トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月25日 (水)

お花見はまだです

029 030  もうすぐひな祭りの頃となりました

 当地でもまだまだ桜には早いのですが

 「さくら」の季節らしい

 山頭火の消しゴムはんこを

 いくつか紹介して本格的な春の訪れを楽しみにしています

 消しゴムはいつもの会社のいつものサイズです

 「いつとはなくさくらが咲いて

  逢うてはわかれる」  山頭火

 

020 035

  「うらうら石仏もねむそうな」

  「さくらが咲いて旅人である」

       ・・・・これは消しゴム2個を

          つかった多色刷りです

  私にとっては

  さくらの花は明るくて華やかで

  散ってしまうと急に寂しくなる

  春になくてはならない花です

  

 

036 038

  「さくらさくらさくさくらちるさくら」

 「たまたま人が春が来て大いに笑ふ」

  両方ともひとつの彫りにいろんな色の

  スタンプインクで多色刷りしたものです

  

  さくら前線の話が出てくると

  うきうきしてきませんか?

  近くの公園にさくらを見にいきたく

  なりませんか

053

085  「てふてふひらひらいらかをこえた」

 「春の山からころころ石ころ」

                 山頭火

 まだまだ出したいのですが

  今日はこの辺で

  全部10数年前に捺した消しゴム印を

  最近取り込んだものですが、そんなに

  色褪せていないでしょう

  (実物よりやや大きく表示されます)

今、彫ったら違ったものになるでしょうね、きっと

昔は昔のよさが、今は今のよさがあると思わなきゃ、古いものは見られません

 

 素材  STAEDTLER  MARS PLASTIC GRAND 52652       フルサイズ

      今は買うことの出来ない生産中止(?)の消しゴムではないでしょうか

      270円/個で買った消しゴムも残り21個になりました

      

| | コメント (12)

2009年2月10日 (火)

月の句:放哉

C109  

 「月夜風ある一人咳して」  尾崎放哉

 

 

  寒々とした冬空を見上げると

  そこには細い月が冷たく光る

  

  

  月は細い方が良い

  満月の美しさより

  消え入りそうな細い月が良い

 

  あなたは放哉派

  それとも山頭火派

size  18×18mm

  

  

| | コメント (8)

2009年2月 3日 (火)

羅漢さん606~609

610122

611125

607113

606110

 

 

 

 

 

 

久しぶりの羅漢さんには色をつけてみました

お正月だったので、お酒を少々飲んでいる姿も見られました

話し声が聞こえてくれば大成功 

     

size  15×15mm

 

お酒を前に修行中?

お酒が気になるのか横を見たり

すっかり酔っ払ってしまってるのもいる

こりゃ今日は修行にならん 

 

    

| | コメント (10)

トップページ | 2009年3月 »