« 5/31 | トップページ | 6/2 »

2009年6月 1日 (月)

6/1

6/1(月)

国民宿舎の食事は6:30からだった

今日は大して歩かないのでゆっくり朝食をとり、ゆっくりと

キラキラ光る大浜海岸を見ながら堤防に上がり大浜の海から

吹いてくる風を受けて、日和佐駅前のコンビにまでぶらぶらと

歩いていった、いつものようにコンビニで今日のお昼に食べる

おにぎりとバナナを一本買ってザックに詰め込み

R55を室戸に向って鯖大師に向って歩き始めた

しばらくは山あいの道を登っていく

牟岐町の手前で、川の左手を歩くことにした

右の道は国道R55なので自動車が多く走りゆっくり歩くことが

出来ない、左の道はほとんど車も通らず、のんびりと綺麗な川を

楽しみながら歩くことが出来る

河口が見える付近まで来て、橋を渡り、牟岐駅の方に進む

駅前の信号を左に折れると、有名な牟岐警察の横のお接待所だが

今回もお休みのようだ、トンネルを抜けると右手が最初の目的地

「別格4番鯖大師」だ、線路の下をくぐってお参りをして、境内の

木影をお借りして休憩時間とした、今日の宿は宍喰なので

残りは15km位となった、今回は是非寄りたい「遍路休憩所」が

海南町にある、第一号の遍路休憩所である

ここは座れるだけでなく、トイレも水も備えてある

遍路でなくて困るのは座る場所でも水のある場所でもなく

「トイレ」だ、そのトイレが第一号にもかかわらず

備わっているのがなにより嬉しい

テーブルの上に冷たいお茶が用意されていた

ありがたくお茶を頂き、しばらく休んでから後にした

海部の先、福浦辺りの海岸は美しく、ついつい休んで見てしまう

宍喰の海岸はサーファーのための店が多くあり

若者が海岸をうろうろしている、今日は波が穏やかなため

岸壁に座って日向ぼっこをしている姿が見られる

ここ宍喰は野球の殿堂入りをした上田利治さんやゴルフの尾崎三兄弟の

出身地としても有名なところです

弁天屋旅館泊(一泊二食6500円):街中の通り沿いにある旅館、気さくなオバサンが切り盛りしている

|

« 5/31 | トップページ | 6/2 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5/31 | トップページ | 6/2 »