« 旅の途上(2) | トップページ | 5/25 »

2009年5月23日 (土)

旅の途上(3)

Photo_5   捨炭山に月がかかりました

  「逢いたい 捨炭山が 見えだした」

  何故だか懐かしい風景です 

  

Photo_6  月が林に隠れて見えなくなりました

  「月が林にかくれた」

  細い枝の間から月の光が

            こぼれてきます

 

 

どこかの旅の空にかかる月を一人で眺めているでしょう

まだまだ旅は続いています

 

「月が昇ってきた私の真上に」

「月を見る旅の空の月を」

|

« 旅の途上(2) | トップページ | 5/25 »

歩き旅」カテゴリの記事

コメント

おなじ月 われも見上げて 房州やおもう

まさか、房州やさんも
山豚火さんのように外国へ・・・ってことはないのでしょうね。
独立記念日の頃までは・・・なんて、おっしゃっていらしたので、まだまだお帰りではないのでしょうね。

さびしい~~~よぉ~~!

投稿: にゃんこ | 2009年5月23日 (土) 08時04分

ちょっとググッてみました。ボタ山の句は、山頭火が木村緑平を訪ねるときの句ですね。糸田町皆添橋のレリーフもボタ山です。してみると、房州やさんは今頃福岡県の旧炭鉱地帯を巡って、山頭火の足跡をたどっているのでしょうか?

投稿: 埼玉の酔仙 | 2009年5月23日 (土) 11時13分

どの作品もイイ感じですゥ。
今は月と一緒に旅していらっしゃるんですね~

「菜の花や月は東に日は西に」、、、
名月や~そなたは今はどこにいる?

お粗末(=_=)

投稿: ゑ女 | 2009年5月23日 (土) 22時04分

おぉ〜っ!
まだ お帰りではない。
どこかの外国で 足留めされてるんじゃないでしょうね。
新型インフルエンザで・・

名月や異国の宿で石を彫る 山豚火
.

投稿: 山豚火 | 2009年5月25日 (月) 09時19分

「しばらく留守に・・」と旅立ちの挨拶から、すでに18日目!
常連さんのコメントを読む度に私も心配になって来た・・・・
まぁ~一ケ月のぶらり旅 (-_-;) なんて事か?

房州やさんの事だから、旅から戻ってスケッチやらを載せてくれ
我らを感動させてくれるでしょうが! ハードルを上げて(笑)

次のアップ(土曜日)を待ちましょう。(〃⌒0⌒)/~~

投稿: わか | 2009年5月27日 (水) 16時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 旅の途上(2) | トップページ | 5/25 »