« 私のカメラは | トップページ | 椿とその後のグミ »

2009年4月 3日 (金)

はんこを彫る

09040101  私なりの  「はんこ」の彫り方です

 前回お話したとおり①朱泥を印面に塗り

 ②筆で絵を描き③このような印床

(印材の固定用具)にしっかり固定します

 もちろん手で持って彫ってもかまいません

     

090401100 今回の道具は、大廉売最終日に行って

 100円/本で 残り物の篆刻刀を

 手に入れましたので

 これを使うことにしました

 刃の巾 10mm も 4mm も同じ値段

 100円です。

 硬そうで、彫り心地は悪そうなのですが

 安いので我慢しましょう。

 握りやすさから、

使用する刀は 10mmとしました 

 

09040102 09040103

  どこから彫り始めても良いのですが

  いつも、左の上から彫っています

  千手観音様なので

                    同じパターンの繰り返しになります

09040104 09040105

 だいぶ彫れてきました

 歯ブラシで石の粉を落として、見やすいよう

 ちょっと表面をこすってみました

 

09040106 09040107

 上から見たり、横から見たり

 斜めから見たりして、仮捺しの前に

 ある程度の補正を加えます

 

後は、仮捺しして、最後の補正を加えていきます

刀の使い方は、「ぐう」で握るやり方、「鉛筆」握りと色々あります

やりやすい方法がその人のベストの握り方です

押して彫る、引いて彫るこれも好みの問題なので

何度かやってみれば、自分に向いている方法が見つかります

詳しく知りたければ、図書館に行って、篆刻or遊び印の本を借りて

読んでください

私の道具一式は

昨年の4月30日に 「遊びのはんこ作り道具一式」で登場しています

|

« 私のカメラは | トップページ | 椿とその後のグミ »

遊び印(その他)」カテゴリの記事

コメント

おぉ〜! ついに房州やさんの篆刻の道具の登場。
と わくわくしたのですが 印床も篆刻刀も
たいしたものを 使っていませんね。
要するにはんこを彫るのは 腕とアイデアなのだ!

.

投稿: 山豚火 | 2009年4月 4日 (土) 09時21分

wrench山豚火さん こんにちは


一度道具は紹介したことがあるのですが
今回使った篆刻刀は数奇な運命を
たどりまして、100円になったのです
((貼っていたシールから判断すると))

10mmの刃物は
通常価格  1260円
初日特別価格 380円  70%オフ
2日目価格  300円  76%オフ
最終日価格  100円  92%オフ

 4mmの刃物は
840→250→200→100円(88%オフ)


決して安物ではありませんが

気に入ったもの
扱いやすいものが
一番です

投稿: 房州や | 2009年4月 4日 (土) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私のカメラは | トップページ | 椿とその後のグミ »