« 記念に | トップページ | メモ書き① »

2009年7月19日 (日)

暑中見舞2009

梅雨も明け、暑くなるかなと思っていたら

変な天気で、強い風ににわか雨

それでも

暑中見舞いの時期ですから

001 なんだこれは

と、思うでしょうね

きっと

 これは、弥勒菩薩の

手を百日紅の

木口に彫ったものです

黒いのは墨の色

白いのは

印材を平にする時に

でる粉をのせたのです

初夏であればと

少しは合うのですが

夏にはねえと

お思いのお方も

いるでしょうが

今は、108個のはんこ

作りに忙しく、新しく暑中見舞いの版画を作る余裕もなく、昔、作って、捺すことの

なかった、みほとけの指を暑中見舞いに使わせて頂きました。

白と黒も、見ようによっては 粋ではありませんか(押し付けてはいけませんね)

いずれにしても暑い夏がやってきます

盆踊り・海水浴・キャンプ・水遊び・プール・山登り・・・・・etc.etc.etc.

いろんなことを楽しんでください

 私はテニスと高野山参りとバイクとお祭見物と花火見物とサッカー応援・・・・・で

 楽しむつもりです

 

 108個のはんこ順調に進んでいます

|

« 記念に | トップページ | メモ書き① »

木口はんが」カテゴリの記事

コメント

ぱっと目を引く美しさ。
この手、生きているように見えます。

手の形の意味するところとか、わかりませんが、
救われそうな気になります。

投稿: 峰猫 | 2009年7月19日 (日) 21時05分

こんばんは。


ずっと昔、菩薩様のあまりの美しさに魅せられて接吻しようとした若者が、このお指を1本ポッキリ折ってしまいましたね。
罰あたりだけれど、その気持ちわかるような。

投稿: ひろみママ | 2009年7月19日 (日) 23時34分

sunfullmoonnewmoon明日は皆既日食  峰猫さん  ひろみママさん

cat峰猫さん

広隆寺の弥勒菩薩さんの手を
彫ったのですが
いかがでしたか?

木口に彫り始めた頃のものです
どんな木に彫ればよいのかも
判らないまま彫ったものです

仏像の手には
それぞれ意味があるそうですが
これはどんな意味があるのでしょうか
知りたくもあり
知りたくもなしですね


snailひろみママさん

いましたねぇ
近づきたくなる気持ち
よくわかります

今度高野山に行くついでに
京都に寄って行こうかと
思っています


投稿: 房州や | 2009年7月20日 (月) 15時17分

さすが、房州やさんの書中見舞いは違いますね。
きゃしゃな美しい手が表現されています。
これも、小さいものなんでしょうね!

楽しみがたくさんあって、うらやましい限りです。にゃんこは・・・あるかナ?

投稿: にゃんこ | 2009年7月20日 (月) 16時43分

wineにゃんこさん

百日紅の枝ですから
縦75mm×横65mm位の大きさです

にゃんこさんの継続力には
いつも感心しています

108はんこ
もう少しです
期待しないで
まってて下さい

投稿: 房州や | 2009年7月20日 (月) 20時31分

弥勒菩薩の手を木口に彫ったとのことですが
木口って硬いんでしょうね?

108個のはんこ・・・ 聞いただけでもスゴイです。
ワタシも頑張らなくちゃ!

投稿: 山豚火 | 2009年7月21日 (火) 13時16分

art山豚火さん

お帰りなさい

木口に彫るといっても
沢山の種類の木を彫ったわけでは
ありませんが
「硬い」です
この百日紅もなかなか硬いものです
素人の遊びですから
失敗なんてありません
硬くて手元が滑っても
全て作品の味になります
と、いつも自分を慰めています
 
 
108個は誰かに言わないと
ぐずぐずとして
なかなか彫らないので
実行するための
ムチのようなものです

おかげで
もう少しで
彫るだけは終わりそうです
使えるかどうかは別ですが


投稿: 房州や | 2009年7月21日 (火) 14時39分

しなやかですねぇ~   この指先。


私の知り合いに手のモデル・・・をしていた人がいますが、また違うしなやかさですね。

綺麗としなやかとは全然違う物だときずきました。

夏は暑くて嫌だけど、それなりに夕方の夏祭などに繰り出せば、美味しい生ビールにありつけそうですね!

投稿: まゆまゆ | 2009年7月22日 (水) 17時14分

beerまゆまゆさん

今日の天体ショーは
残念ながら雲に隠されていて
見ることは出来ませんでした
代わりにテレビで
ダイヤモンドリング等を
興味深く見させてもらいました

そして
週末の土日は、自治会の
盆踊り大会です
100円のビールを飲みに
出かける予定にしてます
今から楽しみです

投稿: 房州や | 2009年7月22日 (水) 17時38分

釈迦があんたは弥勒菩薩となって
56億7千万年修行しなさいなんて事を言うわけです
考えている手がこれなんですね~。
ところが56億7千万年はあまりにも長いじゃないか!
今すぐでも救いを求める人を救いたいなど
と思って、左足を下し立ち上がろうとしてるのが
有名な広隆寺の弥勒菩薩でした。
奈良の中宮寺にも同じスタイル弥勒菩薩あります。
韓国にも同じのものがあるから中国あたりから
伝わったものでしょうか?好みです。

投稿: 章魚庵 | 2009年7月23日 (木) 11時19分

art章魚庵さん


軽くつま先を浮かした仏像や
半歩前に出ようかとする仏像もありますね
仏像の手にはそれぞれ意味があり
指ひとつひとつにも意味があると聞きますが
私にはそんなことはよくわかりません
けれど
 
 
惹かれるものはあります

川村美術館に行ってみたくなりました

投稿: 房州や | 2009年7月23日 (木) 13時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 記念に | トップページ | メモ書き① »