« はんこで遍路⑪ | トップページ | はんこで遍路⑬ »

2009年8月28日 (金)

はんこで遍路⑫

第12回

<出会うこと>

087c  優しそうな石の仏さんに出会ったりすると

 じっと見つめてしまいます

 長い年月の間に、顔や衣の襞は丸くなり

お顔までニコニコしているように見えてしまいます 

100c 101c 102c

お地蔵さんは

どこでもお見受けする

仏さんです

野原で会えば、軽く会釈してお顔を眺めます、村の石工が作った

と思われる、彫りの綺麗でない、お地蔵さんが特に好きです

みんな、真新しい涎掛けをしてもらいニコニコ顔で迎えてくれます

103c お地蔵さんだけでなく、石の仏さんも

 畑の片隅や大きな木の下、小川の岸辺に

 並んで立っています

そんな石仏さんにも、会釈をして通り過ぎるのが

104c 私のお遍路の約束事です

←これは丁石も兼ねているものです

 次の札所までの距離を教えてくれます

10丁ですから、約1100m歩けば、次の札所が

 待っています、もう少し頑張りましょう

105c

106c

 ニコニコ笑顔の野仏さんに

お会いすると、こちらまでも疲れを

忘れてニコニコ顔になってしまいます

小さな祠に納められた仏様もあります

地元の人に大事にされている様子がよくわかります

みんな新鮮な花が供えられ、綺麗に掃除されています 

089c

山門の両側には身の丈の何倍もありそうな

大きな草鞋がぶら下がっています、山門の

暗がりの中には仁王様がこちらを睨みつけています

 (↓原寸大)

089c  

  

090c

こんな小さなお堂の札所もあります

私はぐるっと見渡せるくらいのこじんまりとしたお寺が好きです

どんなお寺に行っても、お参りを済ませた後は

088c

なんとなくいい気分になります

そしてまた、へんろ道を歩き始めます

休んでいってくださいといっているような石仏の側で

座って休むこともあります、休んだり歩いたりまた休んだりしながら

お遍路は進んでいきます 

  

31日目:54延命寺→55南光坊          37Km

32日目:56泰山寺→57栄福寺→58仙遊寺→59国分寺

     →別格⑩興隆寺別格⑪生木地蔵   41Km

33日目:60横峰寺→61香園寺→62宝寿寺→63吉祥寺

                →64前神寺      30Km

                 累計         997Km

                 残り         340Km

 

size  15×15mm  18×18mm

|

« はんこで遍路⑪ | トップページ | はんこで遍路⑬ »

遍路」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

房州やさんのはんこと文章のコラボレーション。拝読させていただいているこちらも、すがすがしく、とても良い気持ちになります。

お地蔵様や石仏様の周りもきれいに、お花も供そえられているということを読ませていただくだけでも、心が洗われます。
地元密着、歴史を感じますし、本当に、四国の方は大事にされているのですね。

今日の始まりも
良いスタートを戴きました!
本当にありがとうございます。

投稿: あうん | 2009年8月28日 (金) 12時09分

shadowあうんさん

遍路をしているお坊さんの多くは
へんろ道沿いにある祠や石仏に
手を合わせていることが
多かったのを覚えています
もちろん
普通のお遍路さんの幾人かは
立ちどまって片手を挙げています
まったく、見向きもしない人もいました
歩いている人も様々ですから
きっと地元の人も様々なのでしょうが
大抵の野仏には花がありました
基本的に親切な人が多いのではないでしょうか

「はんこで遍路」もあと3回で終わりです
遍路の楽しさ、地元の人の優しさを
伝えきれずに終わってしまいそうです
他人に伝える力のなさを感じています

投稿: 房州や | 2009年8月28日 (金) 15時34分

やっぱり、ほっこりさせていたたきました。
なんて、優しい文章でしょう。
伝わっておりますとも!
こころにビビビと響いておりますとも!!

にゃんこの文章力のなさが、この喜んでるこころを表現できないでいます。
もどかしい・・・デス。

投稿: にゃんこ | 2009年8月28日 (金) 20時52分

shadowにゃんこさん

札所のご本尊様に会うのも
楽しみのひとつですが
私は、道端の苔むしたり
雨や風で擦り減ったりしている
石仏に出会うのが嬉しいですね

そんな感じがだせれば
良いのですが

投稿: 房州や | 2009年8月28日 (金) 21時02分

おみごとです (*^ー゚)bグッジョブ!!

いつも房州やさんの文章と小さなハンコの世界を楽しませて頂いています。

同行二人+Oneの気分です。

山門の草履の質感や お堂の構図・緻密さに驚きです。

一緒にお参りしているみたいgood

投稿: まんぼう | 2009年8月29日 (土) 09時35分

shadowまんぼうさん

二度目は二度目なりの楽しさがあり
余裕を持って楽しむことが出来ました
休憩の仕方も上手になり
多くの人と話も出来ました
こんなことが
再びの遍路に導くのかも
しれませんね

投稿: 房州や | 2009年8月29日 (土) 15時11分

実家の庭にあるお地蔵様は、昔は外から見えないところにありましたが、引越ししてからは道路から見えるところに置いてあります。
すぐ近くの保育所に通う子供が手を合わせてくれたり、隣のおばあさんが、「とげ抜き地蔵まで行かなくて済む」と言ってくれたと聞くと(社交辞令とはいえ)、今の方がお地蔵様も喜んでいるかな、と思ったりします。
お地蔵様はみんなが手を合わせられるのがいい。
なお、それを聞いた次兄は、「賽銭箱置いたら?」と言ったそうです。
やつは昔からそうだっだ。bearing

投稿: 峰猫 | 2009年8月29日 (土) 21時49分

shadow峰猫さん

ご実家のご近所の子供たちが
手を合わせている姿を
想像するだけで微笑ましく
心暖かくなるのを感じます

お地蔵さんもきっと
喜んでいます

投稿: 房州や | 2009年8月30日 (日) 06時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« はんこで遍路⑪ | トップページ | はんこで遍路⑬ »