« つむじ風 | トップページ | 小路を歩く »

2009年2月17日 (火)

返事の続き:つむじ風印面

Photo ←つむじ風の印面を解りやすいように左右反転しています

  そのまま彫っていることが判るでしょうか

  赤く(朱色)で残っているのは、印面に朱墨を塗っていた名残です   

  

A089 ←美麗という印泥で

  捺した状態です

  彫り残した汚れが残っているのが判ります

   

B090 ←同じものを黒で

 捺したらこのようになります

 くるくる回っているように見えますか?

  

C091 ←少し拡大していますが

  黒で捺したものに

  彩色したものです

  これを先日、ブログにアップしたものになります

  

  

山豚火さん、森のどんぐり屋さん

納得頂けたでしょうか?

|

« つむじ風 | トップページ | 小路を歩く »

遊び印(その他)」カテゴリの記事

コメント

つむじ風彫り よく分かりました。
納得いたしました おそれいりました。

篆刻刀は刃の平らなものですか?
それにしても すごい技です。
もぐら庵さんを 完全に抜きましたね。


投稿: 山豚火 | 2009年2月18日 (水) 12時04分

ほぉ~♪ (*^o^*) なるほどぉ~☆
こうなってるんですね。とっても興味深いお話です。
色は、あとから何かで塗ってるんですか?

なんか職人さんみたいだぁ~! (*^ー^*)

投稿: 月うさぎ | 2009年2月18日 (水) 12時57分

自分でこんな込み入ったものは彫れないので、実感がわきませんけれど、でも何となく解りました!

こう彫れば、ああなるんだということを解って彫っておられるのは、すごいなあと感心しました。

投稿: 森のどんぐり屋 | 2009年2月18日 (水) 16時48分

typhoon山豚火さん


篆刻刀は主に刃巾12mmの両刃を使っています、(正面からは□、横からは△)

もぐら庵さんの雰囲気は出せません
もぐら庵さんはプロですから
比較するのは無茶ですよ


typhoon月うさぎさん


生でみないと判りにくいでしょうね

黒泥で捺したあと
ゆっくり乾かして(1日以上)
透明水彩絵の具で彩色しています
インクが水をはじくため
面白い効果が出てきます


typhoon森のどんぐり屋さん


計算しては彫れません
捺してみるまではどんなものか
判りません
絵は気に入ってても上手く彫れないと
ダメだし
上手く彫れても気に入ったはんこに
なかなかなりません

後は手直しして(整形)
彩色して(化粧)誤魔化すだけです

投稿: 房州や | 2009年2月18日 (水) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つむじ風 | トップページ | 小路を歩く »