« 6/20 | トップページ | 6/22 »

2009年6月21日 (日)

6/21

6/21(日)

 

豆腐屋の民宿だけあって、朝食も豆腐づくし(とうふ・納豆・湯葉・・・)

6:30頃宿を出て、鴇田峠を越えて大宝寺・岩屋寺にお参りする予定だ

R379は工事中で、新しい道を歩いていきなさいと宿の主人が言う

その通りに歩いて、新しい橋と新しいトンネルを抜けて、吉野川トンネルを

過ぎれば、鴇田峠まではほぼ一本道(落合トンネルの先で右に曲がることを

間違えなければ)、途中で天気が怪しくなってきた、またこの峠越えが

雨かと心配したがポツポツと落ちてきただけで本降りにはならない

三嶋神社を過ぎたところで、昨日すれ違った女の人(野宿)が休んでいる

のにであった、滝ノ上の薬師堂あたりで野宿したそうだ、しばらく休んでから

行くと言うので先に歩くことにして、山への道を進む、杉林の中を登り

峠を越え、舗装した道を下る、自販機があり、水を補給して

鴇田峠に取りかかる並行している舗装道路をなんどか横切りながら

へんろ道を歩いていると、久万高原町が見えてくる、コンビニを探して

いつものように、おにぎり等を買い求め、大宝寺にお参り、裏からの

へんろ道を通らず、R12に沿ったへんろ道を選び、岩屋寺に向う

お参りの帰りに赤い橋を渡った先にある店で、手作りパンを買う

明日の行動食だ、国民宿舎古岩屋荘は16時チェックインだが

お風呂へは入れるので、先に風呂に入る、洗濯機使用も

チェックイン後げ原則だが、誰もいないようなので先に使わせてもらう

洗濯中にロビーにあった本を読みながら、缶ビールを飲んで

今日の無事を喜ぶ、夕食中に外を見ると、いつも出会う若い野宿遍路が

通りかかる、後で風呂に来るというので、その時にと別れる

食事を終えて、風呂の前に行くと、野宿へんろのたまり場のようになっていて

どこかで見たような人たちが洗濯中だった、すぐ側の休憩所で今日は

泊るそうだ、しばらく遍路話に話が弾む、頂き物あまりもの等を

少しだけお接待をして、先に引き上げた、雨が降らなければよいが

 

国民宿舎古岩屋荘(宿泊4700、夕食A1800、朝食800、生ビール500)

 

|

« 6/20 | トップページ | 6/22 »

旅のおまけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6/20 | トップページ | 6/22 »