« 6/2 | トップページ | 6/4 »

2009年6月 3日 (水)

6/3

6/3(水)

今日は室戸岬まで歩けばあとはおまけのようなものなので

ゆっくり起きて、7時からの食事の後も、ゆっくりと出発の準備をする

それでも 7:40頃には民宿を出発した

朝から曇がちの空なので雨が心配だ

夫婦岩のようなところでもパラパラ降っていたが

室戸岬の手前心配してた大粒の雨が降りだした

どこか屋根のあるところを探していると、通りかかったおばちゃんが

直ぐ先にバス停があるからと教えてくれたので

急ぎ足で歩き、とりあえずバス停に逃げ込む

雨の止むのをしばらく待ったが、雨は小粒になり、量も少なくなったが

止まない、とりあえずは、大した雨ではないのでポンチョだけで凌ごうと

ポンチョを着て歩き出す、岩屋まできたら、雨は殆ど止んだので

トイレの前で、ポンチョを脱ぎ、身を歩きやすくして

最御崎寺に向って登り始める、山の道には南の植物が繁り

雨の降ったせいか、蒸し暑い

札所を参拝した後で、遊歩道を歩こう、中岡慎太郎の像を見ようと

思い、同じ道を下っていった、途中で昨日の夫婦に出会い話をする

下に降り、遊歩道をブラブラしたあと、展望台に上がって

太平洋の眺めを楽しむ、曇っているので海の色が青くないのが

残念だ、

海岸沿いの町の中を歩いて、津照寺に着くと、さっき

最御崎寺にいた連中がみなお参りを終えたばかりの様子で

立っていた、みんな次の宿坊で泊るという、再会を約束して

お別れをする、まだ宿に行くには早いので、小雨の中を港の中を

散歩することし、釣りをしている人の他には誰もいない

港の水は緑濃く澄んでいる、遠い岸壁には鯨の絵が描かれている

13:40頃に宿に入る

ミニ情報

宿の女将さん(おばあさん)の読む新聞は日本経済新聞

 

室戸でたなら 鮪を追って

越える赤道南方航路

おいらの船は三百トン

昔親父も来て働いた

海はみどりの印度洋

 エンヤコラセ エンヤコラセ 

 

吉田旅館(6300円+ビール2本1000円)※早く着いたのでビールを飲んだのです

|

« 6/2 | トップページ | 6/4 »

旅のおまけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6/2 | トップページ | 6/4 »