案外歩いているものです
お接待を頂いた人たちも
遠くまで旅行に行っているけど
四国は廻っていない人も
多くいました

車で2~3日位ずつ
行ってみませんか

投稿: 房州や | 2009年9月 4日 (金) 12時31分

bell月うさぎさん

山登りの方がきついですよ
荷物は多いし
重たいし
坂道ばかりだし
でも
景色はいいし
空気はいいし
人はいいし
食べ物はうまいし

歩き続けていれば
頂上に上れるのは

遍路と同じですね

美しい写真と言葉を
楽しみにブログに遊びにいってます

これからもよろしく

投稿: 房州や | 2009年9月 4日 (金) 12時36分

房州やさん
ありがとうございました(*^-^)

更新されるたびに やんわりとした世界に引き込まれ

本当は、歩き遍路はきついはずなのに 房州やさんのハンコと文章に お遍路を体験したような感覚になってしまいました。

本当に、ありがとうございました。
※コメント前後しましたが、最後にコソッと書き込みしたかっただけです…

投稿: まんぼう | 2009年9月 5日 (土) 21時38分

bellまんぼうさん

最後までお付き合い頂きまして
ありがとうございます

本当に辛くもなんともないんです
朝起きると歩く
これが日常になんですから

今度は違うものをやってみたいですね
それが何になるかはわかりませんが

投稿: 房州や | 2009年9月 6日 (日) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メモ書き⑤ | トップページ | 108を和綴じ »