« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

ナワシログミ

 090328 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもテニスをしている公園の周遊道路で見つけた

「ナワシログミ」です

味見をしてみましたが、まだ早くて渋みばかりです

来週のテニスの時にはどうなっているのか楽しみです

| | コメント (2)

2009年3月30日 (月)

思い出の品は切符

220_2   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本箱の引出しから出てきたものは、かび臭いにおいのする、昔の切符たち

東京周辺の切符です

この頃の初乗りは 20円

だった

こんな切符があと何十枚も

ビニールの袋に押し込まれていました。

S42~43年頃に集めていたのでしょうか

 219                                   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の3枚は寝台券

 今の言葉で言えばブルートレイン

 のチケットです

下は周遊券

 交通公社に行って

 周遊券を作ってもらい 

 旅行をした経験はありませんか

 初めての北海道は

 周遊券を持って、ユースホステル

 に泊って道南・道東を巡りました

 表紙と途中下車のスタンプが

 たくさん捺された切符をみると

 その頃が思い出されます

 あなたの机の引き出しに

 こんな思い出の品が残ってはいませんか?

| | コメント (4)

2009年3月29日 (日)

里山散歩のおもちゃ③

Photo 里山散歩おもちゃ(その3)これで終わりです

左から

1.手作りバードコール×3

2.コンパクトデジカメ

3.ウェイト3種

  

 

*1 バードコール

             1)ホームセンターで金属製の環を買ってきて

             2)少し固めの木の木口部に錐で穴を開けます

             3)その穴に、環のネジ部分をねじ込みます

                (これだけで鳥の声らしき音が出ますが、緩みを調節すれば

                 色々な鳴き声を再現できます)

             4)木部に色を塗るor絵を描くと楽しいと思います

             ※暇な方は是非作ってみてはいかがですか?

              趣味がひとつ増えますよ

             ただ、もって行っていることを忘れて、鳴き声のするほうを

             覗きこんで探している方が多いです

             (じゃまな持ち物かもしれません)

 *2コンパクトデジカメ   35mm換算 28~200mmですが、殆ど持ち歩いている

              だけで、あまり写したことはありません

              〇〇を写すぞ!と強く思って出かけないと

              ただの荷物にしか過ぎないかもしれません

              

 *3ウェイト3種   足を鍛えよう耐久力をつけようと思い、負荷をかけています、膝に

              負荷がかかり過ぎないようにと思っています

              写真のウェイト3種

              水筒500cc×1

              ペットボトル500cc×1

              余裕があるときは2リットルペットボトル×1

 ※その他      のど飴

             お昼過ぎまでいようかなと思った時は、「おにぎり×2」

             汗拭き用タオル

             ティッシュ

             歩数計

             携帯電話   いざというときの連絡用

                      普段は時計代わりになります

             タクシー代位の現金  いざという時のために

  ①②③はみんなデイパックの中に入っていますので、荷物はひとつです

  両手には何も持たないことが大切です

  背中の荷物が重たく感じてきたら、疲れてきた印です、

  そうなったらさっさと帰りにつきます

     

  さあ 天気の良いときには散歩に出かけましょう

| | コメント (7)

2009年3月28日 (土)

枯草の山の上で

春まだ浅い日のころ

男は肌に冷たい風の中で

うっすらと汗を掻いて

枯れ草の山を登ってきました

Zc076ふと顔を上げた目の先には

青空が目の前にあります

道はジグザグに続き

青い空に向かって続いています

頂上に着いたら笠を取って一休みしましょう

横になって休むこともいいでしょう

どうせ急ぐ旅ではないのだから

Zc079 枯れ草に座っていたのですが

いつの間にか横になって

静かな寝息をたてているのを見たのは

頂上についてまもなくのことです

暖かいとはいえまだ外は冷たい風の中です

月が出る前に起きてくれればよいのですが

あまりにも気持ちよさそうなので   

しばらくはそっとしておきましょうか

  

size 15×15mm

| | コメント (5)

2009年3月27日 (金)

印材→はんこ(4)おまけ

218  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、はんこを彫った後に試し刷りをしたものです

何枚も重なって大変読み取りにくいですが

これを見て、汚れ(彫りもれ)をとったり、追加彫りをします

補正が終われば、目的からいっても

本来、これはとっておく意味はないのですが

捨てきれずにいます

何時、どんなはんこを彫ったかが解るので

綴じておけばまた意味があるかもしれませんが

それもせずになんとなく持っています

 

| | コメント (2)

2009年3月26日 (木)

京都へのお供

214

先日お知らせしました、京都の石峰寺に

五百羅漢を訪ねていった時に

新幹線の中でお供をしてくれたのが

この本です。(←これは毎回持って行きます)

「のぞみ」は、あまりに早くて

本の内容とひとつひとつ

チェックは出来ませんでした

あれは何かなと思っていた

ポイントが近づくのを

待っていて、探していたこれは

「あれだ!」と

追っかけないと大変です。

<<内容>>

215

←地図上のポイントと

  写真

  説明が付いています

  歴史好きの旅好きには

  たまりません

  山陽新幹線・東北新幹線と

  広がることを期待しています。

次は、その時の散歩のお供にと今回初めて持っていった文庫本です

216 公園や喫茶店で読みかえそうと

持っていった本で

川上澄生が描く

明治の少年が見た

情景がそこにあります

詩情あふれる版画と文章は

一読の価値あるものと

思います

 

 

 

  かぜとなりたや

  はつなつのかぜとなりたや

  かのひとのまへにはだかり

  かのひとのうしろよりふく

  はつなつのはつなつの

  かぜとなりたや

 

  一度このイメージをはんこにしたことがあります

  どこかでお目にかけたような気がします

 

<<内容>>

217←このように

 文章と版画が楽しめます

 元は

 70年ほど前に

 出版されたもののようです

 さあ

 ちょっと昔に旅立ってみませんか

あなたの旅先で読んでみるのもきっと良いものです

| | コメント (2)

房州白浜いちご狩

090326 いちご狩りに行ってきました

白浜いちご狩りセンターは

野島崎灯台入口のバス停の

目の前にあります

今なら 30分食べ放題で

1400円です。

 

 

 

090326_2 いちごの白い花も咲いています

どうしても

大きなものを選んで食べてしまう

のは、日頃大きないちごを

食べていないせいでしょうか?

ウィークデーのせいか

人も少なく、ゆっくりと歩きながら

食べることが出来ました

 

 

 

 

090326_3  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晴れていたので、海は深い藍色をしていて、波は白く、ベンチに座って

海をしばらく見ていました。

厳島神社には弁天様を除く七福神が並んでいました

090326_4 弁天様は他の場所に

いらっしゃいます

 

 

フラワーロードの菜の花はすでに盛りを過ぎており

房総の山には桜がチラホラ咲き始めていました

黄色からピンクに主役は移りつつあります

| | コメント (2)

2009年3月25日 (水)

消しゴム在庫

2009

消しゴムはんこを初めたころは、いろんな消しゴムを使って彫っていました

 一般の事務用の消しゴム・やわらかい消しゴム・硬い消しゴム・宣伝用の消しゴム・大きな消しゴム・小さな消しゴム・消しゴム印用の消しゴム等々・・・・・

そして今、残っているのは

←この大きな消しゴムが2個と

 

 今は買えない(?)最後の21個の消しゴムだけが手元に残っています。

大きな2個の消しゴム(左側)大きさは        26×75×159mm

右の2箱は STAEDTLERの製図用の消しゴムで  15×39×71mm

                              (10個/箱×2箱+1個)

大きな消しゴムの使い道は今のところ思いつきません

買ったときから何に使おうなんて考えてもいませんでしたが

未だに思いつきません

それにしても2個も買う必要はなかったようですね

右のステッドラーの消しゴムはもう生産していないようで

文房具店にいっても見つけることは出来ません

最後の21個の新品(新古品)です

これは俳句や短歌を彫るのにこの大きさがちょうど良く

当然分割することも可能です

デザインカッターで彫るのに粘りもちょうど良く愛用していました

が、値段が高いのと両面使えないのが欠点です

 

楽しみの材料は、まだまだ残っています 

 

  

| | コメント (0)

2009年3月24日 (火)

貝殻のかけらを集めて

 Photo

貝殻に穴のあいたものを

拾って、穴にテグスを通して

輪っかにしました

手首につければ

南の島の贈物になりそうです

なんでもたくさん拾えば

何かに使えます

多分何かになります

海で拾ったものの再利用でした。

| | コメント (4)

2009年3月22日 (日)

印材→はんこ(3)

2009_6

印材→はんこの三回目です

一日ほおって置くと大体乾きます

こすると印泥が少し着きますが、気にしません

邪魔になるので、さっさと積み重ねていきます

⑨乾いてから、透明水彩絵の具で彩色を行います、印泥の油分が水・絵の具をはじくので、その効果を利用して色付けすることも可能です

 私は書道の半紙を使ってますが、厚手にしてもよいし、にじみを楽しむのも

 面白いと思います

 今度は水彩絵の具が乾くまで、乾かす時間が必要になります。

 はんこを捺した時と同じように並べて乾かしますが、水分だけなので短時間で乾いてしまいます

⑩乾くと、次はパソコンに取り込む順番になります

 ここで、カテゴリー毎に整理しておくと良いでしょう

 

2009_7⑪カテゴリー毎に分類した様子です

 この単位にスキャナーで読み取り分類整理しています

 はんこに後から思い出せるような名前をつけていきます

 花・紅梅二輪 等々

  

2009_8 ⑫左側が今回の70個分のはんこを捺したもの

  右側は製本していないが取り込みが済んだもの

  少ない部類のはんこが溜まって一冊分くらいに

  なってきたら、まとめて全部を和綴じ(風)で整理します

それまでは、こんな状態で積まれています。

 

 

肝心の彫っている様子がありませんでしたが

彫っているときに写真を撮る余裕はありませんので

このようになってしまいました

これで今回の「印材→はんこ」は終わりです

3回に分けるほどのものではないのですが

一回でやるのも面倒なので 

 

内容の詳細は翌週以降に少しずつご紹介いたしますので

見てやってください

| | コメント (2)

2009年3月21日 (土)

印材→はんこ(2)

印材→はんこの2回目です

20092

  彫ったはんこは、どこかに整理して置いていないと

  すぐにわからなくなりますので、とりあえず箱に入れて

  捺すまでの時を待ちます

←④この入れものは「ダイソー」で買ったもので

  15×15mmの印材だと70個入ります

  時によりますが 普通は、1/3~多くても半分くらい

  溜まると、試し刷りをするのが普通です

  今回は溜めすぎました  (この後が大変でした)

⑤試し刷りをしてみると、汚れ・彫り残し・思ってたものと違う・・・

 色々な問題が出てきます

 普通のはんこを彫る人は、印面を綺麗に洗ってから、捺すと思うのですが

 面倒なので、そのまま(朱墨がついたまま)捺します→言い訳:その方が

 修正するときによくわかる

⑥上手く彫れなかったところに篆刻刀で補正を加えます

  大幅に補正を加えると面白みがなくなるので、少しだけ補正します

  字や絵に間違いがあっても、それは面白みがあると自分でよい方向に勝手な解釈を

  してなるべくそのままにしておきます

 

2009_5

 印面の補正が終わると、印面をきれいにして

(ティッシュなどで朱泥をよくふき取って)

私の場合は⑦一個のはんこを3回押しています

  (1)美麗:落ち着いた赤色 

  (2)純黒:黒いはんこがあってもいいじゃないか

                         (3)純黒:彩色用に黒で捺しています

⑧捺した後は乾かすために、↑このように、新聞紙の上や座布団の上に並べて乾かします→床に置くと邪魔になるので、多いとソファの上に避難することになります。

この紙の大きさは半紙の1/8サイズです(1/4サイズを二つ折りしてます)

 

今回は70個のはんこを作ってから捺しましたので

70×(本番3+試し1)=280回 捺したことになります

実際は失敗するのでもう少し多くなります

一日では捺しきれませんし飽きてしまいますので

何回かに分けて捺しています

 

 

第二回はここまでとします

     

| | コメント (2)

2009年3月20日 (金)

印材→はんこ(1)

2009 買ってきたばかりの印材は、表面が凸凹なので

そのままでははんこになりませんので、私はサンドペーパーを使って平にします   粗 → 中間 → 仕上げの三種を順番に使って、だいたい 平にします ガラスなどの平らなものを下に敷いて研磨すれば良いと思います

円を描いて磨くより 8の字の方が良いような気がしますが、専門家はどうしているのでしょうか

2009_2②朱墨を印面に塗り

③彫りたい絵や字を描いていきます

(私は鉛筆で下書きをして、仕上げに筆を使い墨で書いています、鉛筆の線は消しゴムで消します)

 

2009_3 ④彫ったものを一回ずつ、捺すのは面倒なので、私はまとめて捺すことにしていますので、このようにはこの中に入れておきます

 

 

第一回はここまで

| | コメント (0)

小舟に夕陽

  

C076 小舟が静かな水面に浮かんでいます

小さな波に春まだ浅い夕陽が

かすかな光を反射しています

静かに夕陽が沈もうとしている

どこかで鳥の鳴き声が聞こえてくる

水鳥が飛び立ったのか、水面に波の輪が広がってゆく

  

size 15×15mm

 

あなたには、どんな物語が浮かんでくるでしょうか

どんな俳句が浮かぶのでしょう

| | コメント (2)

2009年3月19日 (木)

スケッチブック色々

Photo←日頃、旅行に持っていくスケッチブック

   等です 上から

 1.Pocket Series maruman S163

          主にメモ用紙として使っています

 2.APOLLO H-F1  F1-HOMO

        DRAWING BOOK

          最近はこのサイズを使っています

 3.MUSE KENAF 163  LANDSCAPE

                                                             GK-8181 G-1

                                                            以前はこの横長のタイプで描いていました

                           主に風景を描くので、これがちょうど良いと

                           思っていますが、最近は見つけることが

                           出来ずにいます。

                           他の型式番号になっているのかな

Photo_2 ←最近手に入れたスケッチブック達です

   maruman  のスケッチブック50周年の

   アニバーサリー物です

  上から左回りに

  1.B5サイズ  65枚

  2.Travel         手帳形になってます

            今回、使ってみました

            羅漢さんの最後のスケッチが

                                   そうです

                         3.ワードカードタイプ リング止めで100枚

  

  

| | コメント (0)

2009年3月18日 (水)

石峰寺羅漢さん彩色

01001 02001  

 

 

 

 

 

 

 

 03001 04001

 

 

 

 

 ↑賽の河原

 

 

 ↑文殊菩薩

05001 06001  

 

 

 

 

07001  

 

 

 

 

 

08001  

 

←十八羅漢のうち 6体 

 

 

 

 

 

先日、載せた石峰寺の羅漢さんのスケッチ(クロッキー帳への)に

記憶の褪せぬまにと、急いで色をつけてみました

これを見て行って、配置が違うことに気がついたり、色が違っていても

くれぐれも投書はしないようにお願いします

スケッチはキュービズム風に仕上がっており、色は記憶の中の色ですから

雰囲気は随分変りました、前の方が良くてももう元には戻りません

山の斜面に羅漢さんが落葉に埋もれて立っている雰囲気が

少しでも出ていれば大成功です

石峰寺の羅漢さんは、これでおしまいです 

 

 

次回予告・・・・・70顆の「遊び印」が出来るまで (いつものように手抜きしてます)

| | コメント (10)

2009年3月15日 (日)

北部千葉の古い家並み

C145 ←成田線の木下駅北口にある

「川村商店」です

手焼きの煎餅を売っています

C148←佐原の掘割の向こうに見える

蔵と商家を彫ってみました

佐原の町は伝統的建造物群保存地区に

なっています

C151 ←そういえば

お城のある山の上で

僧形の男が歩いているのを

見かけたと連絡がありました

| | コメント (8)

2009年3月14日 (土)

石峰寺・旅のメモ

001 002  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅のメモもこんな下手な字を筆ペンで書いてます

万年筆も持って行ってはいるのですが、面倒でついつい筆ペンに頼ってしまいます

字が他の筆記具に比べて大きくなるので、細かなことは書かなくなるのが

良いところです

どうです、皆さんも筆ペンを使いませんか

この上から水彩絵の具で絵を描いても大して滲みません

(よく乾いていればの条件付ですが)

筆ペン名人のような字を書いていれば

もっと他のページもお見せできるのですが

下手な字なのでこれだけとさせて頂きます

・菜の花を揺らし続ける川風はある

・草枯れて耳塚まあるくそこにある

・落葉に埋もれた羅漢に風はない

・落葉敷く山に風なく羅漢寝て

さあ、暖かくなったら旅に出ましょう

そして便りを下さい

待ってます

| | コメント (2)

石峰寺羅漢さん(4)

07001 

 

これで、今回のスケッチは終わりです

関西にお住まいの方にはおなじみのお寺さんかもしれませんが

伏見稲荷のお隣にある小さなお寺です

伊藤若冲のお墓もあります

若冲さんが奔放な筆さばきでデザインしたものを近所の石工が彫ったのでしょうか、それが長い間に石は角が取れて丸くなり、あちこちが欠けて、柔らかいものになっています

そんな羅漢さんが落葉に埋もれながら立っています

苔むしところどころ欠けて竹林の木漏れ日を受け優しいお顔をしています

今回は東福寺や泉涌寺や広隆寺にも行ったのですが

スケッチすることはありませんでした

記憶の残っている間に、水彩で色付けしようと思っています

いつもの筆ペンにいつものクロッキー帳を使いました

筆ペンの楽しさが伝わったでしょうか

| | コメント (2)

石峰寺羅漢さん(3)

05001 06001   

 

 

 

 

 

 

あっちにひとかたまり

こっちにひとかたまり

話をしているような寝ているような

結構賑やかな空間です

上を向いたり下を向いたり

よそ見をしたり

ひとつひとつの表情がよかったです 

| | コメント (0)

石峰寺羅漢さん(2)

03001 04001  

  

  

  

  

  

  

  

  

お地蔵さんが一杯なのは、賽の河原だそうです

落葉に埋まるように立っていました

苔に覆われたもの

頭の欠けたもの

落葉に半分埋もれたもの

竹にかくれたもの

色んな羅漢さんがいました

| | コメント (0)

石峰寺羅漢さん(1)

01001 02001  

  

  

  

  

  

  

  

一週間のご無沙汰です

すっきりしない天気の中を

京都の黄檗宗石峰寺の羅漢さんを見に行ってきました

筆ペンとクロッキー帳で数枚のスケッチをしましたので

ただ並べるだけですが見てやって下さい。

(1)(2)(3)(4)あわせて 7つです

もっともっと描きたかったのですが

ぼんやり眺めている時間のほうが多くてたくさん描くことが出来ませんでした

次はもっとゆっくりと

そしてじっくりと見に行きたいと思います

| | コメント (2)

2009年3月11日 (水)

柳は緑に

0421 ←川岸の柳の細い枝に

  薄緑の芽がつき

  やがて緑のカーテンとなり

  風の過ぎていく様子を

  目に知らせてくれる

  柳 4月21日

  花言葉:わが胸の悲しみ

  

  

  

0311  ←小さな雪柳の花がゆれ

   花びらを散らし

   あたり一面は雪が降ったように

   真っ白になります

   雪柳 3月11日

   花言葉  殊勝

   こんな花言葉シリーズも彫ってました

   花で選んだのか

                    日にちで選んだのか

                    言葉で選んだのか

10年以上前のこと、今となってはもう判りませんが、消しゴムだけが残りました

   

| | コメント (4)

2009年3月 8日 (日)

ちょうど一年前

001<梅の香や・・・・・・・>    

ちょうど一年前に「遊び印」では有名な「天魚」さんの題刻の呼びかけに、ずうずうしくも応募したときの彫る前のはんこの印面です

朱墨を塗った印面に鉛筆で逆に描いて、墨で上から描いたところです

002 下は位置は左右逆になっていますが、彫って、朱泥(美麗)で捺したところです、まだ彩色をやっていなかった頃なので素朴な感じです、考えることなく思いつくまま彫っていますので内容・技術共に落第点でしょうね

  

上段左から(説明なし)

①満開の梅  

②焼酎の梅割り一枝添えて(是非飲みたい)

③闇夜にどこからか春の梅の香が漂ってくる(風流な・・・)

④山頭火としだれ梅

⑤梅見酒をしながら桜を待つ(いやしさを・・・)

下段左から

⑥東風吹かば匂いおこせよ梅の花(ひねりもなく)

⑦梅一輪開き春の香ただよう

⑧デザインとして紅梅白梅

⑨梅に鶯の図(ただ並べた)

⑩梅の香は蕾のころより薫るもの

  一点だけよとお知らせに、この中の2つ3つ出したような気がします

それで採用されたのは

004_2 ←毎日まいにち、山野を旅する山頭火が

  顔を上げた先に、しだれ梅が咲き始めていました

  もうすぐ春が来ることを教えてくれます

           しばらく見上げていた山頭火は何を考えていたのでしょうか

           大きく息を吸い込んで、再び何事もなかったかのように

           しっかり前を向いて歩いて行きました

その天魚さんのHPは http://www.ne.jp/asahi/asobi/hanko/ です

私にとっては 西のもぐら庵  東の天魚 と言える 遊び印の先達であり名人・達人です

私はといえば このころも そのまえも そして一年経ったいまも

相変わらずの駄作の多作は変りません

はやく寡作の佳作になりたいものです

size  15×15mm

 

 

今日はブログデビュー 一周年記念日です

| | コメント (5)

2009年3月 7日 (土)

羅漢さん612~614

612128 613c094 614c097  

 

 

 

何を話しているのでしょうか?

修行そっちのけで

おしゃべりに夢中のようです

今日から2009 Jリーグ開幕です

そんな話に花が咲いているのでしょうか

size 15×15mm

 

 

明日から西の方に出かけ来ます

北はまだ寒いので

ひとつふたつの記事を公開日時指定でアップ出来るようにしていきますので

お楽しみに(たいした記事ではありませんが)

では

行って来ます

| | コメント (3)

2009年3月 5日 (木)

旅のメモ:リビア

01libyaj_2  

 旅に出かけたときのメモです

 いつもメモには筆ペンを使っています

 鉛筆はこすれて汚れてしまう

 ボールペンは少々硬く、さっさとメモするには扱いにくい

 太字の万年筆は良いのだが、砂漠の中で使うにはもったいない

 ので、筆ペンを使っています

 Pentel カラーブラッシュ(カートリッジ式)のグレーを何本か持っていきます

 黒だとメモだけだと良いのですが、説明用の絵を入れるときには私には濃すぎます

 スケッチブックを開くのは、時間のあるときだけで、いつもは maruman s163をポケットに入れて、メモしてます

  ↑ チュニジアとの国境近くの町ナールートの風景です

 

04libyaj ←アルジェリアの国境が見える町

  世界遺産ガダメス旧市街で見かけた

  壁に描かれた模様です

  真っ白な壁に赤い絵の具で描かれた模様が綺麗だったので、昼食の後でメモしました

 色はホテルの部屋でつけています

 スケッチに色をつける時に、メモ帳にも

 色をつけていきます

 このクロッキー帳(メモ用紙)は、水彩絵の具で簡単に色をつけるのに便利です

  

 

   

 

02libyaj  

←砂漠にはいろんなものがあります

 石ころだらけ・砂だらけ・岩山等々

 この珪化木探しの場所は、黒い石がゴロゴロしている礫砂漠(?)にある木の化石を探した場所です、年輪がはっきりわかるものが沢山見つけましたが、フィルムケースに内緒で入れました

 砂漠で3泊し、満天の星を眺め、焚き火で焼いたパンをいただき、朝日を拝み、砂漠を真っ赤に染める夕陽をいつまでも見つめた 思い出の小さな石です

 赤い砂・黒い砂・白い砂・黄色い砂も 少しづつ持って帰りました

 ←この遺跡は、ほとんど元の土に帰っている、そんな風にしか見えませんが

ちゃんと入場ゲートがあり、入場料をしっかり払わされます

   

    

    

       

4.ジュルマの砂漠 03libyaj                              

 ←帰国前にはいっぱい遊ばなきゃ というわけで、ランドクルーザーで砂漠の中を走り回ります、砂の山を登ったり下ったり、平らな砂の大地を砂煙をもうもうとあげてぶっ飛ばしたり

そして着いたところが

砂漠の中の小さな池です、池の周りには草が生え椰子の木が並び、ついでにお土産屋さんが並びます

砂漠の中で見る緑の風景は嬉しいものです

どうですか

筆ペンでのメモは?

もちろん文字の方が絵よりも多いのですが、内容は出しにくい内容も含んでいますので、今回はこれまでと致します

  筆ペンとクロッキー帳はメモに便利です簡単なスケッチにも有効だと思います

是非お試しを

筆ペン ぺんてる カラーブラッシュ  グレー

メモ帳 マルマン S163 

| | コメント (10)

2009年3月 3日 (火)

こんなテレビとこんな食事

最初の2枚はそういえば昔はこんなテレビでみてたなぁと 

Photo 懐かしく想うテレビ達です

 携帯で撮ったので写りは悪いですが

 ガチャガチャとチャンネルを回すタイプ

 です、宿はどことはいえません

 外れてしまって、ペンチでまわしたり

 しませんでしたか?我家ではそうでした

次は、押しボタン式のチャンネル操作

Photo_2 方式のテレビです

 このタイプも家にあったような記憶が

 かすかにあります

 こんな懐かしいテレビや、洗濯機に

 出会うことも旅の楽しみのひとつです

 宿のおばちゃんと

これだけで話が弾みます

     01

 ある日の宿の夕食です

 ビールはオプションです

 11品あります、残しては申し訳ないと

 全部食べました

 もちろんビールも飲み干しました

 宿から札所まで150m

次の社寺2.6Kmのお宿です

                            おじいちゃんとおばあちゃんだけの

                            親切なお宿です

Photo_3

 これは、宿泊施設を併設した日帰り温泉施設です(ちょっと変か?)

箸袋の文字もぼけているのでいいでしょう

 真ん中にご飯と味噌汁があるのは絵てきは変ですが、どこのお宿も数多くのオカズが付いていますので結構お腹が一杯になります

 今頃になって昔の写真をパソコンに取り込み整理の続きをしていて、懐かしく思い出されます

あの宿のお婆ちゃんは元気だろうか?

おじいちゃんは盆栽の手入れはちゃんとやっているだろうか?

赤ん坊だったあの子は大きくなっただろうな  等々

思い出しながらの楽しい一刻です    

時間が経っての写真整理もそれはそれでいいものじゃありませんか?

先程他の方のブログの中に詳しい記事が載っているのを読み

懐かしく、そして再度の歩きも良いものかなと思い始めました

| | コメント (10)

2009年3月 2日 (月)

春近し(その2)

09030203 まだ硬い蕾ですが

少しピンクがかっています

もうすぐ薄いピンク色の淡い花を

咲かせます

 09030205

さくらんぼの花が咲きました

桜より繊細で

よくみると可愛い花です

枝一面に咲いても華やかな感じにはなりません

 09030208

七分咲き位には咲きました

この花にも、メジロ・すずめ等々が

やってきて蜜を吸ったり

花を食べたりします。

やがて小さな青い実をつけ、膨らんで、色づいて食べられる頃に

また小鳥がやってきて美味しいところを食べてくれます

| | コメント (4)

春近し(その1)

090302 土手一面に「おおいぬのふぐり」が

青い星を散らしたように咲いていました

冷たい風が吹いていたので

小さな花は風に揺れていて

少しだけぼけていますが、春はもうすぐです

  

090302_2 090302_3                 090302_4

 

 

  

  

  

「おおいぬのふぐり」の花咲く土手に、前回は見つけられなかった

「土筆」を見つけました。

すでに開ききっているもの、これからのもの色々あって、嬉しい発見でした。

お次は小さな庭の片隅の「さくらんぼの花」の様子です

  

| | コメント (6)

2009年3月 1日 (日)

これはこれは

036 これはこれは

弥勒菩薩さん

今日は金色に光り輝いて

           どちらへお出かけですか?

| | コメント (6)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »