« 石峰寺・旅のメモ | トップページ | 石峰寺羅漢さん彩色 »

2009年3月15日 (日)

北部千葉の古い家並み

C145 ←成田線の木下駅北口にある

「川村商店」です

手焼きの煎餅を売っています

C148←佐原の掘割の向こうに見える

蔵と商家を彫ってみました

佐原の町は伝統的建造物群保存地区に

なっています

C151 ←そういえば

お城のある山の上で

僧形の男が歩いているのを

見かけたと連絡がありました

|

« 石峰寺・旅のメモ | トップページ | 石峰寺羅漢さん彩色 »

遊び印(その他)」カテゴリの記事

コメント

房州やさん お帰りなさい。

14日のブログですが
筆ペンの文字がいいですね。
さらっと書いた文章がいいですね。
それに漢字をよく知っています。
山豚火は漢字をみんな忘れてしまって
辞書は離せません。
房州やさんは 元高校の国語の先生ですか?

佐原の古い建物はスゴイとしか言い様がありません。
これを彫った人は 日本広しといえども房州やさん
しかいないんじゃないですか。
錐のような先のトガッタ彫刻刀で彫るのですか? 
恐れいりました!

投稿: 山豚火 | 2009年3月16日 (月) 20時16分

古い家は絵になりますね。
瓦などの細かい描写が、趣を伝えてくれます。confident

お城のある山の上見かけた僧とは、
あの托鉢僧でしょうか。
今、何をしているのでしょう。
風邪も引かず、元気でしょうか。
花粉症は大丈夫かなァ。

投稿: 峰猫 | 2009年3月16日 (月) 22時28分

tulip山豚火さん

筆ペンは他の筆記具よりさらさらと
動かせるような錯覚を覚えます
これで濃淡・太さ・かすれが自由に
出せれば最高なんですが
新製品にそんなやつはでませんかね

>錐のような先のトガッタ彫刻刀で彫るのですか?

 篆刻刃はいつもの巾12or15mmを使ってます。いろんな刃物を駆使して彫られる方もいらっしゃいますが、きっとどこに置いたか判らなくなりそうで、これだけで全てを作っています

投稿: 房州や | 2009年3月17日 (火) 19時57分

tulip峰猫さん

古い建物にはそれなりの雰囲気がありますね
近代遺産も周りに溶け込むようになれば、良くなります。


>今、何をしているのでしょう。

 西の方に行ったのではないかと
 思っています
 花粉症もこれ修行
 風邪を引くのも修行です
 そう言えば、五重塔で出会ったような
 気がします

投稿: 房州や | 2009年3月17日 (火) 20時02分

千葉の北部の街並みは、こんな建物があるんですね。
佐原、行ってみたくなりました。
素敵ですね♪ (*^。^*)

こんな細かな作業、彫るのは大変なんでしょうね。
素晴らしいです☆彡

投稿: 月うさぎ | 2009年3月18日 (水) 15時44分

tulip月うさぎさん こんにちは


印面に絵を描くときに悩むのは
左右を逆に描くときですね
右でも左でもいいかなと思ったら
見た目の通り描いて
そのまま彫ります
太い線は良く見て慎重に
ごちゃごちゃした線は
指先の感覚で適当に
全体のイメージも適当に
なんとなく一所懸命にならないように
楽な気分で彫ってます


是非千葉の町へ遊びに来てください


投稿: 房州や | 2009年3月18日 (水) 17時14分

成田線の木下駅…
かやの木やゴム印のお寿司やまで 
もう一息 
対岸の布施弁天も印の対象に?

投稿: 空海望 | 2009年3月24日 (火) 19時38分

tulip空海望さん こんにちは

木下駅からは「はんこのお寿司や」さんまではまだまだあります

千葉の一番端っこの取手の北までは
遠くて、私のバイクはまだ
千葉県を越えたことがありません

利根川も江戸川も

投稿: 房州や | 2009年3月24日 (火) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 石峰寺・旅のメモ | トップページ | 石峰寺羅漢さん彩色 »